« 旅の風景 | トップページ | 希望の明日へ »

2012/12/29

無償の愛「レ・ミゼラブル」

かねてから話題になっている映画「レ・ミゼラブル」を見に行った。
舞台のヒット・ミュージカルを【英国王のスペーチ】のトム・フーパー監督が映画化した作品で、
せりふはミュージカル調で、熱唱するヒット・ナンバーはバックに流れる音響効果により、見ている人を感動させる。

私は過去にDVDか映画で、この作品を見たことがありますが、そちらの方が原作により近いものでした。
三時間と長い放映時間でしたが、さほど長いとは思いません。

Dscn0145

Dscn0148

ビクトル・ユゴーの傑作「レ・ミゼラブル」は日本では「ああ無情」で翻訳されています。
パン1個を盗んだために、19年間も徒刑場で鎖につながれ、憎しみだけで生きるようになった主人公ジャン・パルジャン。
ジャン・パルジャンに対して、一度罪を犯した者は永遠に呪われるという「法の正義」を体現するのが、
出獄後も執拗に追い回すジャンベール警部。

二人のかけ引きが「愛が勝つか法の正義が勝つか」この作品の見どころでもあるのでしょうが、
愛を受け取ったことがない惨めな人々を救うために、無償の愛を与える《だれか》
かってはその《だれか》はイエスであったはず。しかしイエスへの信仰が衰えた現代にあっては
《だれか》は《あなた》だと問いかけているのではないでしょうか。

そして、過去のことを話せないでいるジャン・バルジャンが
「人には聞くことも話すことばもない時がある」とつぶやいた言葉が私には印象的でした。
自分がよかれと思っていることも人を傷つけることもあるってこと。
また心の悲しみが大きいほど無口になり、聞く耳も話すことさえできなくなること。
私達のまわりには、そんな人もいるはず。
ユゴーがこの作品で人類に訴えようとしたメッセージとは?
私もその答えを考えています。

« 旅の風景 | トップページ | 希望の明日へ »

my life」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ