« 憧れをかたちに! | トップページ | 新しい門出 »

2013/03/31

寿司どんぶり

寒いよ! 全く花見どころではありません。
週末、日曜日のお花見を楽しみにしていた人はガッカリです。
もう散りはじめている桜もあります。
週明けはお天気とのこと、最後の桜を楽しむことにいたしましょう!


イギリスの食べ物もだいぶん慣れてきましたが、それでも日本食が食べたい願望に
一度は日本食のお店に行きます。
しかし、まずいメニューもあります。
「うどん」は麺のこしとダシのうま味によって決まるものだと思っていますが、
日本食といっても日本人が調理しているわけではありません。
昨年行ったお店はインド人でした。彼らは日本の「うどん」を食べた事がないのか?
日本人が「美味しい」と感じる味をしらないのです。
あの味のない麺を日本の「うどん」と思っているだと思います。

ロンドンに住んでいる知人に、そのへんの事を尋ねたら、
彼女らは日本人が作っているお店しか行かないと言ってました。

そんな中、「F&M」の帰路、ロンドン三越の傍の「TOKU」に寄ったら、
こんな新作メニューがありました。
「寿司どんぶり」
お寿司の具がどんぶりになっているのです。


P1050504


食べる前から、どんな味、まずいのじゃないの?と半信半疑
意外とおいしかった( ^ω^)おっおっおっ グー
今度ロンドンに行ったら、もう一度食べたい気分です。

« 憧れをかたちに! | トップページ | 新しい門出 »

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ