« 買い付けシーズン | トップページ | アンティーク市で »

2013/04/09

白い器

白は私の大好きな色ですが、やはり白ずくめでは、寂しい感じもします。

白は白、同じ色を重ねても白のままなのは、この色だけ。

アンティークの模様や、絵柄は、白がベースにあるから映えるのであって、

だからどちらも相関関係にあって、仲良しなのです。

フランスのブロカントの白いお皿やコンポティエ、スーピェールはとても人気です。

古いお品ですから、使い込まれたシミや貫入があるのが普通ですが、

それはそれとして、観葉植物のポットとして使われたり、用途もあります。

でも、はやり日本人はきれい好き、美しい白の器で食卓を飾りたいものです。

フランスの美しい白いコンポティエ、探してきました。



Dscn2771_2

Dscn2782

こちらも人気のあるガラスドーム、コサージュやドライフラワーなど、

お気に入りのドールを飾っても素敵です。

Dscn2926_2



素敵と思う部屋には「ブロカント」があるって! 本当ですね

近日中にアップの予定です。


« 買い付けシーズン | トップページ | アンティーク市で »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ