« お知らせ | トップページ | 美の鑑賞 »

2012/12/01

師走

12月に入り一段と寒くなり、今年は例年になく冬の訪れが早いような気がします。
早くももっこり着膨れしています。

更新には沢山のご来店ご注文ありがとうございます。
天使、ジュエリーアイテムにご注文が重なり、先着順でご要望に添えなかったお客様申し訳ありませんでした。
今後ともよろしくお願いします。



さて11月末、息子の高校三年生の時の親の親睦会が今年も開催されました。
毎年、その年の幹事さんが、会食の場所を見つけてくださって、
今年は四谷の「HOTEL DE MIKUNI」でありました。

29日は最高気温も15度とあったかく、気持ちのいいお天気でした。
西武新宿駅からアルタの地下の丸の内線に向かっている時、
若い女性にトントンと肩をたたかれ、驚いて振り向くと・・・
「失礼とは思いましたが、コートの後に、クリニングのタグが付いています」と言って、
安全ピンに付いた番号タグを取ってくれました。
駅から歌舞伎町の交差点まで舗道を歩いていても、誰も気づかなかったのか、
他人のことはとかく干渉しない都会で、嬉しい気持ちになった。

余談:それにしてもクリニングのタグ、家を出るとき、2箇所取ってきたのに。
肝心な外側のタグがそのまま付いていたなんて、救いの手に感謝ですm(_ _)m


四谷の迎賓館の並木道のイチョウの葉も黄金色に色づき、坂道を上がると、
ツタがからんだ洋館建てのミクニのレストランが見える。
玄関先で大きなクリスマスツリーとヒゲをはやした三國シェフが出迎えてくれた。


Hotel_de_mikuni

働き盛りの息子たち、同級生は日本各地、また海外で、それぞれ活躍しています。
出席できるメンバーも限られてきたけれども、10数年続いていて、お互いの近況を語り合っています。


Mikuni_menu_2 

シェフ三國の創意メニュー

東京小平産・赤カブのヴルーテ、うま味風味、
海老と赤カブの葉のピュレ、ミルクの泡と海老のしんじょう添え、
桜海老とそのパウダー和え

こちら、最初に出された前菜ですが、その味は絶品
続く料理もことばを失うほどおいしゅうございました。

締めくくりはコーヒーと三種の小菓子
(バナナのメレンゲ・マンゴーのロールケーキ・キウィとライムのマカロン)

テーブルのセッテングも素敵で、料理にあわせたお皿も器もさすがです。
美味しいものをいただく喜び、それは幸せの賜物(たまもの)です。

来年は幹事です。
人と人の輪をいつまでも大切にしたいです。

« お知らせ | トップページ | 美の鑑賞 »

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ