« 沖縄だより | トップページ | 琉球ガラス »

2013/01/17

首里城

沖縄といえば「首里城」、もうすでに行かれた方も多いとは思います。
私の友人に度々沖縄の息子さんの所に行かれる人がいて、
沖縄の首里城に行ったら、「トイレの蛇口」を見るように・・・と言われていた。。。?

確かに変わっています。
蛇口は沖縄の守り神シーサー ( ゜Д゜)ハッ!
ここまでシーサー!!!

Dscn0346_2

2千円札のデザインに使われている「守礼門」は現在修復中です。
首里城は第2次大戦中の沖縄戦を含め4回も全焼していますが、
1972年に日本に復帰して沖縄県となり、本格的な復元工事がスタートし、
かって存在した琉球王朝の文化が肌で感じられます。

130117_3   

世界遺産の石門もあります。
琉球国王がかぶっていた冠も正殿の中に展示されています。
また、一日に数回伝統の沖縄舞踊が無料で観られます。
インフォメーションで時間をチェックしておくといいですね!

疲れた時は御庭が見える茶室で一服
宮廷菓子三種+ジャスミン茶で300円、掘りごたつ式なので足が楽です。


« 沖縄だより | トップページ | 琉球ガラス »

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ