« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014/01/31

散歩

1月末日をもちまして、セールは終了しました。

期間中は沢山のご来店ご注文ありがとうございました。

この場を借りて、お礼申し上げます。



心配をおかけしていました風邪も、すっかりよくなりました。
風邪薬も飲まず、医者にも行かず、自力で治しました。
2分もかからない所に内科医院があるのですが、インフルエンザも流行っていることですし、
隔離室があるわけでもないので、2次感染したら、本も子もありませんので。。。
昔からあまり風邪をひいたことがなく、
他人事のように思っていましたが、
かなりつらいものがあります。
風邪くらいとあなどってはいけませんね。。
・゚゚・(≧д≦)・゚゚・

とにかくビタミンCが多く含まれた果物や消化のいい食事をして、8時間以上は寝ていました。
2日間、家でおとなしくしていたので運動不足で、、、

今日はあたたかい午後の昼下がり、
散歩を楽しみました。
目的もなく歩くのもどうかと思い、私の大好きなパン屋さんまで散歩することに。
パン屋さんまでは一駅、歩くと20分くらいかかります。
往復40分あまり、いい距離です。


行く道すがら、鳥の鳴き声、ふと青空を見上げると、木の実を食べる鳥たち
思わずケイタイカメラで、撮った画像、鳥の姿がわかりにくいです。
私にはどこにいるのかわかりますが3羽います。


Dvc00016


このパン屋さんのお気に入りは「五穀米ブレンド
毎日3本しか焼かないので、電話で在庫があるのか、確認して予約してから行きます。
今日はたまたま一本残っていてラッキー
何もつけないで、このまま食べてもすごく香ばしくて美味しい。
お店の名前は「
sugar」さん


Dvc00017



まもなく2月、またがんばりまっせ!(この関西弁はいいね)




2014/01/29

春待ちアイテム

新商品のご注文ありがとうございます。

昨日から悪寒がして、○○は風邪をひかないなんて嘘のようですね!

ですから、今日は家でおとなしくしています。


比較的あたたかな日が続いているので、一気に開梱作業を。。。と思っていましたが。
今時の風邪はこじらすと大変ですから、もう少しガマンします。


2つのチェストの引き出しに詰まっているアイテムを開梱するだけでも数時間かかりました。
ある程度開梱しましたら、素敵な
春待ちアイテムお見せします。

下記の写真はイギリスで撮ったものですが、倉庫、テントの中は、まるで戦場です。
ゆっくりコーヒーでも飲みながらなんて、言っておられません。
フランスのホーローアイテムも今回は、状態のいいのが見つかりました。


P1060591_2

P1060602_2


寒い時期ですが「春待ちアイテム」楽しみにお待ちくださいネ!


早く風邪治さなくては。。。




2014/01/27

新商品のご紹介

今年初めての新商品ご紹介しました。

この間、新年を迎えたばかりなのに、もう立春もまもなくです。

時が経つのは早いものですね!

今年は寒さも厳しいですが、昨今の寒暖の差は、体に堪えます。

皆さんも体調管理に気をつけて、あたたかくなる春を待ちましょう。

それでは、ごゆっくりと新商品をご覧になってくださいませ。

2008年の1月下旬から2月上旬にかけてイギリスに買付けに行った時のこと。
2月は酷寒と思っていたのが、拍子ぬけ。。。
ロンドンから南のアランデルはあたたかかった。

ちょうど地元のシティーホールで開催されていたアンティークフェア
中年のオバチャンたち、買い求めたアクセサリーの品評会?
どこの国でも同じですね 
(o^-^o)

P1000196



交わしている言葉さえ、わかるような。。。そんな雰囲気でした。




2014/01/26

南房総半島バスツアー

ポカポカ陽気の24日
日帰りバスツワーで南房総に行ってきました。

春先取り!房総の海の幸と花摘み、穏やかな1月下旬の小さな旅
新年早々からのセールや発送、買付け品の搬入などで、ちょっとお疲れ気味
発送も一段落して、終日仕事から離れた時間は心の洗濯と、ストレス発散にもなり、
幸せなひとときでした。

房総半島といえば、お花畑でも有名ですが、
四季折々の花が咲く「おおつの里」の花倶楽部では、
ストック、金魚草、ポーピー、が咲いているのはわかるけど、
ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)やブーゲンビリアが咲いていたのには驚いた!
昨年1月の沖縄を思い出した。

園内は勿論切り花もたくさん販売されていますが、
7本300円とお買い得な「花摘み」の体験もできます。

 

P1060834

140124_3

花の少ないこの時期

花を観賞するのはいいものですね!

一度に春が来たようです(*^_^*)

房総半島の先端の安房神社にも参拝

旅行行程も盛り沢山だったけれども、中でも海が広がるアクアラインの

「海ほたる」見学が印象に残る

行きは穏やかな海


P1060830

帰路は日没の太陽が沈む。。。遠くにほんのりと見える富士山が、また美しい!

強風で海は波立っていた。

やはり冬の海、凍みるこの体感がわたしは好き。

P1060855



朝の番組で「休む力」をテーマに放映されていたけれども、
日本は他の国と比べると、有給休暇をとりにくい国
フランスの100%と比較すると36%ですって!
休むことは、怠けることでもなく、サボることでもない大切なことだと思う。

明日への活力にもつながるし、また違った自分に出会えるから。

 

2014/01/23

新生活にジュイのベットカバー

荷物の開梱作業をしながら、次回の更新準備もすすめています。

丁寧に梱包された薄用紙やプチプチ紙から取り出す作業は、私としては再会でもあり、

現地では夢中で買い付けていますから、じっくり見る余裕も時間もない即決のモノもあります。

じんまりと眺めて、少し興奮気味です。

週明けには新商品ご紹介の予定です。


今回は春らしい明るい色目のお品をたくさん買付けて来ています。
3月になれば、就職や転勤、大学入学で親元を離れ、新生活をする人も多いことでしょう!
随分前になりますが、女性弁護士の講演を聞きに行った時
彼女曰く「二人の息子は二十歳になれば、家から追い出す」
つまり独立させて、自立させるとお話になっていました。

我が家も、似たりよったりで、海外赴任や自宅から通勤が遠く、
二人の息子は家から離れていきました。
寂しいけれど、子どもはそのようにして巣立つもの。

ちょっと珍しいアイテムをpick upしますと、
アンティークフェアで、いつも素敵な布を持って来ているフランス人の女性のデイラーさん
気に入った柄と、大きなサイズの布が多いので、とても気に入っているお店ですが、
毎回ブースが変わり、広い会場で探すのが一苦労(´Д`υ)アセアセ
山積した布の山から、見つけたトワルドジュイのシングルのベットカバー

一枚は表裏が同じパープル色のジュイ
もう一枚はリバーシブルです。


Dscn9020_2 

Dscn9044_2


中にはベットパッドを入れることもできます。
おしゃれなフランスからの贈りもの。
新生活にはこんなアイテムもいいのでは。。。と選んで来ました。




2014/01/20

荷物搬入日リポート

昨日の強風もなく、穏やかな比較的あたたかなお天気に恵まれ、
搬入の作業は無事、スムーズに終了しました。
やれやれと一息つきました。
昼間の時間がこんなにも有効に使えるなんて、久しぶりに実感した一日でした。
早朝のの電車に乗って、品川駅へ。。。
すでに通勤ラッシュで、最寄駅でさえ座れません。
大井町の駅ビルの喫茶店で熱いブラックコーヒーを飲んでほっとして、
レンタカーのトラックの助手席に乗りいざ出発進行。

今回の保全倉庫は初めて行く建物、倉庫の周りは待機中の大型トラックの列。。。

Dvc00003_2

手続きを済ませ、荷物をフォークリフトでトラックに運んでもらい、首都高速を突っ走る。

何回、通っただろう!この首都高

東京オリンピックの時に建設された道路、老朽化が進む。


Dvc00007

Dvc00004_3

都心を走る首都高速道路、右手には東京タワーが間近かに見える
(走行中で、ケイタイカメラがぶれる)

Dvc00008_2

新宿に近づくと、知事不在の都庁も見える。

Dvc00010_2

毎回同じような荷物が山積していますが、中身は違います(o^-^o)

Dscn9058
また、カニさん状態で歩いています。

Dscn9060
ちょっと珍しい家具や調度品も買付けています。

Oldpainfurniture


オールドパインの、使い勝手がいい、手頃なサイズの家具もあります。

この家具の引き出しにも、綺麗に梱包されたアイテムが詰まっています。

今回は驚くほど、丁寧に梱包されていて◎◎の満足度です(/ ^^)/アリガトウ

除々に開梱して、ご紹介していきますね m(_ _)m



2014/01/18

まもなく買い付け品到着

新春セールには沢山のご注文を頂き、心からお礼申し上げます。
お蔭さまで在庫のスペースもだいぶん空き、到着の新商品を収納できる見通しとなりました。
セールは31日迄で、終了後は元のお値段に戻りますので、再度チェックをして下さいますようにお願いします。

さて、セールを見込んで、イギリスからの船便の出航を1ヶ月遅らせて、先日多少の遅れが生じたものの、
東京港に無事到着しました。
昨日は難関な税関審査も無事パスして、20日に我が家に荷物を搬入することになりました。
以前はこの一連の業務を業者に委託したこともありましたが、経費削減の為、
リタイヤした夫がするようになりました。

主人は私のアンティーク屋の仕事に、何も文句は言いませんが、この作業だけは大変らしく
毎年変わる税率、その都度代わる中間貿易会社(今回は初めて大阪の会社でした)
保全倉庫の連絡などに振り回され、一番苦手な作業になっています。
しかし、どんな仕事も、楽な仕事はありません。苦難あり楽ありの繰り返しです。
最近は個人輸入も以前とは違い厳しい審査になっています。
特に、食品衛生法にかかわる食器類や布などは検査が厳しいです。
車ごとのX線検査は常習になり、その上犬を連れた検査員が荷物の抜き打ち検査をする場合もあります。
1つのお品が、皆さんのお手元に届くまでには、多くの時間と手間がかかっています。
今までも、これからも手にするアンティーク&コレクタブルの数々、大切にして使っていただければありがたいと思います。


140118


一年で一番寒い時期ですが、土の中には春の草花が早くも芽吹き、
わが家の庭のプランタンにもヒヤシンスの花芽が小さく膨らんでいます。
愛らしいフランスのプレート、フランス人のディラーさんからたくさん買い付けて来ています。
その他何百という数のアイテムがまもなく到着します。

次回の更新を楽しみにお待ちくださいませ♪

インフルエンザ・ノロウイルスも流行しています。
皆さまも風邪の予防対策をしっかりとして、良き週末をお過ごしください。


2014/01/16

薔薇の手彫りジュエリーBox

 
美しい薔薇とリボンのモチーフの手彫りBOXのご紹介です。
買い付けてから一年あまり、ご紹介せずに置いてあった秘蔵品です。
蓋の部分は木の材質を繊細に彫られ、鑿(のみ)の跡が模様として残っております。

木彫りBOXのシェーブも長方形の箱型ではなく、なだらな形の側面です。
大きなアクセサリーや貴重品も十分収納できます。
経年により、色合いも、まったりとアンティーク色!

見るもの、手にするとき、何を入れようかと夢が広がる宝石箱です。




Dscn8927

Dscn8928
Dscn8929
Dscn8930_3

Dscn8931
Dscn8935

...

画像はクリックすれば拡大します

【商品名】140116 薔薇の手彫りジュエリーBox 1930年代 イギリス

読者限定価格: sold out  ご注文ありがとうございました  
  

サイズ約20cm 約13 cm 高さ10,5 cm(脚の高さ含む)
    
コンディション特にダメージはありません。良い状態です。

ご注文は order-mail 又は cy-yagi@nifty.com にご連絡ください。

また、サイトショップオーダーメールメールアドレスからもご注文できます。




2014/01/15

アトリエ訪問

昨年の10月の帰国後、クリスマスのイベントには是非お会いしましょうと、電話で話したことが
まだ、夢のようです。
その後、11月の始めからご主人の赴任先のフィリッピンのレイテ島タクロバン滞在中に
猛烈な台風が直撃して、命からがらご主人と一緒に生還されました。

私もニュースを見ながら心配でしたが、現地の状況が把握できず、
数日後、無事日本に帰国されたことを、彼女のブログから知りました。
かなりのショックを受けておられることは想像しておりましたから、
心のキズが癒えてから、お電話することにしょうと、思っていましたら、彼女からメールがあり、
年明けに、昨年新築された「アトリエ」にどうぞ。。。とお誘いを受け
正月三が日を過ぎた1月4日にお家のアトリエを訪問しました。
最寄の駅まで、マイカーで迎えに来てくださったMさん、数年ぶりの再会です。
お元気な姿を見て「うるり(ノ_-。)」ときました。

クリスマスツリーも片付けずに、たくさん飾ってくださっていました。
玄関から一歩足を踏めば、教会風の窓がとっても静かで厳粛な気持ちになり、
アトリエを新築された時、当店で購入されたキャビネットのパネルを広いリビングの出窓の収納棚の扉に使っていただいています。

多くは語らなくても、まず私が撮った写真をご覧になってください。




Dscn8904_2

チャペル風の屋根の壁面の大きなウォールライトはアメリカから取り寄せられたもの。
中央はアイアンのキャンドルホルダー

Dscn8899_2

こちらは当店から購入されたアンティークパネル、もともとはキャビネットの扉でした!
本人はガラスのノブを中央に付ければよかったとちょっぴり反省


ここからは私の好きな風景♪。♪。

Dscn8901
大きなミラー、シェルフになっているのが素敵!

Dscn8902

当店のブラウン色のマットなコランダーも小さなキッチンでさまになっています


Dscn8909

トールペイントの作品の数々。。このアーチ型の棚 Mさんの大のお気に入り施工

Dscn8910_2

アンティーク屋はこんなステンドグラス、可愛い照明に惹かれる。

Dscn8911_2

最初にいただいたミルクたっぷりの紅茶、カップが彼女の雰囲気にぴったし!

Dscn8897

最後に飲んだ紅茶、一目でイギリスの「パラゴン社」のC&Sとわかった。
ニューヨーク滞在中に購入された最初の思い出のお品とのこと。
花鳥風月の柄がとっても美しい!

Dscn8912


Mさんのお家、私の住んでいる東大和市の境界線上にあります。
土地勘のない私は後で、ビックリ仰天 モヒャ━( ゜Д゜)ハッ!

★Mさんのブログには、すでに「8trees」の記事も掲載してくださっています。
 
アトリエの全体の画像もご覧になれますので、是非→Sweet Heartへゴー
 ここちよい刺激をうけてくださいネ!



2014/01/13

old trinket silver Basket


新成人となられた20歳の皆さんおめでとうございます。

明日の社会を担う力になって下さい。


小さなシルバーのバスケット型の装身具(宝石)入れのご紹介です。

イギリスで買い求めた正式な名前は「Old Trinket Basket in Silver」

シルバ-(純銀)は923の刻印が入っています。

ハンドル付きの両開きの蓋のバスケット(バニエ)型で、シルバー製は大変珍しいです。

1920年代のお品で、シルバー特有のくすみも若干ありますが、

とっても可愛くて、実用性があります。



Dscn8920_2

Dscn8921
Dscn8922

Dscn8923_2
Dscn8926_2




画像はクリックすれば拡大します

【商品名】140113 Old Silver Basket 1920年代 イギリス

読者限定価格:sold out  ご注文ありがとうございました  
  

サイズ:6,8cm 横:10cm 高さ:5,5cm(バスケット部分) ハンドルの高さ:約5cm
    

コンディション全体的に見て、ダメージもなく良い状態です。
         
古い時代のシルバーの汚れやくすみはシルバー専用磨きでかなり綺麗になります)

ご注文は order-mail 又は cy-yagi@nifty.com にご連絡ください。

また、サイトショップオーダーメールメールアドレスからもご注文できます。





2014/01/11

小さな可愛いヨーロッパ

JR原宿駅から一本脇道に入るとブラームスの小径へ・・・。
喧騒から、静寂へと、原宿や表参道には、このような隠れ家的なお店が点在しています。



Dvc00049_2

Dvc00050_2_2 

Dvc00037_2

窓際の席、アンティークの灯りが、とってもロマンチック。
室内の調度品もアンティーク。
でも、なぜかアンティークの照明に心がときめく。
ルネ・ラリックやエミール・ガレのような美しいガラス工芸の照明が随所に飾られている。



Dvc00039_2

Dvc00034_2

Dvc00045_2

エントラスの薔薇のシェードと薔薇をモチーフにしたシャンデリアは華麗で斬新。
マネージャーさんの話によるとウン百万円もした逸品とのこと。
鹿鳴館時代の建築様式を取り入れた2階、3階に上るらせん階段の天井には
名窯マイセンの大きな陶磁器の花のシャンデリアがぶら下がっていた。
1千万円近くしたそうです。
照明だけでも「ジャルダン・ド・ルセーヌ」のグレードの高さを感じます。

140108


時を忘れる空間と、時を超えたワンダーランド

原宿に来たら・・・もう一度行きたいお店です。


※ケイタイカメラより撮影


2014/01/09

明治神宮のサプライズ


セールにはたくさんのご注文を頂いております。

本当にありがたいことです。

只今、発送作業を順次しておりますが、1日に梱包する個数も限られております。

できるだけ早く、連休中も梱包作業に専念して頑張りますので、ご理解のほど、

よろしくお願いします。

さて昨日8日、京都から上京されたお客様のHさんに都内で会いました。
西も東もわからない大都会東京、一度や二度来た程度では、変わりゆく東京に、すんなりと事が運ぶことはありません。
何とかハプニングを乗り越えて原宿駅にたどり着かれました。

アンティークの大好きなHさんに、少しでも東京を楽しんでいただきたくて、
原宿駅・竹下口近くのブラームスの小径にあるフランス料理店「ジャルダン・ド・ルセーヌ」に前日予約を入れておきました。
TVドラマの舞台にも登場した、すばらしいロケーションです。
お店の様子は後日、たっぷりとご紹介いたします。

ランチの後、近くの明治神宮に行ったことがないとのことでしたから、お正月でもありますし、参拝することにしました。
京都は神社、仏閣も多いのに、参道を歩きながら、あまりの広さに驚いておられました。


Dvc00051_2

参拝客の様子が何だか変?
皆さん帰らずに、何かを待っています。
境内の警備員の方に聞くと、3時より、東西横綱の白鵬、日馬富士による手数入り(=土俵入り)が奉納されるとのこと。

 これは見なくちゃ。。。20分ほど椅子に陣取り待ちました。

Dvc00057_2

Dvc00060_2
目前で見ました!白鵬。。大きかったで~す w(゚o゚)w

Dvc00053

日馬富士も堂々として、貫禄十分!!

Dvc00054


初詣で賑わう御社殿前で多くの参拝者が見守る中、ともに披露した不知火型(しらぬいがた)の土俵入りは
多くの参拝者から「ヨイショ!」の歓声が湧き起こっていました。

Hさんも予期しないサプライズに興奮気味。
いい思い出となったようです。
京都で帰りを待っている家族や二人のおばあちゃまに沢山のお守りを買われ、
帰京されました。

今年もお正月から良いことありそうね!と笑顔の二人です。

★画像は携帯カメラで撮りましたので、よく撮れていませんが、迫力だけはあります。
 明治神宮HP、ネットの動画サイトでも1月8日の記事が配信されています。



2014/01/06

始めましてベアです おめでとうございます♪


新年あけましておめでとうございます。
恒例の新春セールも本日6日(21:00)よりスタートします。
半期に一度の破格のセールですので、気になるお品をゲットしてくださいね(o^-^o)


2014年の年始にふさわしい、わたくしジャンボベアです。
今年も大きな夢と希望をもって明るく前進していただきたいので、登場いたしました。
当店で、こんな大きなベアちゃんをご紹介するのは初めてです。
ベアコレクターさんからお譲りいただきました。

容姿端麗、男の子?女の子?
とにかくメチャクチャ可愛いです!
頭、手足は自由に動きます。
中は藁の詰め物がぎっしりと入っていますので、体重は2,3キログラムあります。
お家のマスコットに、ショップのキャラクターとして可愛がってくださる方のもとに
お届けしたいです。

収益金はユニセフ基金に寄付をいたします。

世界には衣食住もままならない、大勢の人々、幼い子供たちが飢えに苦しんでいます。
お正月なんていう、楽しみもなければ日々の糧で精一杯なのです。
お値段も20,140円と縁起をかつぎ、おめでたい価格にしました。
この売上金が、少しでも多くの苦しんでいる子供たちの「心の糧」になるように、
ご協力をお願いします。


Dscn8913
Dscn8914
Dscn8917_2
Dscn8915_2

Dscn8919 


画像はクリックすれば拡大します

【商品名】140106 ジャンボ テディベア 1930年代 イギリス

読者限定価格: sold out  ご注文ありがとうございました 
 

サイズ身長:75cm 座高:約50cm 体重:2.3kg 肩幅:約25cm(肩~肩の幅) 
    

コンディショングッドコンデション

ご注文は order-mail 又は cy-yagi@nifty.com にご連絡ください。

また、サイトショップオーダーメールメールアドレスからもご注文できます。


2014/01/02

元旦

新年あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

こちらはあたたかな元旦をむかえ、帰省した息子とお雑煮、お節を頂きお祝いし、

近所の神社に皆で参拝して、家内安全、商売繁昌をお願いし、

今年一年の皆様の健康とご多幸をお祈りしました。


Dscn8891
2014



休み明けには恒例の新春セールを開催します。

欲しかったお品が大幅にプライスダウンになります。

どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。


« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ