« まどろみ | トップページ | ベイスンset »

2013/03/16

コートールド・ギャラリー

桜の開花もチラホラ聞こえてきます。
寒かったのに、例年より開花が早まっています。
3月に入って気温が高い日が続いたためらしいのですが、
この分だと東京は来週末にも、満開になるかもしれませんね(*^_^*)

話は変りますが、私も渡英歴が38回となり、ロンドンの観光地にもほぼ行きました。
ロンドン市内は東京の都心と比べると、さほど複雑ではありません。
特に乗り物は地下鉄、国鉄、バスにしても慣れれば簡単です。

美術館が好きな私は、前回も、あまり大きくはありませんが、
フランスの印象派の名画が多数所蔵されている、コートールド・ギャラリーに入って見ました。

皆さんも一度は実物や本などでご覧になったことがあるでしょう!
マネ、ルノワール・モネ、セザンヌ、ゴーギャン・ゴッホ・・・

P1050355

P1050353

P1050357

大きく見える絵画も全体の空間から見ると以外に小さい絵もあります。
そう言えば『モナリザ』もそうでしたね。

P1050361_2

ちょっと小腹がすいたら、ギャラリー内にはカフェもあります。


P1050378_2

お天気のいい日は屋外のテラスで、いただきましょう。

P1050376_2

名前は忘れたけれど、これは美味しかった。 very good!

P1050345

レンタルの自転車もロンドン市内には所々にあります。
私はまだ借りたことはありませんが、ロンドン子たちは風をきって、
気持ちよさそうに走っています。

人並みに体験したイギリスの旅のカケラ、これからも時々お伝えしていきます。


« まどろみ | トップページ | ベイスンset »

trip」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ