« 日本の美(テーブルウェアより) | トップページ | F&Mのハンバー »

2013/02/08

器の美

強風に厳しい寒さにシンから冷えた一日でしたね。
今日も新入荷の箱を開梱しました。
開梱した箱からは可愛いアンティークがプチプチ紙に包まれたくさん詰まっていました。
また、お披露目しますので楽しみにしていてください。


テーブルフェア・フェスティバルの続きですが、
MyStyle セレクションでは、毎年素晴らしい器が創り手によって生み出されています。
私がとても気に入った器、有田焼きの桜色の鉢。


Dscn0952_2


料理家「有元葉子」さんの本で、イタリア、トスカーナの陶芸家“ぺロション”さんの
少し厚みがあって使いやすいマットなピンクの器を見てから、
どうして、日本には和洋食に合うピンクの器が少ないのかと、思っていました。

一個一個、絵付けされた器は、ピンク色も微妙に違います。
有田焼の新作で、これから市場に販売されるとのことです。

寒い日が続いていますが、ここはもう春です。

« 日本の美(テーブルウェアより) | トップページ | F&Mのハンバー »

my life」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ