« 戦場地に立って | トップページ | 沖縄と基地 »

2013/01/21

沖縄の食

新春セールも10日余りで終了します。
終盤になり、ロイドチェア、シードパールのカメオ、・・・など
ご注文いただいています。
このところの円安で、これからは買付けも深刻になりそうです。
日本の景気回復には円安は歓迎ムードですが、顔がゆるむのは輸出業の大企業であって、
輸入にたよっている日本では、われわれ庶民にはあまり恩恵はないと思うのですが、
経済問題は複雑なので、マイペースで頑張るしかないですね。
゜゜(´□`。)°゜。
これ以上円安が進めば、セールにしてもこんな価格でご提供できるのは最後になると思います。
気に入ったお品がありましたら、この機会にお求めになってくださいませ。

沖縄見聞もあと数回で終わります。
どこに旅しても、食べ物に一番執着するのは、私だけではないようです。
沖縄といえば「沖縄そばとゴーヤチャンプル」
町のあちこちに看板や旗が立っています。

初日は那覇の国際通りの「ホテルJAL」で宿泊したので、市場中央通りにある
「公設市場」に行って見た。
市場では沖縄ならではの食材がたくさん売っていて、市場の二階には数多くの食堂があり、
沖縄料理を食べさせてくれる。
一階で購入した魚を二階の食堂で調理してもらうこともできます。

私はここで、沖縄定食をいただきました。
(沖縄そば・ゴーヤーチャンプル・もずく・ミミガー・ジーマミー豆腐・お刺身3品)1,500円

Dscn0365_2



ミミガー
は豚の耳で、料理すればホタテのような味がして、意外と食べられますが、
豚の耳をみれば、どうかなっ~て気がします。
沖縄は豚肉を使った料理が多いのは、その昔、中国との公易があり、
そのおもてなし料理として、豚肉は最大のご馳走だったようです。
“沖縄そば”は私好みではありませんでした。
はっきりしていない中途半端な味がどうもイマイチ(・A・)イクナイ



130121

« 戦場地に立って | トップページ | 沖縄と基地 »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ