« Blog shop 開設します | トップページ | スージー・クーパー“チューリップ柄” »

2013/12/10

ツリー

12月も中旬になり、暦どおりの寒さになって来ました。
朝、起きる時、お布団から出るのがだんだん辛くなってきました。
周りの人の歩く姿も足早に見え、年の瀬を感じます。

本日新商品アップしました。
気忙しい師走ですが、お時間があるときにでもご覧になってください。


日本も欧米並みに、クリスマスツリーやリースが飾られています。
夕方、近くの国立音楽大学でオーケストラの定期演奏会があり、二時間半あまりの演奏に
「ブラボー」の叫び声。。。
大学のホールの前には幾つもの鐘をあわせた大きなツリー型のオブジェがあります。
こちらは常設ですが、お隣の拓大一高の玄関にはイルミネーションがきらびやかな
ツリーが飾られていました。
高校にもツリーの時代?

それで思い出したのは12月のロンドン
コロンビア・ロードの日曜日の花市
大きなモミの木がたくさん売られています。
こんな大きなツリー、車に乗せるにしても、どうして持って帰るのかしらと思っていたら。。。



P1010640


こんなふうにすれば、開いた枝も網状のビニール袋にコンパクトに収まります。

よく考えたものだね!と感心して見ていました。


« Blog shop 開設します | トップページ | スージー・クーパー“チューリップ柄” »

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ