« in 京都 | トップページ | 風薫る五月 »

2013/05/08

チャーム

アンティークのアクセサリーは、自分だけのしるし
お守りのような、おまじないのような力もあります。

数年前「旅」の本にロンドンのマーケット情報が掲載されていて、
小さな銀のチャームにひとめぼれ、ビアマグ形のチャームと教会のチャーム。
後者は中に数ミリの神父様と花嫁花婿の人形が。
そのページを切り抜いて、それらしい物が売っているマーケットをハシゴしたけれども、結局出会いがなかった。


それから数年チャームが7個も付いたネックレスを見つけた時、頭が真っ白に!
ハート型のチャームは開閉できるすぐれもの。



Photo_3



誰かのものであった古いアクセサリーにはどこかセンチメンタルな気配があり、
皆が皆、自分の物語を語ろうとしているようです。

ピンときたものからは、きっと、幸せが受け継げるはず。

明日、新商品ご紹介します。お楽しみに!



« in 京都 | トップページ | 風薫る五月 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ