« 海峡の街 Brighton-2 | トップページ | 霜月去り »

2013/11/23

アンティーク家具の魅力

今週も運転免許書の更新など、、、あわただしく過ぎて、週末を迎えています。
そんな中ですが、来週の更新の準備もしております。

少しでも長く楽しんでいただきたくて、
チェコガラスツリーのご紹介を優先してご紹介して来ましたが、
次回からはアンティーク家具も少しずつアップしていきます。

今回ご紹介の家具

座面がニードルポイントのロングスツール

Dscn7743


「カブリオールレッグ」と呼ばれる美しい湾曲した脚(猫脚)

「ニードルポイント」が施された花柄の座面

ロココ時代に流行した家具の1つです。

ルイ15世様式のローボーイ

Dscn7772



フランスのルイ15世在(1716年~)に流行した様式を再現したマホガニーの家具

この時代の家具は王侯、貴族の権威を表す大ぶりで重々しい形の家具が主流でしたが、

ナイトテーブルやローボーイ(小ぶりなチェストの意味)は非常にフォーマルで、

装飾にはブロンズの金メッキが好まれました。


私がまだアンティーク家具を買い付ける前の秘話ですが。。。。
アンティーク家具を中心に販売しているアンティークショップで、
店内にあった素敵なチェストに一目惚れ、
その昔、イギリスの医院で使われていた什器らしいのですが、
多種多様の引出しがいっぱい付いていて、
お値段も良心的な価格だったので、本当に買う気になっていたところ。。。
オーナーが「この家具は実は80%原型を留めていないのだよ。!!!
殆ど捨てられそうになっていた家具をショップの工房で、修理して甦らせた。。。」と
おっしゃいました。
その言葉を聞いて、一瞬買う気も失せましたが、本音を語ってくれた店主には、
今でも感謝しています。
彼は
「ほんもの」のアンティーク家具の著者です。

当店は修理工房もありません。現地で状態と価格で判断して買い付けて来ています。
もちろん古い家具ですから、多少のキズや汚れなどもありますが、
そのままなおさず実用していただける家具しか販売していません。
今まで、何百の家具をご紹介しましたが、皆さんに喜んで実用していただいています。

家具を買うのは、新築やリフォームなどの特別なことがない限り、躊躇されるのは
当然なことだと思いますが、家具は小さなアンティークの引き立て役でもあります。
そんな目で、部屋の中を眺めてみてください。




« 海峡の街 Brighton-2 | トップページ | 霜月去り »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ