« JPタワー KITTE | トップページ | B&B(Windermere)2 »

2013/07/15

B&B (Windermere)

7月のカレンダーを見れば、4日/アメリカ独立記念日、14日/フランス革命記念日
15日、日本は海の日、何で祝日なのかよくわかりませんが、この暑さで【海の日】なんて
すっかり忘れていました。
家の近くの市民プール、芋の子洗うように賑わっていますわ!

帰国してから1ヶ月、湖水地方で宿泊した B&Bヴィクトリアン様式建築のゲストハウスについて少しお話いたします。
湖水地方はホテルは少なく、だんトツB&B( bed and breakfast)が多いです。
ネットで検索して、評価を重視して決めましたが、いくつもの選択方法があります。

①駅から徒歩圏内
②静けさや景観
③料金と部屋の面積
④建物の築年数と清潔さ
はじめて宿泊するのですから、①~④はあまりあてにはなりません。
やはり、実際宿泊した方のクチコミや評価がとても参考になりました。


ホテルと違うところは、家族経営ですから、一戸建ての家の部屋が客室となり、5部屋しか
ありませんでしたが、ごく一般的です。
勿論、このお家の方のPRIVATE ROOMもあります。

B&Bのすばらしさは家庭的で何よりも親切で思いやりがある所が多いと言うことです。
すべてのB&Bがそうであるとは思えませんが、宿を経営しているポーラ(Paula)とグレアム(Graham)はとても親切でした。
その上、奥さんのポーラのインテリアセンスのよさも輝いていました!




Bb_3

ダイニングルームにある暖炉、寒い湖水地方の必需品もこんなに素敵

憧れのマントルピースも薔薇の装飾が施され、

暖炉の両サイドはアンティークタイルがはめられていました。

Dscn4366


・・・・・つづく


« JPタワー KITTE | トップページ | B&B(Windermere)2 »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ