« 湖水地方のantique shop | トップページ | ストーン・ヘンジとストーンサークル »

2013/06/29

London vintage Fair

新商品のご注文ありがとうございます。
アイリスグラスのアクセサリーはご紹介している限りですので、宜しくお願いします。

☆*☆*☆*

今日はロンドンのヴィンテージフェアのお話です。
ロンドンでは毎週末になると、どこかのタウンホールやロイヤルホールでヴィンティージフェアが開催されています。
アンティークフェアとは少し異なって、1950年~1970年代の洋服、装飾品、アクセサリーが中心となります。
とにかく入場料
(£3~£5)もお安いので、買うよりも楽しむことをお奨めします。

今回行ったフェアは地下鉄VICTORIA LINEのHighbury&Islington(ハイベリー&イズリントン)駅から
徒歩5分のタウンホールで開催された、はじめて行くフェアです。
ここのホールはステージがあり、50年代のイギリスのポップスが流れ、
何だかなつかしいような踊りたくなるような楽しい雰囲気です。

仲良く紅茶を飲むリーゼント・スタイルの髪型の男性と
オードリー・ヘプバーンがスクリーンから出てきたような細いウェストを閉めたワンピースを着た女性のカップル!!!
来ている人が個性的で、とにかくカッコいいのです。
(´ρ`)ぽか~ん

(注:リーゼント・スタイルはロンドンのリーゼント街の若者から流行った言葉です。)



1306vintage_fair_london2_2


アンティークを扱っているお店も数件ありました。
時間があれば、ローラ・アシュレイなどのワンピーも試着したかったのですが、
この日は夕方、イギリス中部の町Lincoln(リンカン)に移動しなくてはいけないので、
早めに会場を後にしました。

ステージの上では歌あり、踊りあり、ステージの下のティータイムコーナーでは
いくつものポットとティーカップが並んでいて、好きなポットとカップを選んで、お茶を頂くようになっています。
勿論ケーキもサンドイッチもです。



1306vintage_fair_london 


皆さんも、ロンドンに行かれた時、フリーの時間がありましたら、

こうしたヴィンティージフェアも意外と楽しめますので、お奨めです。




« 湖水地方のantique shop | トップページ | ストーン・ヘンジとストーンサークル »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ