« 首里城 | トップページ | 戦場地に立って »

2013/01/19

琉球ガラス

沖縄の美しい琉球ガラス、沖縄でガラス製品が初めて作られたのは、
明治の末頃と言われており、伝統工芸品のなかでもその歴史は新しいものですが、
仕事柄、ガラスにはとても関心があります。
琉球ガラス村にも行き、職人さんたちの見事な吹きガラスの技を見学しました。


130119_2


イタリアのムラノガラスに似た花はベトナムの工房で作られています。
ガラス村ではアウトレットの安いグラスも販売されています。
グラスに貼られたシールの色で、作られた場所がわかります。
①ゴールドシールは沖縄 
②シルバーシールはベトナム
③ブルーのシールはB級品で気泡が入ったものや色がやや薄いものが多いですが、
 使用には問題ありませんので、自宅用でしたら十分です。


130119

ホテルでいただいた琉球ガラスの宴、
琉球ガラスのプレート、すばらしい独特の味わいでお料理が一段と映えます。

色ガラスは沖縄の空や海、夕陽、
そしてハイビスカスやブーゲンビレアなど、沖縄の自然の色から生まれ、
原色に近い色調のものが多いです。

Dscn0627_2 

私はお土産にデイゴの花のフルーツ皿を選びました。
もう、すでに実用していますが・・・
使うたびに、沖縄を思い出すでしょう!

沖縄には琉球ガラス村をはじめ、最近では若手作家さんの工房も増えていますが、
同じものはそうそうどこのショップにもあるわけではありません。
気に入ったガラスがあればチョイスする方が賢明です。

« 首里城 | トップページ | 戦場地に立って »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ