« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/31

1月末日

この間、新年を迎えたばかりと思っていたのに、はや1月も終わり2月へ、
個人的には、沖縄行き、セール、荷物の搬入など・・・長い1月でした。
1月4日にスタートした新春セールには、たくさんのオーダーありがとうございます。
皆さんに喜んでいただけたようで、本当に嬉しいです。

それにしても、寒い1月でしたね!
こんなに着こんで厚着した冬も珍しいです。
週末からは気温も上がり、3月、4月並の気候になる予報ですが、寒暖の差も大きいようです。
こんな気温の変化を繰り返しながら、暖かくなり春になるのでしょうね(*^-^)

荷物の開梱もあまり進んでおらず、ダンボールまでは、まだまだですが、
ダンボールを開けても、それを飾るキャビネットに空きがありません(;´д`)トホホ…
イギリスのシッピング会社の梱包はバスケットの空間でさえ、うまく商品を入れて
効率よくまとめているのには、さすがプロです。

15、6年前に日本のフレンチアンティークショップで購入した我が家のアイアンの椅子、
スタイルは同じなんだけれど、背もたれが低い椅子
アンティークフェアで見つけ、10数年ぶりに親子とも思える椅子に出会う。

130130hat_box


また、買付けたハットBOXが座面にぴったしなのも、不思議なご縁!

来週から少しずつ更新していく予定でおります。



2013/01/29

春を待つアンティーク

都心の雪の心配もしていましたが、首都高速も渋滞もなく、スムーズに荷物の搬入を終えました。
またセールで空きができた部屋も、また窓があけられないくらいぎっしりと荷物で詰まり、
20箱を越えるダンボール箱には、たくさんの素敵な小物が満載です。
外から見るとただのダンボール箱も中身は宝箱です。

すでにお問い合わせいただいていますフレンチシェルフなども、すぐに開梱できますので、
2月のできるだけ早い日に更新したいと思っています。

Dscn0701

一番に梱包を開けた中からは「THE VILLAGES」のかっこ良いアイアン
春のガーデンのアーチに掛けたらイギリスのガーデンギャラリーのように!

Dscn0704

ヴィクトリア時代の薔薇の木製BOXも出てきました。

Dscn0707


自信も持って買付けてきたアンティークの数々、

寒いといいながらも、大寒を過ぎ太陽の光が幾分暖かく感じられ、日没の時も随分遅くなりました。

春待ちアンティーク、楽しみにお待ちくださいネ。

2013/01/27

Coming soon

荷物の通関審査も無事終わり、明日28日に我が家に搬入します。
28日(月曜日)は早朝から夕方近くまで荷物の搬送と搬入の作業になりますので、
メールのお返事は夜遅くになります。宜しくお願いします。

すでに小さいものは昨年に航空便として届いて、ご紹介もしていますが、
船便は比較的大きなものが多く、また再会できる喜びに気分も高まっています。

今回は小家具やoldパインのシェルフやロイド社の家具もあります。
春~初夏のイメージを先取りして買い付けてきていますので、興味が注がれるお品も多いと思います。
また、当店人気の絵画も沢山買付けてきました。
まだまだ寒い日が続く季節ですが、2月の節分バレンタインデー、そして桃の節句
楽しいイベントも続きます。

LOYD room

P1000241 

New_arrival_picture_3

できるだけ早く開梱して、2月上旬からご紹介していきますので、
どうぞよろしくお願いします。

2013/01/24

新商品とご挨拶

今年最初の新商品本日アップしました。
今週は船便の荷物がすでに東京港に到着している連絡を受け、
明日にも荷物搬入の予定でいましたが、保税倉庫へのコンテナの荷物搬入が混雑して
大幅に遅れているとのことで、来週はじめの搬入となりました。

すでに1月の更新の準備はほぼ出来上がっていましたが、
搬入と重なると皆さまにご迷惑をおかけすることになりますので、様子を見ていましたが、
搬入は来週に持ち越すことになり、更新の方を優先することにしました。

今年も実用できるアンティークを中心に、お客様のニーズにお応えできるようなお品を
ご紹介したいと思っています。
今回は久しぶりに優しい色合いのスージー・クーパーの器を中心にガラス、リネンなど
春の訪れを少しでも感じていただけるようなお品をご紹介しました。

一度アンティークに触れると、現行品にないあたたかみや質感が、心の中に伝わってきます。
この文明社会において、わたしは今だ食器乾燥機を使ったことがありません。
触れて感じる、その器の厚みや手触りを大切にしたいからです。
日本が海外で評価されている【もの作り】は手作業に頼るところも大きいのです。

歳を重ねるごとに、新しいことに挑戦するのはおっくうになって来ますが、
コツコツと買付けに行き、お客様に喜んでいただけるお品を少しでも安価でご紹介できるように、地道に努力するだけです。


Antique_ring2013jan_3


好きで始めたアンティークショップ“8trees”も6月で丸々10年になります。

今年も元気でがんばりますので、お付き合いよろしくお願いします。


2013/01/23

沖縄の自然と観光

楽しかった沖縄の話も尽きませんが、沖縄ゆとりの旅もひとまず終わりにいたします。
この時期、結婚式にあやかり、寒い本土を後にして、南国沖縄を楽しめたことは、
本当に幸せなことでした。
ブログと平行してNHKの「ひるブラ」で沖縄のことを三日間放映されたことも、
さらに沖縄の旅を魅了的なものにしてくれました。

日本の最南端の島、沖縄は近くて遠い場所ですが、本土とは一味も二味も違った魅了ある島でもあります。
本土では見られない、景勝地や自然環境が豊富に残されています。
温暖な気候とゆったりと流れる時間が長寿を生む要因とも思われます。

天皇陛下が今年の「歌会始の儀の歌」で詠まれた歌は

   万座毛に昔をしのび巡り行けば
   彼方恩納岳さやに立ちたり

万座毛>ゾウの鼻と呼ばれている万座毛、沖縄を訪れる人は一度は訪れる景勝地です。


1301_2

本部半島の<今帰仁城跡(なきじんじょうせき)>世界遺産です。
早くもカンヒサクラが咲いていました。
山の斜面に延々とつづく城壁からは晴れた日には、与論島まで見渡せます。

P1050717

沖縄の自然の美

130123okinawa

沖縄美ら海水族館

沖縄の美しい海の魅力を体感できる水族館
世界最大の魚類のジンベエザメやマンタなど、
悠然と泳ぐ様子を間近で眺めることができて、大人も子供も楽しめます。

130123

機会があれば、また行ってみたい沖縄ですが、今度は島にも渡りたいですね。
沖縄の旅、一緒に楽しんでいただけましたでしょうか。

おつき合いしていただいてありがとう!

2013/01/22

沖縄と基地

沖縄には米軍基地が沢山あり、何かと物議が問題になっています。
東京に戻る前に、基地を一目見て帰りたい気持ちになり、アジアで最大の基地、
嘉手納飛行場の傍まで行くことにしました。
広大な嘉手納基地の中を覗くことができる、「安保の見える丘」の場所を聞くために
立ち寄った沖縄嘉手納線の道路沿いの仲本中古車販売店、
若社長の仲本さん(39歳)が、自宅の4階が基地内を一望できるので、よかったら。。と
案内され屋上に上がった。

仲本さんの自宅は滑走路の道路向かい、わずかの距離で、昼夜問わず騒音や悪臭に悩み、
生まれてからこれまで、嘉手納基地と運命を共にして来た人です。
轟音で片方の耳は聞こえにくくなったと話されていました。
この屋上に立って基地内を一望している間も数機の飛行機のエンジンのふかす音、
まるで、空中を遊んでいるかのような鳥のような戦闘機

Dscn0519Dscn0518P1050757_2

仲本さんのお話を聞いている間も、次から次ぎへと爆音が響き、
沖縄の基地問題の根深さを感じます。

仲本さんは有名人で1月12日付けの琉球新報でも大きく写真付きで掲載されている方です。
オスプレイ嘉手納配備計画に危機感と焦燥感をにじませておられ、反対運動もされています。

Dscn0515_2


沖縄に行って感じたこと、どんな辺ぴな場所でも大きな立派な道路が走っているのに、
なんら基地問題は進展していないこの現実。。。

帰宅して、同じ階に住む沖縄出身の奥さんが、
“わたしより一回り年配の方は、本土に行くのにパスポートが必要だったのよ!”
と話されたのが印象的でした。

2013/01/21

沖縄の食

新春セールも10日余りで終了します。
終盤になり、ロイドチェア、シードパールのカメオ、・・・など
ご注文いただいています。
このところの円安で、これからは買付けも深刻になりそうです。
日本の景気回復には円安は歓迎ムードですが、顔がゆるむのは輸出業の大企業であって、
輸入にたよっている日本では、われわれ庶民にはあまり恩恵はないと思うのですが、
経済問題は複雑なので、マイペースで頑張るしかないですね。
゜゜(´□`。)°゜。
これ以上円安が進めば、セールにしてもこんな価格でご提供できるのは最後になると思います。
気に入ったお品がありましたら、この機会にお求めになってくださいませ。

沖縄見聞もあと数回で終わります。
どこに旅しても、食べ物に一番執着するのは、私だけではないようです。
沖縄といえば「沖縄そばとゴーヤチャンプル」
町のあちこちに看板や旗が立っています。

初日は那覇の国際通りの「ホテルJAL」で宿泊したので、市場中央通りにある
「公設市場」に行って見た。
市場では沖縄ならではの食材がたくさん売っていて、市場の二階には数多くの食堂があり、
沖縄料理を食べさせてくれる。
一階で購入した魚を二階の食堂で調理してもらうこともできます。

私はここで、沖縄定食をいただきました。
(沖縄そば・ゴーヤーチャンプル・もずく・ミミガー・ジーマミー豆腐・お刺身3品)1,500円

Dscn0365_2



ミミガー
は豚の耳で、料理すればホタテのような味がして、意外と食べられますが、
豚の耳をみれば、どうかなっ~て気がします。
沖縄は豚肉を使った料理が多いのは、その昔、中国との公易があり、
そのおもてなし料理として、豚肉は最大のご馳走だったようです。
“沖縄そば”は私好みではありませんでした。
はっきりしていない中途半端な味がどうもイマイチ(・A・)イクナイ



130121

2013/01/20

戦場地に立って

寒い日が連日続いていますが、皆さんはお変わりありませんか?
20日に船便の荷物が東京港に到着しています。

搬入はお天気の様子を見て、今週中に我が家に搬入します。
また、素敵な新商品をいつものようにご紹介していきますので、楽しみにしていてくださいネ!

さて、沖縄に来て、そむけてはいけないのは沖縄戦の悲劇です。
那覇は2003年8月に開通した「ゆいレール」以外の公共交通機関はバスだけとなります。
北部から南部まで道路は広く整備されていますから、レンターカーを借りて移動する事をお奨めします。
また、沖縄本島定期観光バスもそれぞれの観光地をうまく回れるようにコースしてあるので、
効率よく廻りたい時には便利です。

沖縄の激戦地と沖縄の人の痛みを知るために、
①旧海軍司令壕 ②ひめゆりの塔 ③沖縄平和祈念堂 ④喜屋武岬(きゃんみさき)

に訪れてみました。
すべて南部にあります。

旧海軍司令壕

沖縄の悲惨さを伝えてくれます
「沖縄県民斬ク戦ヘリ」の電報の展示もあります。

P1050671

ひめゆりの塔

母校にゆかりがある「相思樹」が思い出の樹として敷地内に植えられていました。

Dscn0374

沖縄平和祈念堂

23万人もの戦死者の石碑と前方かなたに見える丘は、沖縄戦最後の激戦地で、
陸軍の本部があった場所らしいです。
手前の沖縄の赤瓦の建物は沖縄県平和祈念資料館です。

P1050680_2

喜屋武岬

喜屋武岬は、車一台がようやく通りぬけられるようなサトウキビ畑の中を通り過ぎた本島最南端にある岬です。
バスも通れない不便な場所なのでツアーコースには含まれませんが、
険しい断崖絶壁とコバルトブルーの海が広がる景勝地です。
沖縄戦では逃げ場を失った人々がこの絶壁から身を投げたという悲劇の岬でもあります。
只今この岬に通じる広い道路を建設中です。


Dscn0399

戦後生まれの私は戦争も知りませんが、沖縄の人の苦しみを少しでも理解したい為
足を運びました。
資料館の写真や展示は目をそむけたいものもありました。
しかし、それは実際あった出来事ですし、戦争を知らない人が多くなっている現在、未来へと、
語り伝えていかなければいけないことです。

P1050687_2


沖縄の青い海は今日も静かな穏やかな海でした。

2013/01/19

琉球ガラス

沖縄の美しい琉球ガラス、沖縄でガラス製品が初めて作られたのは、
明治の末頃と言われており、伝統工芸品のなかでもその歴史は新しいものですが、
仕事柄、ガラスにはとても関心があります。
琉球ガラス村にも行き、職人さんたちの見事な吹きガラスの技を見学しました。


130119_2


イタリアのムラノガラスに似た花はベトナムの工房で作られています。
ガラス村ではアウトレットの安いグラスも販売されています。
グラスに貼られたシールの色で、作られた場所がわかります。
①ゴールドシールは沖縄 
②シルバーシールはベトナム
③ブルーのシールはB級品で気泡が入ったものや色がやや薄いものが多いですが、
 使用には問題ありませんので、自宅用でしたら十分です。


130119

ホテルでいただいた琉球ガラスの宴、
琉球ガラスのプレート、すばらしい独特の味わいでお料理が一段と映えます。

色ガラスは沖縄の空や海、夕陽、
そしてハイビスカスやブーゲンビレアなど、沖縄の自然の色から生まれ、
原色に近い色調のものが多いです。

Dscn0627_2 

私はお土産にデイゴの花のフルーツ皿を選びました。
もう、すでに実用していますが・・・
使うたびに、沖縄を思い出すでしょう!

沖縄には琉球ガラス村をはじめ、最近では若手作家さんの工房も増えていますが、
同じものはそうそうどこのショップにもあるわけではありません。
気に入ったガラスがあればチョイスする方が賢明です。

2013/01/17

首里城

沖縄といえば「首里城」、もうすでに行かれた方も多いとは思います。
私の友人に度々沖縄の息子さんの所に行かれる人がいて、
沖縄の首里城に行ったら、「トイレの蛇口」を見るように・・・と言われていた。。。?

確かに変わっています。
蛇口は沖縄の守り神シーサー ( ゜Д゜)ハッ!
ここまでシーサー!!!

Dscn0346_2

2千円札のデザインに使われている「守礼門」は現在修復中です。
首里城は第2次大戦中の沖縄戦を含め4回も全焼していますが、
1972年に日本に復帰して沖縄県となり、本格的な復元工事がスタートし、
かって存在した琉球王朝の文化が肌で感じられます。

130117_3   

世界遺産の石門もあります。
琉球国王がかぶっていた冠も正殿の中に展示されています。
また、一日に数回伝統の沖縄舞踊が無料で観られます。
インフォメーションで時間をチェックしておくといいですね!

疲れた時は御庭が見える茶室で一服
宮廷菓子三種+ジャスミン茶で300円、掘りごたつ式なので足が楽です。


2013/01/16

沖縄だより

23度の沖縄から3℃の東京へ戻りました。
14日の爆弾積雪で沖縄発東京便はすべて欠航となり、羽田空港は閉鎖されました。
当初から、15日の夜の便で東京に戻るようになっていましたので、余り影響はありませんでしたが、
それでも一時間遅れで、那覇空港を飛び立ち、都心の残雪の風景と、
20度の温度差には、同じ国とは思えないほどでした。

沖縄は3日目は荒れた天気になり強風も吹きましたが、
その他の日は比較的穏やかな晴天で、半袖でもすごせる日和でした。
沖縄の青い海と空

  Dscn0458_2


身内の結婚式も「ザ・ブセナテラス沖縄リゾートホテル」で無事挙式ができ、
孫娘たちも参列して、披露宴には新婦の妹さんの伴奏に合わせ「BELIEVE」を歌ってくれ、
すばらしい式となりました。

Dscn0438_2

 

沖縄の5日間、①沖縄戦 ②観光と物産 ③米軍基地をテーマに、
私達が忘れてはいけない沖縄の激戦地、そして、今尚続いている基地問題
沖縄の人の戦争はまだ終わっていないこと。

Dscn0332_2


カンヒザクラ、ハイビスカス、ディゴ、サンダンカ・・・の花も咲いていました。
美味しい食べ物も沢山いただきました。
私が感じた沖縄のこと。
少しでも、この機会にお伝えできればと思っています。


2013/01/10

少しお暇を・・・

明日11日~15日までお休みさせていただきます。
これまでにご入金いただきましたお客様のお品はすべて発送いたしました。


さて、毎日寒い日が続いていますが、もうすぐセンター試験
受験生の皆さんも体調管理に気をつけて勉強して来た力を十分に発揮してください。

今月20日にはロンドンからの船便の荷物が東京港に到着します。
また何百のアイテムが我が家に搬入されます。
「新春セール」ではたくさんのご注文をいただき、在庫整理とスペース確保ができて、
ありがとうございます。
新商品の画像はイギリスで、すべて撮影しております。
下記の画像はほんの一部にすぎませんが、色々素敵なお品が満載です。
どれも、アンティークフェアで両手に抱えて歩いていたら、外国人のバイヤーさんやお客さんに、
「どこのショップで買ったの?」と声をかけられたお品です。

絵本作家の「ターシャ・テューダー」さんは生前
  “近道を探そうとしないこと
価値ある良いことは、時間も手間もかかるもの”
・・・と言っています。

130110new_items_4_2


一つのアンティークを買付けるには、それだけの時間も手間もかかっています。
気に入ってお求めになったお品はお値段にかかわらず、価値あるお品であること。

お休み中もご注文はお受けいたします。
少しの間、ご不便をおかけしますが、宜しくお願いします。

2013/01/08

UKの国章「ユニコーン」

私のお客様で、名古屋で紅茶教室や紅茶関連のイベントを企画されている男性がいます。
自称=森の紅茶人こと森川氏
東京ドームでのテーブルフェアでお会いしましたが、とっても楽しい人です。

彼は昨年の夏ごろからブログ「紅茶雑館」をはじめられました。
お知らせを受けてから、「お気に入り」に追加して、楽しみに読んでいます。
1月6日UK国章‘ユニコーン’の記事を読んで、UKの国旗(ユニオンジャッグ)の意味や、
UKの国章ユニコーンの歴史的な意味合いを知って、すごく勉強になりました。

何度も渡英している国ですが、ボーとして歩いているのか、アンティークのことばかり考えているのか、
我ながら恥ずかしい思いです
。(;´д`)トホホ…
10月の買い付けで後半、少し時間がとれたので訪れたロンドン塔


P1050098_2



そう言えばスコットランドのメアリー女王もこのロンドン塔で幽閉されていたとのこと。
日本語の音声ガイダンスで知りました。
昨日ブログを読んだ後、ロンドン塔で撮った写真を見たら、
こんな写真がありました。

P1050104_2

。。。

左が“イングランドEngland”象徴のライオン。
そして右が“スコットランドScotland”象徴のユニコーン。
確かにユニコーンは鎖につながれています。

彼は長年の紅茶会社での経験もあり、また英国へも度々訪問しておられます。
そして、何より勉強家です。
8の日には【8trees】でお求めになった紅茶関係のアンティークをご紹介していただいています。
また紅茶教室、カルチャーセミナーの講師として当店のお品を使ってくださっています。
森の紅茶人の手になると、どんな素敵なしつらいになるのかと、
いつもドキドキ楽しみにしています。

皆さんも「紅茶雑館」覗いてみて下さい。
紅茶のことは勿論、雑学以上の事が学べると思います。

森川氏曰く・・・ぼくは発展途上人ですって!
それは私とて同じです o(_ _)oペコッ


2013/01/06

沖縄へ

順調にすべり出した「新春セール」たくさんの方にお買い物をしていただいています。
セール期間は1月31日までです。
期限が済みますと、元の価格に戻りますので、気になるお品がありましたら、この機会に
お求めになられることをお奨めします。

さて、TOPページのカレンダーでお知らせしていますが、11日~15日までショップはお休みとなります。
身内の結婚式が沖縄であり、11日より沖縄入りします。
それぞれ、親族は離れて暮らしていますから、打ち合わせも大変です。

挙式には私は白いベークライトのヴィンテージバッグを、
知人のショップで数年前に購入したものですが、甥の結婚式などで3回も使いました。
長男のお嫁さんには先日デパートの「クリアランスセール」でお安くなったいた
黒の可愛いパーティーバックを見つけたのでプレゼントします。
メチャ可愛くて、メチャお買い得でした o(*^▽^*)o
どんなセールも欲しかったお品が思いもよらず安く手に入った時はワクワクしますネ。
・・・でも・・・
寒い本土とは違い、最高気温が20度の沖縄、ちょっと戸惑っています。

Dscn0207 

1/11~15日まではショップはお休みとなりますが、その間のご注文も大丈夫です。
私事でご不便をおかけしますが、引き続きよろしくお願いします。

2013/01/03

新春セール2013

日本列島は例年になく寒いお正月となり、三が日も終わろうとしています。
明日から仕事始めの方も多いことと思います。
今年も、新たな目標をもってお仕事がんばってください。

「8trees」も明日4日より仕事始めになります。
毎年恒例の新春セールを1/4~1/31まで開催いたします。
当店はどのお品もリーズナブルな価格で提供しておりますので、普段はセールを一切しておりませんが、
半年に一度だけ日頃の感謝をこめて、破格のセールを開催しております。
毎年好評で、殆どのお品がセール期間中に完売となります。

昨年の暮れから、円安傾向になり、今年は海外での買付け価格もさらに上昇すると
予想されますので、この機会に良いお品をお得な価格でお求めになってくださいませ。

尚1月は身内の結婚式があり11日より5日間、お休みを頂いています。
また、20日前後に船便の買付け品の荷物が東京港に到着します。
そんなこんなで、多忙な1月となります。
セールで始まりセールで終わることになると思いますが、どうぞ宜しくお願いします。


130103_2



2013/01/02

初詣

毎年恒例の新春セールを4日~開催します。
詳細は後日TOPページ及びメルマガ通信でお知らせします。
今年最初のお得な初売り、楽しみにお待ちくださいませ。

正月元旦、おとそとお節をいただき、2013年の朝を迎えました。
いいお天気に誘われて、午後【拝島大師】へ初詣に参拝。
ここ拝島大師は2日の「だるま市」が有名ですが、元日も境内で縁起物のだるまを売っているお店が出ていました。
私も商売繁盛と家内安全を祈願して小さなだるま1個を買いました。

Dscn0166_3_2

帰宅するなり左目に丸い目の玉を書き入れ、
来年、右目に目を入れて、祈願達成のお礼ができますように。。。

Dscn0172

年賀状を読みながら、知人や親しい友人の近況を知り安堵し、
お客様の個性豊かな賀状も毎年楽しみです。

今年も皆さんにとって健康で幸せな一年であります様に祈っています。

2013/01/01

希望の明日へ

新年あけましておめでとうございます。

昨年もいろいろとありました。
ロンドンオリンピックでは日本勢の活躍に目を輝かせ、勇気をもらい、
山中伸弥教授のIPS細胞の開発で、ノーベル生理学・医学賞の受賞など、嬉しい話題もありました。
その反面低迷している経済、震災の復興、領土問題など、課題も山積しています。
しかし、いつの時代も歴史というものは、そのような運命をたどり、新しい未来を作りあげて来たのですから、
どんな時も希望をもって歩んで行きたいと思っています。

ショップも昨年はたくさんの新しいお客様をお迎えして、
益々いいお品をご紹介しなくてはと、新たな気持ちでいます。
健康で楽しく仕事をできる間は、少しでも皆さまのご要望にお応えできるように頑張りたいと願っています。
2013年もどうぞよろしくお願いします。

2013

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ