« B&B (Windermere) | トップページ | B&B (kendal) »

2013/07/17

B&B(Windermere)2


関東は連日猛暑日が続いていましたが、昨日と今日は、朝晩は幾分過ごしやすく
エアコンのお世話にもならず、ほっとしています。
この心地よさも長くは続かず、また明日から暑くなる予報です。

本日、更新の作業が予想より早く終了しましたので、新商品アップしました。
暑い折ですが、涼しげなお品もご紹介していますので、ご覧になってくださいませ。



ウィンダミアのB&Bの・・・つづきですが、ご夫婦はパイン材の家具がお好きか、
随所にパイン材の家具が置かれていました。

客室のベット、チェスト、リビングルームのテーブルなど・・・

Dscn4427
Dscn4426_3

そう言えば当店でも、ベットサイドの小家具や oldパインのチェストをご紹介しましたね!

イギリスでも人気のようで、ナチュラルスタイルのインテリアにはよく合います。

Dscn4428

奥さんのポーラは話好きで、宿泊者に必ず話かける。
「夕べはよく寝られた?」とか「体調はいかが?」
そういう気配りは異国の地で、とても嬉しいことです。

2日目の朝、彼女に水道の蛇口からお湯は正常に出るのに、水の出が細く、
時々、正常に戻ることがあり、そのことを、どう英語で表現したらいいのかわからなくて、

「ポトポトと出たり出なかったり」と、ジェスチヤーを交えながら話したら、
旅先から戻った部屋には、メッセージの手紙が置かれていて、

「確かに気まぐれな水道で、出たりでなかったりですみません。業者に見てもらいます。」
洗面所には4本のボトルが置かれていた。

P1060290_2



こんなところが、家庭的でホテルでは考えられないkindnessのところかな。

宿泊者に対する思いやり、日本的に言えばおもてなしのこころ






« B&B (Windermere) | トップページ | B&B (kendal) »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ