« Valentineday 2013' | トップページ | スポード・モーニングプレート »

2013/02/17

白いスタイル

海外情報が豊富なインテリア雑誌を読んでいると、色々と最近の傾向が見えてきます。
一時期いかにもアンティークと言えるようなジャビーぽいジャンク物が流行しましたが、
最近のイギリスやフランスのインテリア雑誌や日本の雑誌をみていると、
明るめのものが主流になって来ています。

先日みた本には、イギリスの著名なデザイナーさん等のお宅でも、現在物とアンティーク、
あるいわヴィンテージといった比較的新しいコラボが新鮮に見えてきます。
それはどうしてでしょう?

「センス」がいいだけではありません。
そもそも「センス」とは状況判断で、磨くことができる能力であって、
私には「センス」がないなんて思うことはないのです。
住んで暮らして、ココチいいのが一番いいのであって、私はそんなティストが好きです。

白には白、またこれも「無」の調和
買付けて来た白いジャグ、フランスのリモージュやリュネビルのコンポティエに、
ヴィンティージのフォトスタンドを飾ってみました。

色々探してモノクロの写真を入れてみました。
ツーショットのワンちゃん、ネコちゃんの写真も癒されますね。
(飼い主の目もペットに似てくるのかしらモヒャ(゜Д゜!!!!!!)

Dscn1279


近日中に更新の予定です。

また色々と新鮮なアイテムをご紹介しますネ~*

« Valentineday 2013' | トップページ | スポード・モーニングプレート »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ