« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013/07/31

セールのお礼

7月最後の更新には沢山のご来店、ご注文ありがとうございます。
一部の商品が重なり、ご希望に添うことができなかったお客様、また探してきますので
今後ともよろしくお願いします。

一ヵ月余りの半期に一度のセールも今日で、一部の商品を除き
終了させていただきます。
セール期間中は沢山のご注文ありがとうございます。
お嫁に行った商品は70点余りになります。
少しでも皆さんに喜んでいただけたことが、とても嬉しいです。
この場をかりてお礼申し上げます。

「ありがとうございました」

いよいよ8月のお盆の頃には、コンテナ混載便の商品が沢山届きます。
前回買い付けた商品より、はるかに多い容量となっています。
到着しましたら、またご報告します。


P1060058_2P1060104_2 P1060068_2P1060093_2


こちら到着便の一部の商品です。

イギリスにて撮影しています。

参考にしていただければと思います。

2013/07/29

7月末

不安定な気候で、山口、島根では集中豪雨による大きな被害も出ています。
雨雲が近づき、雷鳴が聞こえたかと思うと突然、激しく降る雨・・。
皆さんもくれぐれも安全管理に気をつけてくださいね!

一家の主婦は色々と仕事は増えても、減ることはありません。
それでも、予定をたてて要領よくこなせば、何とかなるものです。
7月も過ぎてゆき、8月のお盆の頃は、涼しくなると言われていたのは昔のこと。
どうも、先のこと読めなくなったのは、天気予報だけではないようです?

本日新商品アップしました。
ちょっぴり愛らしい形のもの色々とご紹介しております。
暑い折ですが、ご覧になってください。


Th_20_big201307_2


昨日の日曜日、甥っ子の男の子の誕生祝いに、夫と一緒に横浜に行ってきました。
何年ぶりかで抱いた赤ちゃん、めんこい(かわいい)の一言
黒いふさふさした髪、甥の生まれた時にそっくり!
ベビーと私は、どんな関係になるのでしょう!家系図が脳裏に浮かびます。

July_baby

英国のロイヤルベビー、「ジョージ」と同じ7月生まれ、
甥っ子の子とは国も言葉も違うけれど、少しお兄ちゃんになりますね。
こういう明るいニュースはいつだって嬉しいことです。


2013/07/27

ロイヤルドルトンafternoon tea

不安定なお天気が続いている7月の終わりです。

今日は隅田川の大花火大会、家の近くの国営昭和記念公園でも花火大会があります。
花火は我が家のリビングからも見えますが、
23日のゲリラ豪雨のように急にお天気が変わらなければいいのですが・・・

【本日の隅田川及び国営昭和記念公園の花火大会は雷、大雨洪水警報により中止になりました。残念です!】

さて、暑い中の更新作業ですが、予定外の用事が入り、
途中下車をしながらの作業をしていますので、アップまでもう暫くお待ちくださいませ。

逸品のピックアップです
まるで貴婦人のささやきが聞こえてきそうな優雅なフィギュアは1936年製のロイヤルドルトン
その名も「アフタヌーンティー」というお品です。
ドルトンからはたくさんのフィギュアが作られておりますが、こちらはそのなかでも特別愛らしく、
気品溢れるデザインで360度どこから見ても絵になります。
すべてハンドペイントです。
貴婦人のお顔も美しく、眺めているとこの時代にタイムスリップしそう。。。


Dscn5265

Dscn5264

Dscn5273


最近はロンドンのホテルのアフタヌーンティーを日本で体験できるプレイスも増えています。
ティールームやティーサロン、そして自宅も
テーブルにイギリスを表現できる場所でもあります。
紅茶に合う焼き菓子やスコーンをいただき、時には旅の思い出をプレイバックさせながら、
静かに流れていく時間
英国ティータイムのAFTERNOON TEAは紅茶ファンにはあこがれの招待状

そんな素敵なお品を次回ご紹介します。


2013/07/24

ロイヤルベビー誕生


ロイヤルウエディング(2011年4月29日挙式)から2年あまり、

110429_2


イギリスはロイヤルベビー誕生で、祝賀ムードが盛り上がっています。
色々と話題が多い、ロイヤルファミリーですが、只今の感心はベビー誕生の
商戦と、新しい住まいとなるケンジントンパレスでのベビールーム。

故ダイアナ妃がウィリアム王子誕生の時、用意されたベビーベットやタンスが
早くも話題になっていて 、キャサリン王妃はどんなお品を購入されるのでしょう!
一説によると、ダイアナ妃も好まれた可愛いピーターラビットのキャラクターが描かれた
お品を選ばれるのではないかとの憶測も流れています。



2013julyroyal_baby_2    

6月の湖水地方のヒル・トップのポターのお家を訪れた時、

窓辺に、ピーターラビットの絵本に登場するキャラクターのフィギュア が飾られていました。


Dscn4456_2_2

また、ウィンダミアのボウネスのポターのミュージアムでは

多肉植物のピーターラビットがお出迎え。

Dscn4478 

いつかロイヤルベビーもピーターラビットの絵本を読み、

やさしい王子さまになられることでしょう。

全世界の人々の祝福のもとに



2013/07/22

ドライフラワー

夏休みに入った子供たちの声と、蝉の鳴く声が入りまじり、夏も本番をむかえましたが、
まだ梅雨明けしていない地域のことを考えると、喜んでばかりはいられません。

多忙な私ですが、少し時間があるときは、撮影用のドライフラワー作りを楽しんでいます。
基本的にネットショップの商品のディスプレイに使用している花は自分で作っています。

暑い夏はエアコンのクーラーの風が通りやすい場所に吊るしたり、
クーラーをつけない日は風通しのいい窓辺に吊るしています。


Dscn5207_2

ドライフラワーに適した植物や花がありますが、

カビが生えやすいのでその点を注意すれば、わりと上手く成功します。



Dried_flower

* * *

この花「ブルー○○○」と言いますが、語尾の名前を忘れてしまいました。
一週間でドライになり、早速次回の更新の花摘みバスケットに入れてみました。

ドライフラワーのなかでも、アンティークに似合うのがアジサイ。
いろいろな種類があるけれども、秋色のアジサイは、切り花のままドライフラワーのような
色合いが楽しめて、そのまま乾燥させてまた飾れるのが人気のようです。

                                                                                                            * * *

Dscn5210_2


アンティークの雑貨との相性がいいのは、きっと花びらの大きさで表情の変わる
花姿のせいでしょう!
このアジサイも随分商品撮影にお世話になりました。
少し、色あせたけれどもまだまだ表情豊かです。


暑い夏は、切り花もすぐに、弱ってしまい日持ちがしません。
ドライフラワーにして、花のある暮らしを楽しみましょう。


2013/07/19

B&B (kendal)

暑い時期の更新ではありますが、沢山のご来店、ご注文ありがとうございました。

お客様にとって気に入ったお品があることが、何よりの励みになります。

セールもあと残すところ10日あまりになりました。

複数ご注文いただいたお客さまにはお値引きもいたしますので、ご相談ください。

このブログをご覧になった方だけの耳よりなニュースです。

+ + +

ネットショップを開設した時は、資金もなく、パリでは馬小屋に近いような一人部屋
ロンドンでは部屋の内装は比較的きれいなのに、唯一ある窓を見上げれば、
人の歩く足が見えるだけのひどい部屋にも宿泊しました。
さすがに我慢できず次の日はチェンジしましたがね。

年齢と共に、みじめな宿では、買い付けの意欲もわかず、身分相応のホテルに泊まるようにしています。
イギリスもフランスも外観は100年~300年前の建物でも、
中はわりと近代的で住み心地もいいですが、
何といったって日本のホテルや旅館は料金にかかわらず満足度が高いです。

そんな訳で、ケンダルのB&Bも100年以上経ているそれらしい豪邸
ケンダルの中心部からきつい坂を登りきった見晴らしの良い場所にあります。

P1060346_2

P1060345_2

宿のオーナー夫婦はまだ若く、小学生低学年の男の子がいました。
こちらの要望にもテキパキと応えてくれて、とても感じがよかった。

こちらのB&Bの内装はウィンダミアとはまた違い、アンティークのステンドグラスが随所に
取り入れられて、アンティーク屋としてはすごく参考になり、
自然体のインテリアが古いお屋敷に調和しています。

Bb_2 

玄関のドアの上、廊下のアプローチ、階段の裏の空間まで
ティーカップSETがディスプレイされていたのには脱帽です。


P1060349_2


部屋の窓からはすでに1世紀にはローマー軍が制覇していた面影が残る街並みが見えます。

そんな古い町「Kendal」は湖水地方の入り口の街です。

2013/07/17

B&B(Windermere)2


関東は連日猛暑日が続いていましたが、昨日と今日は、朝晩は幾分過ごしやすく
エアコンのお世話にもならず、ほっとしています。
この心地よさも長くは続かず、また明日から暑くなる予報です。

本日、更新の作業が予想より早く終了しましたので、新商品アップしました。
暑い折ですが、涼しげなお品もご紹介していますので、ご覧になってくださいませ。



ウィンダミアのB&Bの・・・つづきですが、ご夫婦はパイン材の家具がお好きか、
随所にパイン材の家具が置かれていました。

客室のベット、チェスト、リビングルームのテーブルなど・・・

Dscn4427
Dscn4426_3

そう言えば当店でも、ベットサイドの小家具や oldパインのチェストをご紹介しましたね!

イギリスでも人気のようで、ナチュラルスタイルのインテリアにはよく合います。

Dscn4428

奥さんのポーラは話好きで、宿泊者に必ず話かける。
「夕べはよく寝られた?」とか「体調はいかが?」
そういう気配りは異国の地で、とても嬉しいことです。

2日目の朝、彼女に水道の蛇口からお湯は正常に出るのに、水の出が細く、
時々、正常に戻ることがあり、そのことを、どう英語で表現したらいいのかわからなくて、

「ポトポトと出たり出なかったり」と、ジェスチヤーを交えながら話したら、
旅先から戻った部屋には、メッセージの手紙が置かれていて、

「確かに気まぐれな水道で、出たりでなかったりですみません。業者に見てもらいます。」
洗面所には4本のボトルが置かれていた。

P1060290_2



こんなところが、家庭的でホテルでは考えられないkindnessのところかな。

宿泊者に対する思いやり、日本的に言えばおもてなしのこころ






2013/07/15

B&B (Windermere)

7月のカレンダーを見れば、4日/アメリカ独立記念日、14日/フランス革命記念日
15日、日本は海の日、何で祝日なのかよくわかりませんが、この暑さで【海の日】なんて
すっかり忘れていました。
家の近くの市民プール、芋の子洗うように賑わっていますわ!

帰国してから1ヶ月、湖水地方で宿泊した B&Bヴィクトリアン様式建築のゲストハウスについて少しお話いたします。
湖水地方はホテルは少なく、だんトツB&B( bed and breakfast)が多いです。
ネットで検索して、評価を重視して決めましたが、いくつもの選択方法があります。

①駅から徒歩圏内
②静けさや景観
③料金と部屋の面積
④建物の築年数と清潔さ
はじめて宿泊するのですから、①~④はあまりあてにはなりません。
やはり、実際宿泊した方のクチコミや評価がとても参考になりました。


ホテルと違うところは、家族経営ですから、一戸建ての家の部屋が客室となり、5部屋しか
ありませんでしたが、ごく一般的です。
勿論、このお家の方のPRIVATE ROOMもあります。

B&Bのすばらしさは家庭的で何よりも親切で思いやりがある所が多いと言うことです。
すべてのB&Bがそうであるとは思えませんが、宿を経営しているポーラ(Paula)とグレアム(Graham)はとても親切でした。
その上、奥さんのポーラのインテリアセンスのよさも輝いていました!




Bb_3

ダイニングルームにある暖炉、寒い湖水地方の必需品もこんなに素敵

憧れのマントルピースも薔薇の装飾が施され、

暖炉の両サイドはアンティークタイルがはめられていました。

Dscn4366


・・・・・つづく


2013/07/12

JPタワー KITTE

昨日、猛暑の中、私用で東京駅に行ってきました。
こんな暑い中でも、やはり東京駅の構内は込んでいて、
新しく生まれ変わった東京駅も東京の観光スポットとして人気ですが、
東京駅を含む丸の内界隈は新しいビルが次から次ぎへと建築が続いています。

Dvc00001


その1つ今年3月にオープンした、元東京中央郵便局の跡地に、JPタワーことKITTE
ビルが誕生しています。東京駅丸の内南口から徒歩1分で、目の前にありますが、
駅構内からも行けます。

用事を済ませた後、ここで昼食を取り数時間過ごしました。
ビルは都心にしては6階建で低いですが、とても見やすい造りです。

Dvc00003


折りしもバーゲンセールの最終日
この空間の垂れ幕、かなりインパクトあり、キマってま~す
KITTEの特徴は、全国から御当地のお店が出店していること。

ひときわ込んでいたショップ「nugoo拭く鎌倉」手拭いのお店です。
さすが、パンフレットも日本語に英語版
私も店員さんのアドバイスで吸収性、即乾性に優れている首に巻く手ぬぐいを購入

ランチは4FのMARUNOUCHI READING STYLE(マルノウチ リーゼィングスタイル)で・・・
このカフェ&ショップ、北欧の生活雑貨があり、店内にあるブックコーナーの本を
読みながら飲食できます。
一人の方もゆっくりと長居してくつろげます。

館内は全国から手作り調の生活雑貨やインテリア雑貨のお店がいっぱいあるので、
飽きない楽しさがあります。
同じ4階のギャラリー「DO」でバーゲン品をゲット、最後の一枚で2058円でした。
ショップの試着室にこのマットが置かれていて一目惚れ!
お安いです(o^-^o)

Dvc00005_3

最後のお奨めは6FのKITTEガーデン、緑のガーデンに囲まれて、
東京駅界隈が一望できます。
こんな暑い日でも、頬にあたる風がココチいいです。

電車大好きなお子さんも
新幹線や電車が近くでいっぱい見られますよ!
もうすぐ夏休み、GO-

Dvc0000911july13

猛暑日は無理をしないこと。
そうかと言って家の中で、クーラーにひたってばかりいては変化もありません。

図書館やショッピングセンター、デパートは冷房が効いています。
ウィンドーショッピングするだけでも、楽しいです。
色々と工夫して、メリハリのある時間を過ごしてくださいね!


2013/07/10

湖水地方~涼の風景をお届けします

連日の猛暑の中、ご注文ありがとうございます。

この暑さに、早くもバテ気味の私ですが、熱中症対策しっかりしています。

イギリスはこの冬、50年ぶりの寒さになり長い冬でした。

イギリス人はよくお天気の話をしますが、

南アフリカから来たあるクリケット選手が

「イギリスは一年のうち9ヶ月が冬で、3ヶ月が悪天候だ」と言ったと聞きましたが、

素晴らしいユーモアです。

日本は近年夏は高温で、10月上旬まで暑く半袖で過ごすことも珍しくはなく、

四季の感覚が薄れていくようで、春や秋の季節が短いように感じます。

梅雨明けから、「暑いですね!」が挨拶になり、まだ7月上旬、この先が案じられます。

* * *

湖水地方のウインダミアのB&Bの宿のご主人に教えてもらった

ウインダミア湖が一望できる「オルスト・ヘッド」から涼の風景をお届けします。


P1060227_2


少しは涼しく感じますか?

皆さまもお体をご自愛くださいね。





2013/07/08

ケンダルの老舗 Farrer's~*プレゼント

梅雨明け宣言がされた翌日から、この猛暑
暑さになれていない体がはやヒーヒーと言っています。
イギリス在住の日本人が「日本の夏は暑いから、夏の間は帰国しないわ!」と、
口々におっしゃるのが、近年よくわかります。
皆さんもこれからの長~い暑い夏に備え、お体ご自愛くださいね。

週末の夜、甥に男の子が生まれました。
甥の誕生日が7月7日(七夕)なので、親子同じ誕生日と、望んでいた奥さん。
「もう二時間で7日と、踏んばったけれど、するりと出ちゃった!」と可愛い一言
母子とも健康で、めでたし、めでたし!

+++

さて本日新商品アップしました。
お蔭様でピーター・ラビットのpost cardは在庫がなくなりました。
今後、ご注文いただきましたお客さまには、湖水地方のケンダルの町に愛されて300年、
伝統ある紅茶商の老舗ファラーズ(Farrer's)のティーパック。
このお店だけしか扱っていない人気の「レイクランド・スペシャル」をプレゼントします。
アイスティーにしても美味しくいただけます。



Dscn4491_2

「レイクランド・スペシャル」は1袋1袋単品で販売されています。

不思議なことに箱入りは販売されていません。



Dscn4945_2


日本でも有名な老舗「ファラーズ」については、オーナーさんとお話していますので、

後日、このブログでご紹介いたします。




2013/07/06

空中サプライズ

関東甲信は例年よりも、昨年よりも早く梅雨明けしました。
それにしても暑いですね!
熱中症で運ばれる人も、増える一方で、今年も長~い暑い夏になりそうです。
暑さに慣れないうちに猛暑日になりましたから、お体に充分気をつけてください。

イギリスのアンティークフェアもいいお天気に恵まれ、買い付けもスムーズにできました。
最初のフェア会場では、イギリス空軍の演習場が近くにあり、
まるで、フェアの開催を祝福するかのように、会場上空に繰り広げられる航空ショー

数機の赤いジョット機(レッド・アローズ)が連隊を組み白い筋を描きます。


注:レッド・アローズは1964年末に創立されたイギリス空軍公式のアクロバット・チーム。
  イギリス中部のリンカーンシャーの基地をベースとしている。演技は4000回以上行っており、
  53ヶ国で飛行経験がある。(ちなみに日本ではまだ演技をしていない)





P1060061_3 P1060062_2

P1060063 P1060064

P1060067


こんなサプライズに疲れも吹きとんで、またまた買い付けハンターに!

☆ ☆

2013/07/04

Fairは晴天なり

イギリス中部の街リンカンを拠点に大きなアンティークフェア3箇所を廻ります。
目覚まし時計を頼りに、早寝、早起きするしかない!
お蔭で、良い習慣つきましたわ(◎´∀`)ノ
いいお品をゲットするには、一杯のコーヒーを飲み、いざ会場に

6月といえば紫外線も真夏並み、会場の熱気もお昼前には最高潮
歩き疲れたハンターも一休み。

この男性、トランクをゲットしたようね。
そうそう、トランクで思い出したロンドンのパディントン駅、
お馴染みのくまのパディントンをさがしたけれど駅がリフォームされていて、小さく沈んでいました。



Dvc00025_2

爽やかだけれど、この陽気にアイスクリーム屋の車が出没

長い行列ができていたが、私も並んでスモールをチョイス

ソフトクリームにチョコレートのステックが一本トッピングされていた。

こんな時のアイス、ほっとして生き返った魚のようです。

Dvc00030_2 

こちらのお店は常駐店、この晴天にかなりテンションが上がっています。

でもHot Chocolateではネ!!!

Dvc00026

アイスクリームを食べながら、またまたハンター開始

トワルドジュイのベットカバー2枚見つけました。

Dvc00028_2


リーバーシブルのベストコンデション。

こちらもテンション上がります。゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

※渡英直前に買い替えた携帯、カメラ技能がずいぶんと進化して、よく撮れています(*^_^*)


2013/07/03

antique pickup

買い付けの旅は、いよいよロンドンを離れ一週間の大きなフェアを控え、
イギリス中部の街、リンカンに移動します。

これから、食事、ホテル、B&B、アンティークフェア、エピソードなど興味があるお話が続きます。
その間に次回の更新のお品や買い付け商品を、少しずつピックアップしていきますので、
参考にしていただければ幸いです。


次回の新商品アップは週明けの8日(月曜日)に予定しています。
今回の買い付け品を含め、色々と素敵なお品が満載です。
その中でも特にお勧めは、OLDパインのスモールキャビネット
大人のかわいらしさを兼ね備えたインテリア的にも興味深い家具です。


Dscn4840_2

ドロワーズチェストの扉部分は一枚のガラス面になっていて、

上部は薔薇柄のアンティークレースでとめられています。

Dscn4804_4



ガラスの扉を開くと、三段の引出しと上部はディスプレイコーナーになっています。
アンティークレースは簡単に取り外すことができますので、中のディスプレイが見えます。
見せる、隠すの楽しみ方ができるスモールキャビネット。

次回の更新でご紹介します。
お楽しみに!




2013/07/01

ストーン・ヘンジとストーンサークル

7月になりました。梅雨の中休み、今週も暑くなりそうです。
先日、世界遺産に登録された「富士山」も山開きをしました。
この夏は沢山の人が、「富士山」をめざして登山することでしょう!

世界遺産といえば、6月に世界遺産の巨石群ストーン・ヘンジがある「ソールズベリ」に行ってきました。
ソールズベリは美しい大聖堂のある聖地の街として、世界中から多くの観光客が訪れています。

P1060013

P1060010

P1060034


そして、9日後に湖水地方の「ケズウィック」から東に2キロほど離れた牧草地にある

卵型の岩が円形に並ぶカッスルリッジ・ストーンサークルを見てきました。

P1060259_2



ストーン・ヘンジは緻密な計算に基づいて円周上に配置されたのだという。
カッスルリッジ・ストーンサークルは天文学的な意味があり、儀式などで使われていたと言われていますが、
どちらも紀元前3000年に造られた謎の多い古代遺跡です。

世界遺産になった富士山はこれから大勢の観光客がやって来ます。
マナーを守り、環境汚染をなくし、いつまでも世界に誇れる美しい富士山として守って行きたいものです。




« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ