« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013/09/28

心ははるか彼方に

買い付けを控えての更新で、オーダー頂いたお客様には、早いご入金のお蔭で、
本日、すべてのお品の発送を終えました。
皆様のお心使いに感謝しています。

ほっとした気持ちと、脱力感が体を襲って、
このまま眠ってしまえばどんなに楽かと思ったりもしますが、
ゆとりのある気分にはなかなかなれず、やはり買い付けのことが気になります。

「買い付け」とひと口に言えども、欲しいものを買えばいいってものでもなく、
その時その時の状況判断が必要で、それが「センス」であり、「仕事力」につながります。
正直いって、最近のアンティーク状況は先が見えなくなって来ていますが、
素の自分がわかれば、おのずと素敵なお品との出会いがあると信じています。




New_items_october


帰国後は、たくさんのお品が、ご紹介の出番を待っています。
好評のガラスドームも、まだ3個ほどサイズ違いで在庫があります。
また、クリスマス商品関連のお品や小物などは、手荷物や航空便で
送る予定でいますので、楽しみにお待ちくださいませ。



2013/09/26

友愛のベンチ

9月最後の更新では、たくさんのご注文ありがとうございます。
今回はご注文が重なったお品が多く、申し訳なく思っています。
先着順でご希望に添えなかったお客様には、買い付けも控えていますので、
リクエストとして探してきます。
また、ご縁があると思いますので、今後とも宜しくお願いします。

10月は毎年買い付けで渡英しているわけですが、色々な人との出会い、アンティークの出会い、
また行く先々の町の意外な風景に感心します。

TOPページのベンチの写真
1910年の10月、ロンドン郊外の高級住宅地リッチモンド
テムズ河と緑と大邸宅に囲まれた河岸の散歩道
落ち葉のじゅうたんとベンチ、ロマンチックなひとこまですが、
このベンチはこの町に住んでいた住民が寄付したベンチなのです。



P1020662_2



ベンチには寄贈した人の名前が書かれています。
2つのベンチはそれでれ違った形をしていて、設置された年も違い、河岸にずらっと並んでいます。
100年を経たベンチもありますが、ベンチは朽ちてはいません。
この間、どれだけの人が、このベンチに座ってテムズ河を眺めたことでしょう!

英国に息づく友愛の精神が、今でも受け継がれています。
今年もまた、新たなベンチが増えているかも知れませんね。

どんな形であれ、国を愛する気持ちは、どこの国も変わらないと思います。




2013/09/22

フランス Terre de Fer スープ皿

9月も早下旬、木々の緑も、少しずつブラウン色に変化して、
あんなに暑かった夏の日々も、過去のこと。
ショーウインドーから見る景色は秋色に染まっています。

秋になれば、紹介するお品もおのずとブラウン系を意識します。
買い付けではフランスのシックな色合いのプレートとの出会いが沢山ありました。
フランスの古いプレートにはイギリスとはまた違った単色使いの美しい柄のものが多くあります。
フランス Terre de Ferのスープ皿もその1つ
柄ちがいの可愛い小鳥のモチーフです。



Dscn6806


他にもフランスの古いお皿には、名の知れた窯元があります。

Digoin/Sarreguemines(ディゴワン/サルグミンヌ)
Lune'ville(リュネヴィル)
Creil&Montereau(クレイ・モントゥロー)
Gien(ジアン)
・・・ ・


どの窯元も特徴があり、フランスらしい色彩と絵柄に魅了されます。


2013/09/20

買い付け計画

さわやかな秋晴れが続いています。
朝夕はめっきり涼しくなり、過ごしやすくなりました。
これからの季節は外出するにも気持ちがいいのですが、私は10月の買い付けを控え、
シッピング会社へのメールのやりとりやアンティークフェアのスケジュールに余念がありません。
イギリスでは毎日どこかの場所で小さな蚤の市やマーケット、フェアが開催されています。
特に10月は季節がら、国際的規模のフェアも多く、私も二週間余り、毎日びっしりと行程が詰まっています。

唯一、最後の楽しみはイギリス海峡のリゾート地で時間を気にせずに、
ゆっくりとアンティークセンターやアンティークショップを廻ることです。
また、ブログでいい報告ができれば、いいなあ。。。と思っています。




Dscn4354



今回もご注文ありがとうございます。

オーダーが重なったお品もありましたが、また探してきますのでよろしくお願いします。

次回の更新ですが、連休明けに予定しています。



2013/09/17

穏やかな日々

台風18号は日本列島を横断して、多くの地域に被害をもたらしました。
昨日は関東にも上陸接近するとの予報で、テレビに朝から見入っていましたら、
滋賀の実家のある町名が特別大雨警報地域に指定されているのを見て驚き
すぐに電話をしましたところ、幸いにも大事には至らずほっとしています。
被害に遭われた地域の皆様に心からお見舞い申し上げます。

今日は台風一過の青空で、急に秋めいてきて、
ようやく過ごしやすい季節の到来です。

豪雨、竜巻、台風と自然災害は予期せぬ時にやってきます。
いかに日々の穏やかな暮らしが大切か、身にしみて感じるこの頃です。


P1060228



10月はじめより二週間あまり買い付けに行きますので、その間の更新ができません。

9月中にできるだけ多くの新商品をアップしたいと思っています。

今回も使って楽しさを、飾って幸せを感じるお品をたくさんご紹介しています。

ご覧になってくださいね。



2013/09/15

ガラスドーム&クロッシュ

最近フレンチブロカントで人気を集めているのが、ガラスドーム
細長い筒型のドームは、グローヴドマリアドームと言って、結婚式の装身具が入っていました。
その歴史は古く1800年頃からと思われます。
当店も以前にご紹介したことがありますが、今回数個買い付けてきました。

フランスのアンティークにドーム型のガラスのアンティークを見かけます。
その一つがフランス語で、クロッシュ(CLOCHE)と呼ぶ“鐘”
それが転じて釣鐘型の覆いのことを、なんでもクロッシュと呼んでいます。

チーズやケーキ用のクロッシュは、食べかけのチーズやケーキの乾燥を防ぐためのカバー。
中には植物の苗などにかぶせて寒さから保護する、温室効果のあるカバーもあります。
台座のプレートは美しい装飾のガラス、陶器、木などを選べば、そのままテーブルに置けます。



1309152



中が見える透明なガラスドームやクロッシュは色々な物を入れて、
部屋の飾りとして楽しことができます。

近日中にアップしますので、もう少しお待ちくださいね。♪~*

2013/09/13

ホテル&イギリス料理

リンカーンの町は小さいながらも大きなホテルやメイン通りにはブランド店もあります。
宿泊したホテルは「Touble Tvee Hilton Lincoln」
ヒルトンの系列ホテルですが、ロンドンや東京のヒルトンと同じとは思わないでくださいね。
レイクサイドにあり、駅にも近くロケ-ションはとてもいいと思います。
それも、ちょうどチェックインした時、ロビーのフロントで迎えてくれたのが、
元JALの添乗員さんだったのも、ラッキーだったのかも知れません。
最上階にはプライベートルームも数室ありました。

湖はヨットハーバーになっていて、多くのヨットが繋留しています。
別名レイクはスワン湖といわれ、沢山の白鳥がいます。


130913hotel_lincoln_side



アンティークフェアがある日は、朝食もコーヒー1杯で、昼は昼で簡単に済ませ、
まともな食事は殆ど食べていないので、食事は楽しみの一つです。

生海老のブリーっとした食感が楽しめるサラダ
お馴染みのフィッシュ&チップスは、魚が飛び跳ねた形状に衣がたっぷり
ボリームの大きさに苦笑

おまけに、肉料理はハンバーク並の肉団子!
いつまでたってもメニューのカタログ選びに苦労しています。

後の席の老夫妻、甘いケーキに紅茶とシンプルだったけれど、
意外と、それが正解かも (・∀・)イイ!

最近は日本食、何ももっていきません。
イギリス料理がまずいと言われていたのは昔のこと。
島国のイギリスは海の幸が豊富で、シーフード料理が充実したレストランやバブが多いです。
どの国に行っても、その国の伝統料理を一度は食べるのが、
文化を知る上にも大切なことです。


2013/09/11

旅の風景・リンカーン大聖堂

リンカーンは買い付けで必ず寄る町ですが、旅行書には殆ど地名として掲載していません。
それは交通の便があまりよくないからです。
ノッティンガムから一時間に1便程度しか電車はありません。

しかし、リンカーン大聖堂は町の高台に立つ、イギリスを代表するゴシップ建築のひとつ。
マグナ・カルタの保管場所としても知られています。

映画「ダ・ヴィンチ・コード」では作中に出てくるウェストミンスター寺院には使用許可が下りなかった為、
その代わりの撮影場所になったことから、最近は観光客も訪れるようになり、
6月の買い付けでは、老朽化が進む城壁の修復作業がされていました。



P1060127_2

P1060133

P1060136


大聖堂内では屋根や塔、大聖堂内を回ることができ、城壁からはリンカーンの町が一望できます。
現在、城壁は3年かけて、修復される見通しで、その作業に応じて、入場料が値引きされます。
城壁の周りが通行止めになれば、ただってことも考えられます。
それでもマグナ・カルタはガラス越しに見られますよ!

P1060145


この大聖堂、心臓破りの急な坂の上にあり、上るのに一苦労。
坂道の両側には、ショップが軒を連ね、坂の上にもホテルや民家があります。
毎日ここに住んでいる人の生活は車がなければ大変だと思います。

それにしても、この急坂をランニングしている人がいるなんて!モヒャ━━!!!大丈夫?
坂を上がる前の道路の右側にアンティークショップがあります。

次回もこの町のホテルで宿泊することになりそうです。


2013/09/08

2020東京五輪・パラリンピック決定

一雨ごとに秋の気配が感じられるこの頃です。
今日早朝、2020年夏季五輪、パラリンピックの開催都市に東京が決定しました。
半分諦めていた東京での開催、一都民として、とても嬉しいことです。
49年前の東京オリンピックの時、私は中学生でした。
白黒テレビにかじりつき、観戦したものです。

これから7年間、課題はたくさんあります。
東京だけではなく全国への経済効果の波及、
そして、忘れてはいけないのは被災地の復興と、未来の希望
国民一丸となり、成功に導きましょう!



130908tokyo_gorin

我が家にも「号外」が配られました。

プレゼンテーションに臨んだ方たちの、喜びの顔・顔・・顔



Dscn6335



56年ぶりにあの感動が日本に帰ってくる。

それまでは元気でいよう!

喜びの日に新商品アップできたことは、光栄です。
どうぞ、ごゆっくりとご覧になってくださいませ。



2013/09/07

OB会で。。。

一雨ごとに涼しくなり、過ごしやすくなりました。
2020年夏季五輪オリンピックの東京招致が気になりますが、
明日8日夜には新商品更新の予定です。
詳細はメルマガ及びTOPページでお知らせします。
よろしくお願いします。

さて、昨日はこの仕事を始める直前まで、勤務していた某銀行で一緒にお仕事をしていた有志の会が池袋でありました。
現役時代からずっと続いていますから、もう何年になるのでしょう!
食事をした池袋、東武百貨店本館スパイス15Fからも、
勤務していた銀行が目の前に見えます。

参加者は今年は少なめでしたが、一年ぶりの同僚の笑顔、
皆さん少しも変わっていません。

.

130906



その中で中心的な存在のSさん、現役時代は仕事もできて、面倒見がよくて、誰からも尊敬されていました。
Sさんは、幸運の持ち主で、現役時代にもちょくちょく、宝くじがあたり、職場仲間にご馳走してくれましたが、
今年のはじめに年末ジャンボ宝くじが当選していたことに気づき、
それも100万円。。。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

本人はいたって冷静!

参加者全員に三越からのお菓子のおすそ分けをいただきました。
聞くところによると、これまで50人以上の人に、何らかのプレゼントをされたそうです!

やはり大物は器が違うわ!

チメチメしている人には宝くじは当たらないのですね (u_u。) シュン
どちらにしても私のように宝くじ買わない人には門外ですが。。。

今年の年末ジャンボは絶対買うぞ!
連番10枚。。。とびとび10枚。。。

懐石「美濃吉」の料理も、喋りつづけ笑いこけていた私ですから、
味の食感も覚えていません。 ヤレヤレ  コマッタ人ネ!




2013/09/04

Garden

台風の影響でしょうか?変わりやすいお天気の上
台風、豪雨、竜巻、地震と日本も安全な国とは言えなくなってきましたね!!!
それでも一雨ごとに涼しくなり、蝉の鳴き声も小さくなったように感じます。

昨日ガーデニングセンターに花を買いに行きましたが、お花も夏と秋のかど期
種類も少なく、終わりかけた花を買って来ました。

マンションのベランダの小さな庭ですが、四季折々の花が毎年咲きます。
一戸建ての大きな庭だったら、もっと彩り深い花が育つだろうとの憧れもありますが、
日々の仕事や雑用に追われ、到底お世話はできません。
このくらいのスペースで充分です。


ガーデン用のプランタンなども少しですが買い付けて来てます。



130904garden



今回一押しの「THE VICTORIAN GARDENS」のサイン
薔薇の装飾が素敵!

Hanging用のアイアンバスケット
渋い褪せた葡萄の実と葉っぱがアンティークらしい雰囲気

自然と調和した小さな暮らしの楽しみ
めぐる、めぐる人生のようですね!



2013/09/02

Furniture

九州宮崎へ週末に発送した家具2点
お昼過ぎに、無事到着したと宮崎からご連絡があり、家財宅急便でお届けしたのですが、
台風の影響で、九州全域が激しいで無事届くのか案じていました。
メールではなく「一言お礼が言いたくて」と律儀に遠方からお電話くださいました。

気に入っていただいて o(_ _)oペコッ よかった よかった。

今回も小ぶりのいい家具あります。

OLDパイン材に彫刻模様が施されたキャビネット
常連店のフランスの無口なムッシューから購入
私の秘密のお気に入りのショップで、朝一番に走って行っても、
すでに欲しいお品はSOLDの赤札が貼られている状態
それでもいいお品が多いので、毎度、必ず家具は入手しています。



130902display_4


ロング丈のペイントのハットスタンド

ジャガイモをむく時に座る椅子と収穫したジャガイモを入れるバスケット

可愛いものばかりでは、ありません。

身の周りの調度品、実用して楽しめるものなら何でも探してきます。



2013/09/01

荷物の中は宝の山

9月になっても続くこの暑さ、秋の気配も照りつける太陽の下では全く感じられない。
灼熱地獄とはこのこと。
荷物の開梱作業も、昨日夫に手伝ってもらいようやく終わりました。
今日は暑さで家におこもり。 トホホ…
なんとかディスプレイできて自宅ショップらしくなってきました。

商品の多さも半端なものではないけれども、梱包材料の多さにビックリ仰天!!
これから数ヶ月かけてご紹介していきます。

130902display_3 

東側のベランダに隣接する丸いテーブルの上にはウィローパターンのティーカップ類
シルバートレイの上に置きました。
美しい手描きの花柄のトリオもあります。

中でも特に気に入っているのは、繊細な細工と装飾模様が美しいシルバーのビスケットバレル。。。興奮気味。。
当店人気の陶器のビスケットバレルもパンジー柄など、可愛いアイテムばかり。

130902display

* * *

こちらのマホガニーのサイドテーブルには、バーボラミラーの祭典
よくも毎回違った形のバーボラを探してくるわと、自分で自分を褒めています。

中でもスタンド式のバーボラは珍しく、あまりの可愛さに涙がでちゃう( ´;ω;`)ブワッ 

この子たちは、永遠の住処を待っています。
皆さまには気に入ったお品がありましたでしょうか!

これはほんの一部のお品です。
時々、このような形で買い付け品をご紹介しますので、
ご覧になってくださいね♪

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ