« 夜桜 | トップページ | 花冷え »

2013/03/25

シルバー製のシャトレーヌ

 

今日の東京は冷たい雨で、花冷えですね!
花びらが散り始めている木もあり、ちょっぴり寂しい週明けです。
この時期は初夏の陽気になったり、寒の戻りがあったりと気温差も大きいです。
皆さんも体調管理に気をつけてくださいネ。

近日中に新商品アップの予定です。
次回も珍しいお品があります。フランス製のシルバー製のシャトレーヌのペンシル入れ。
フランス宮廷の貴族人の間で流行したベルトから鎖で吊るすシャトレーヌは、
イギリスに広まり、ニードルケースやハサミ、ペンなど様々なアイテムがあり、
いずれも金銀細工師による華麗な装飾が施されました。



Dscn2306_2

エリザベス1世はクッション作りに熱中して、貴婦人たちはクッション製作に腕を競いあったとも言われています。
シャトレーヌの装飾も華やかに競われ、金銀製品同様に発達し、19世紀末にも流行しました。



Dscn2316_3


このような希少なシャトレーヌのペンシルケースは、めったに探せません。
昔の人の贅沢さと、今では考えられない余裕のある暮らしぶりを垣間見てください。

« 夜桜 | トップページ | 花冷え »

antique shop 8trees

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ