« 霜月去り | トップページ | 癒しのAngel »

2013/11/28

輝くモノは美しい

紅葉も見どころ過ぎて、風に吹かれて終わりに近づいています。
暦どおり、寒くなって来ました。

新商品には沢山のご来店、ご注文ありがとうございます。
新商品のブローチは完売しましたが、
今回ジュエリーはたくさん買い付けて来ています。
これからも順次ご紹介していきますので、宜しくお願いします。

年末年始の装いに、ちょっと輝くアクセサリーをプラス・アルファするだけで
華やかな装いになります。
今年はキラキラと輝くガラスやストーン(天然石)が流行のようです。

アイリスグラス、イギリスではレインボーグラスと呼ばれていますが、探すのに一苦労。
神秘のガラス「サフィレッドグラス」が希少なジュエリーグラスであったように、
品薄なのは、どうもどこかの国のバイヤーが買い占めているようだと、ジュエリー専門店の店主が話していた。
希少になるほど、欲しいのは人間の心理!やむを得ないことです。

+ + +

輝きといえば、ブライトンでのホテル、観覧車の真ん前のホテルでした。


P1060616

夜になるとライトアップされてこんな感じです。


P1060726


キラキラと輝いてとても美しいです。
向こうに見えるのは【ブライトン・ビア】こちらも夜はライトアップされます。

P1060708_2

美しいブライトンの夕暮れの海岸線


華やかなリゾートライフって感じですが、リゾート地としての歴史はイギリスで最も古く、
1750年代頃からすでにロンドンの上流階級の人々の保養地として賑わっていたとのことです。

語学学校が多いことから、日本からも沢山の学生が学んでいます。


« 霜月去り | トップページ | 癒しのAngel »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ