« 夏本番 | トップページ | 越後路を行く »

2013/08/08

越後そば

越後湯沢の温泉に行ってきました。
越後湯沢は関東からのアクセスもよく、新幹線が止まる越後湯沢駅の周辺に広がる温泉地
川端康成の小説「雪国」の舞台であり、冬はスキーのメッカでもあります。

前日足の指を痛めた夫に代わり、関越自動車道を3時間あまり運転
新潟に近づくにつれ、空模様があやしくなったが、激しい雨にも降られず何とかすり抜けた。

旅の楽しみは御当地の食をいただくこと
越後本手打ちそばの美味しかったこと。
そばは信州と思い込んでいた私ですが、新潟にはそば屋が多いことに驚きです。

湯沢には昭和6年創業の老舗「しんばし」
県内産玄そばを石臼で挽き、手打ちするというへぎそばが名物
揚げたての野菜の天ぷらも美味しいが、
そばのお供には3日間煮込んだニシンの煮付けがおすすめ。

P1060373

Photo

ホテルの宿のスタッフに十日町にはそば街道があり、その中の「由屋」さんがお奨めと
聞き、次の日は美味しい越後そばを求めて一路十日町へ。。。

湯沢町から魚沼スカイラインを通り、20キロの観光道路はヘアピンカーブ。
けっこうきつく、疲労困憊
角栄さんが総理大臣の頃に造られたこの道路、
走行中出合った車は3台、工事現場の人の数の方が多かった(苦笑)
標識も朽ちて薄く判りづらく、おまけに「クマ出没」の看板多し(´(エ)`)┌クマッタネ


しかし、評判通り、十日町のへぎそばは美味しかった!

P1060430

店の玄関先に等身大のウルトラマンの人形が立っていた?奇妙なバランス!

P1060426_2

へぎとはお蕎麦の入れ物のことを言います


« 夏本番 | トップページ | 越後路を行く »

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ