« 骨董市 レポート | トップページ | アンティーク家具の魅力 »

2013/11/20

海峡の街 Brighton-2

いきなりですが、ブライトンの街のつづきです。

この先からお店が少なくなり、住宅地に入ってしまうかのように見えますが、
そのまま道なりにBriston Road(ブリストル・ロード)を歩いて行くと

P1060701

アレックスのショールーム
がある。一見閉まっているように見えますが、

ドアには完全予約制で、OPENしているようです。

P1060702 

そこから旧教会のBrighton collegeの建物が見えて来て、

ここからが本格的なKemptown(ケンプタウン)

P1060698


「WILLAM MORRIS ANTIQUE」


本格的なオブジェのようなアンティークも多く、持って帰りたいようなお品もありました。

そうかと思うと、鳥かごから絵画、陶器のキャニスター。。。

椅子は天井から吊るされ、アンティークからヴィンテージまで、所狭しと並ぶお店もあります。

P1060696

こんなところに、レトロな八百屋さん「PROTO GREENGROCERS」

Photo

店頭の可愛い荷車の上には切り花が売られていた。

最後の「トドメ」はこの角の可愛い雑貨が並ぶ荒物屋さん「ハードウェア・ショップ」


P1060695_2 

まあだっと、こんな感じですが、

人々の生活の中にアンティークが溶け込んでいるような街です。



« 骨董市 レポート | トップページ | アンティーク家具の魅力 »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ