« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013/05/29

買い付けに行って来ます

どんよりとした空、関東も梅雨入りしました。
これから、シメジメした日が暫く続きますが、梅雨も必要です。
私はこの梅雨をさけて渡英しますが、あちらも、突然シャワーがありますから、
日本の梅雨みたいなものです。

TOPページでお知らせしていますように、
5月30日~6月15日までお休みさせていただきます。
この間のメールのお返事は帰国後になります。
ご不便おかけしますが、宜しくお願いします。


P1010343


2013/05/28

アンティークとのご縁で

ジメジメと感じはじめた頃、やはり九州、四国、中国地方が梅雨入りしましたね。
少し早いと思うのですが、関西以北も時間の問題ですね!

そんな中、渡英支度もはじめています。
異常気象で寒かったイギリスもようやく来週から暖かくなるようです。
お蔭様で在庫のお品も随分と少なくなって来ました。
これも日頃のご愛顧のたまものと感謝しています。

名古屋の紅茶教室やセミナーの開催、紅茶の普及や販売をしてしておられるM氏
昨日、一宮市の「野の花」で薔薇づくしの「紅茶教室」を開催されました。
その様子が彼のブログ「紅茶雑館」に掲載されています。

当店からお嫁に行ったハンドペイント薔薇柄のプレート、薔薇刺繍のピンクッション、
そしてピクニックティのお供に薔薇のモチーフのビスケットジャー。
薔薇の紅茶教室のためにディスプレイしていただいて、生徒さんも紅茶を飲みながら楽しんでいただいたようです。

アンティークとのご縁で、たくさんのお客様との出会い、また人生観も変わりました。
体力が続く限り、皆さんのお手伝いができれば嬉しいです。

今回は少し長い買い付けで、湖水地方で4泊します。
ケンダルの町に愛されて300年
伝統ある紅茶商の老舗ファラーズ「Farrer's」
1640年築の建物使い込まれたアンティークのコンテナが並ぶ棚
わたしはこの町にも宿泊します。


Dscn4247_2 


アンティークショップが少ない地方ですが、アンティークの建物や風景は沢山あります。

少しでも多くのご報告ができればと思っています。


2013/05/26

赤い花の名前は“ボトル ブラッシュ”

先日のブラシのような赤い花の名前がわかりました。

今朝お客さんがメールくださいました。

Kさんはご主人の海外赴任でアフリカやイギリスにも住んでおられましたので、

海外の事情や、知識も豊富です。r(^ω^*))) うらやましい

そのメールを抜粋しますと、

“渡英が迫り、お忙しくお過ごしのことと思います。

今、ブログを拝見しておりましたら赤いブラシのような花?の木の

名前は・・・?とありましたので、ボトルを洗うブラシのような形から

BOTTLE BRUSH と記憶していたので確認してみましたら、

オーストラリア原産のブラシノキ(ボトル ブラッシュ)と書いてありました。

南アかイギリスで初めて見て、まさに形の通りの名前なので覚えておりました。”



Dvc00020



本当にボトルを洗うブラシにそっくりですね。((゚゚゚゚ ))ワワ...ワ! ビックリ

「BOTTLE  BRUSH」なんて、名前もアンティークぽくてステキ!

また1つ賢くなったみたいです。





2013/05/24

緑の中を歩く

5月最後の更新には、沢山のご注文ありがとうございます。
この場をかりてお礼申します。

今週は初夏を思わすような暑さが続いていますが、湿度も低く、適度な風も吹き、
さわやかな陽気です。
やはりお天気は気持ちいいですね!
入梅前の、貴重な晴天は有効に使いたいものです。
今日は洗濯日和、シーツやカバー大物ばかり洗いました。

2日前は西国立の懐石料理「無門庵」にまた行ってきました。
シャレールクラブの「歩く会」で15名も参加者があり、その中でも私が一番若く、
殆どの方は70代から上は85歳までの高齢者ばかりです。
杖をひいている女性も2名いますが、それでも元気に歩いておられます。
食べ物も十分でなかった戦前生まれの人はお元気ですね!
歩いた歩数は1万5千歩、緑地、遊歩道、せせらぎの小川、鳥や鯉、ハスやアヤメも咲いていました。

遊歩道の傍の家の軒先にはこんな花も咲いています。


Dvc00019



ブラシのような赤い花。 なんて言う名前なのでしょう?
一気に夏が来たような花でした。

ヨーロッパは5月としては観測史上最も寒い気温らしいです。
ロンドンの今日の最高気温16度、最低気温5度、雨・・・
このギャップどうしましょう!



2013/05/22

買い付け前の更新

22日新商品UPしました。
買い付け前の5月最後の更新です。
どうぞ、プレビュー時間もたっぷりとありますので、ごゆっくりとご覧になってください。

2011年の6月のイギリスの風景です。

P1030311_2

P1030324_2



低く立ち昇る積乱雲、お花はいっぱい咲いていました。

イギリスのお天気は気まぐれですから、さて今年はどうでしょう!




2013/05/19

花の中の風景

今回もご注文ありがとうございます。
5月の最終UPは今週の22日頃を予定しています。
買い付けの渡英は5月末ですが、更新日から発送まで余裕をもって、
お客様の対応をしたいと思いますので、早めの更新となります。

買い付け前の更新ですから、魅力あるお品をリーズナブルな価格でご紹介しますので、
どうぞ宜しくお願いします。


;;;:*:;;;:*:;;;:*:;;;:*:;;;:*

さて、先日行きました吉祥寺の花屋さん「ROBINIER」

空間があり、アトリエのようなお店でした。

正面の壁に飾られている大きなキャンパスの絵



Dvc00011_2_2


この絵はフランスで有名なクレールバズレー(CLAIRE BASLER)さんが描いた絵です。

パリのノートルダム寺院の一角にある小さな庭の木ですって!

何度か訪れたシテ島の寺院

そう言えば、それらしい古木があったような、気もしますが、あまり覚えていません。


Dvc00012_2


大きなキャンパスに絵を描いているクレールバズレーさんの姿が掲載された本が

テーブルに置かれていました。

ショップに掲げられた一枚の絵画も、このようにして描かれたものなのですね!

最近は花屋さんのイメージも大きく様変わりしています。

ざわざわした市場の中の花屋さんもいいし、シンプルなアトリエ風の花屋さんもいい。

アンティークも同じ、最後はこころの向くままに。



2013/05/16

木漏れ日の下で

5月も中旬になり、日差しも強くなって来ました。
木漏れ日の下では、さわやかな風が吹き、入梅前の一番いい季節です。

もうすぐ買い付けにイギリスに行きますが、今回は少し冒険して、遠出をします。
それもホテルがない田舎ですから、B&B、コーテージなどで宿泊します。
買い付け前の更新で、少なめのアップとなりましたが、当店ではじめてご紹介するお品も沢山あります。
どうぞ、ご覧になってくださいね♪

昨日は吉祥寺の友人からランチのお誘いがあり久しぶりに吉祥寺に行ってきました。
フレンドリーなお店のランチの後、
彼女の家の近くに最近オープンした花屋さん「ROBINIER」に連れていってもらった。
奥まったアプローチを歩いて行くと花屋さんとは思えないようなアトリエ風の
それはそれは素敵なフラワーショップがありました。

年に2回ほどフランスにお花のオブジェなどを買い付けに行かれるとのこと。
今回ご紹介した【南仏のジャグ】なんか、あのお店の雰囲気にぴったしなんて、内心おもっているのですが・・・ねぇ


Dscn4026_2



携帯で写真おさめて来たので、またご紹介したいな、このお店

それでは、今回もよろしくお願いします。


2013/05/14

夏日

朝からグングンと気温が上り暑い夏日となりました。
寒くなれば、暑くなって欲しく、暑くなればなるで、まだ体が暑さになれていないので、
だるいような、気だるいような感じもします。

ヨーロッパでは、ようやく暖かい春になったと思えば、また寒さが戻っているようです。
トップページでもお知らせしていますように、5月末から暫くイギリスに買い付けに行きます。
毎日ロンドンの天気を見ていますが、先週は24度と日本と変わらない気温が、
今日に至っては12度、雨でした。
ついこの間まで、地球温暖化と言われていたのに、氷河期に近づいているという学者までいます。
とにかく異常気象というべきでしょうが。。。モヒャ━━!!!!!!

それでも階下の大きな大木に真っ白い花が咲き、
飛び交う鳥たちが巣つくりをしている様子は、季節の移り変わりを、何となく楽しんでいるようです。



Dscn3842_4



つきましては、5月の更新は今のところ2回ほどアップする予定でいます。
ただ、買い付け前の準備、発送などのことを考えますと、アップ数は少な目となりますが、
いいお品がたくさんあります。
その都度メルマガでお知らせしますので、どうぞ宜しくお願いします。



2013/05/12

母の日

「母の日」

貰う側もあげる側も、悩むのは「母の日」の贈りもの

我が家は、そんな中、思い切って欲しいものを聞いたり、言ったりしています。

また、同居していたり、近くに住んでいれば一緒に買い物に行くのもいいですね(・∀・)イイ!



Illust823_thumb130512

次男夫婦は先日のGWに、デパートに一緒に買いに行って「パジャマ」に決めました。

長男夫婦には、「キャリヤーバック」が欲しいといって、自分の好みを買いました。

今年になって、カメラの調子が悪く買い替え、先日の関西行きの前日に携帯が故障し、

何かと物入りでしたが、8年余りもった特価2千円のお気に入りのドット模様の

キャリヤーバッグがついに劣化、

いつチャックが駄目になるかヒヤヒヤものでした。

Dscn3838_4            


今度は機能性を重視したキャリヤーバッグにしました。

それでも、一度ゴミ置き場に出したものの、捨てられなくて、再び持ち帰った^^ゞヤレヤレ



Dscn3841_5



問題は93歳の「母の日」のプレゼント

先日帰省した際、私が着ていた同じような上着が欲しいと言うものですから困ってしまい

ます。

あんな硬い綿素材、自分で袖を通すのも大変なのに!

まだ、着るものに関心があるのは、元気な証拠なのでしょうが・・///

なんとか婦人売り場で歳相応のを見つけて送りました。

人の服選びはアンティークを探すより難しいです。(;´д`)トホホ…




2013/05/09

風薫る五月

GWも終わり、風薫る5月の中旬となりました。

5月最初の新商品アップしました。

どうぞ、よろしくお願いします。

皆さまはGWはどのようにすごされましたでしょうか。

私は帰省を兼ね、大阪、京都と、束の間の心の休日を楽しみました。

買い付け前はいつも高齢の母を訪ねることにしています。

元気に迎えてくれた母、10月に訪ねた時よりも、顔の血色も良く、しまっておりました。

一年前に教職を退職した兄嫁が何かと世話をしてくれるおかげで、

私も海外への買い付けも心おきなく行けるのだと感謝しています。

郷土料理もたくさんいただきました。

【竹の子の山椒味噌和え】

Dscn3601


滋賀の郷土料理の「生節」です。
ソーメンと一緒に煮るのが本命です。翌日は【生ぶしのソーメン】もいただきました。
幼い頃から、春の大祭のご馳走でした。



Dscn3603



こちらは、お年玉はがきの抽選に当選したケーキが作れるホームメイドクッキング

小豆入りの抹茶ケーキのはずが、小豆が混ざらず抹茶ケーキに。

失敗作と苦笑していたけれど、とても美味しかった!

Dscn3607_2


「親孝行をしたい時は、親はいない」とよく言いますが、私にはその親がまだ元気でいる

ことに感謝しなくてはと思っています。

100歳は生きそうなアンティークさん。

娘の私も濃いDNAを受け継いでいますので、この先/// ヤレヤレ 長生きするのも コマタネ

といいながら・・・

私もその内アンティークさんになりますわ!


2013/05/08

チャーム

アンティークのアクセサリーは、自分だけのしるし
お守りのような、おまじないのような力もあります。

数年前「旅」の本にロンドンのマーケット情報が掲載されていて、
小さな銀のチャームにひとめぼれ、ビアマグ形のチャームと教会のチャーム。
後者は中に数ミリの神父様と花嫁花婿の人形が。
そのページを切り抜いて、それらしい物が売っているマーケットをハシゴしたけれども、結局出会いがなかった。


それから数年チャームが7個も付いたネックレスを見つけた時、頭が真っ白に!
ハート型のチャームは開閉できるすぐれもの。



Photo_3



誰かのものであった古いアクセサリーにはどこかセンチメンタルな気配があり、
皆が皆、自分の物語を語ろうとしているようです。

ピンときたものからは、きっと、幸せが受け継げるはず。

明日、新商品ご紹介します。お楽しみに!



2013/05/06

in 京都


関西に行くことをブログでお知りになった関西のお客様から、時間の余裕があれば
ご連絡くださいと、数人の方からメールをいただきました。
このようにお声をかけていただいて、本当に嬉しいことです。
今回は京都在住の同郷の友人と、お会いする約束がありました。
今後、京都は行く機会がありますので、またの楽しみができて、喜んでいます。

京都駅、八条口のシャトルバスに乗りリーガロイヤルホテル京都にチェックインしたのは
19時、このホテルを予約したのは数日前、
インターネットで駅近くのホテルを検索していたら、すごくお得なプランがあり、
それも29日の夜だけでした。
女一人旅ですから、シングルを予約したのですが、ツインの広いお部屋
しかもフロントで、またまたラッキーなことが起こり、最上階の10階の眺めのいい部屋に
キャンセルがでたので、そちらのお部屋にされてもいいとのこと。

すぐOKして部屋に入ると、学生時代下宿していた東寺界隈が一望できる夜景
東寺はライトアップされていて、カーテンを全開して遅めの夕食をとった。




2_2 

ホテルのロビーには5月人形が飾られていて、

5月5日の節句、 日本は平和な国だとあらためて感じました。

Dscn3591_2


翌日、友人が車を運転して、ホテルまで迎えに来てくれました。
さすが京都人、同年代なのに、スイスイ市内を運転されます。
着いたところは「京都ホテルオークラ」
‘入舟’で京料理をいただいてから、一階のカフェーサロン(cafe LEC COURT) で
話しに花が咲きました。


05in_kyoto2 

話はつきず、お忙しい中、京都駅まで送ってくださいました。

お土産に頂いた、「山椒みそ」ご飯に田楽に食がすすみ、嬉しい悲鳴をあげています。

彼女の胸元には当店で購入していただいたペンダントトップがきらっと輝いていました。

ゆっくりとくつろいだ後はお仕事ガンバリます。

今週中に新商品アップします。


2013/05/04

新名所 “GRAND FRONT OSAKA”

豊臣秀吉が築いた大阪城、城は復元されたものですが、
石垣の一部は当時のままに残されているところもあります。
歴史上、有名なお城ですから、お堀が広いのが印象的でした。

天守閣も焼失してしまい、昔のままではありませんが、大阪のシンボルとして威厳があります。
若葉茂るこの季節は、まわりの緑にとけこんで、一段と美しいです。



Dscn3570

Dscn3575


大阪城をあとにして、4月26日にオープンした「グラン・フロント大阪」へ。
大阪梅田北、通称「うめきた」に都心部最大級の専門店、ショップ&レストラン「266店舗」が入っています。

西日本最大級のターミナル大阪梅田駅は1日の乗降客が250万人といいますから、
人の多さにびっくりです。
レストラン街には昨年お会いした東京の三國シェフのお店も入っています。
これから大阪の新名所になること間違いありません。


こちらも当分の間は週末は込むと思いますが、世界のお店が入っていますので、
ウィンドーショッピングするだけでも楽しいと思います。


130504_2



「Mother's day」
ももうすぐ
「母の日」のプレゼントに次男夫婦から「ローラ アシュレイ」のパジャマを買っていただきました。
ディスプレイされていて、一目で気に入った七分袖の花柄でしたm(_ _)m ありがとう!

1305mothers_day_2 

大阪を後にして、夕方京都に向かいます。

。。。つづく

2013/05/03

北浜レトロ

連休前半、お休みをいただいて、関西へ
大阪では息子の新居の訪問もかねて、
大阪城や大阪梅田に最近オープンした「グランフロント大阪」へも行ってきました。

数年前とは大阪は随分変わり、綺麗になりさらに大都会になっています。
中之島の大阪城に歩いて向かう途中の北浜にレトロなティーサロンを発見。
店先の目立つ黄色のティーポットの看板
イギリスのポートベロー・アンティークマーケットにも同じ赤い看板のお店があります。


Dscn3565_2


創業1912年、100年も経っている老舗です。
中に入ると、2階のティールームに上がる階段は人の列
一階はケーキは勿論、イギリスらしい雰囲気でした。


130503tea_roon_2


こんど大阪に行った時は、アフタヌーンティーをいただきたいものです。
ちょっとGWや週末は、混んでいて無理なようですね!

日本でいながらイギリスのティールームを体験できるお奨めのレトロショップです。



2013/05/02

関西から戻りました

大阪、京都、滋賀から戻りました。
休暇中はご不便おかけしましたが、明日3日より平常営業します。
よろしくお願いします。


« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ