« 白い器 | トップページ | ポターの世界と湖水地方 »

2013/04/11

アンティーク市で

4月も中旬になり、若葉の萌え立つ季節となりました。
まばゆい程の木々の若葉、厳しい寒さにも耐え、また今年も芽吹き、
大木に育つ。

本日、新商品アップしました。
今回も色々とイギリス中を廻って探して来たお品です。
気に入ったお品があれば嬉しいです。

私達が西洋アンティークに目覚めたのは、まだ歴史的には最近のことです。
イギリスでは、まるで日常的なことのように、どこかの町でアンティーク市が開催されています。
世界中からバイヤーがイギリスのアンティーク市場をめだして買い付けに来ているのに、
行くたびに、何かしら欲しくなるアイテムに出会えるのも、この仕事の面白さです。



P1050241_2 


イギリス人は一個のアンティークを手に取ったら、アンティーク三昧に花が咲き、
話は永遠に続き、店主ものんびりとお客の話に付き合っている。

見せてもらいたい物があっても、なかなか店主に話しかける機会さえ失うこともたまにあり、
買い手も売り手もおしゃべり好きが多いのは確か┌ ダミダコリャ…

最初はそんな光景にイライラした時もあったが、それも慣れ、
相手の言っていることが意味不明でも、
それなりに、身振りそぶりで笑いとばしている。

皆さんもアンティークフェアのように楽しみながらご覧になってくださいね!



« 白い器 | トップページ | ポターの世界と湖水地方 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ