« ホテル&イギリス料理 | トップページ | 穏やかな日々 »

2013/09/15

ガラスドーム&クロッシュ

最近フレンチブロカントで人気を集めているのが、ガラスドーム
細長い筒型のドームは、グローヴドマリアドームと言って、結婚式の装身具が入っていました。
その歴史は古く1800年頃からと思われます。
当店も以前にご紹介したことがありますが、今回数個買い付けてきました。

フランスのアンティークにドーム型のガラスのアンティークを見かけます。
その一つがフランス語で、クロッシュ(CLOCHE)と呼ぶ“鐘”
それが転じて釣鐘型の覆いのことを、なんでもクロッシュと呼んでいます。

チーズやケーキ用のクロッシュは、食べかけのチーズやケーキの乾燥を防ぐためのカバー。
中には植物の苗などにかぶせて寒さから保護する、温室効果のあるカバーもあります。
台座のプレートは美しい装飾のガラス、陶器、木などを選べば、そのままテーブルに置けます。



1309152



中が見える透明なガラスドームやクロッシュは色々な物を入れて、
部屋の飾りとして楽しことができます。

近日中にアップしますので、もう少しお待ちくださいね。♪~*

« ホテル&イギリス料理 | トップページ | 穏やかな日々 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ