« 暖かな日曜日 | トップページ | バージョンアップ »

2014/02/04

グローブ・ド・マリエ ウェディングケース

汗ばむほどの陽気と春のような暖かさに、異常としか思えないような気候から一変して、
今日は気温は急降下、10度以上の温度差に、これからどうなることでしょう!

順に、蔵出しじゃなくて、開梱も進んでいますが、まだまだです。
昨日は、グローブ・ド・マリエの後ろ側を外し、中のホコリのお掃除、
レアなホウロウのバケツやガラスのビスケットジャーを洗ったり、
お天気の日でなければできないような作業で一日が過ぎてしまった。
アンティークと呼ばれるものは、勿論コンディションが良いというのが基本ですが、。。。
買付けた時は、装飾品以外は殆どの物が、薄汚れているのが普通です。

綺麗にお手入れしたりして、皆さんの元にお届けしています。
この作業を10年間飽きずにしているわけですから、楽しい日もあれば、嫌な日もあります。
特に冬場は手は荒れるし、寒いし挫折感を味わうこともしばしば 
ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ
気持ちの乗らない時は、やめるのが一番、
そんな調子の店主ですが、やる時は人一倍がんばり屋さんですから、
お付き合いお願いします。

さてグローブ・ド・マリエ(Globe de mariee)ってなに?
1880年~1900年頃にかけてフランスで作られた結婚式で使われた花嫁の髪飾りや
結婚指輪などをガラスケースに収めたものです。

こちらは、背面はミラー付きで、グローブ・ド・マリエでは見たことがない側面からも見えるオーバル窓付き、
布花の髪飾りやワックスフラワーのウェディングドレスの飾りに加え、
新郎の胸元を飾ったバーボラの青花のお花が添えられています。




Dscn9209_2

Dscn9220

Dscn9212_2
Dscn9235_2


画像は20枚あまり撮りました。

どこの国でも結婚式は人生の一大行事ってことですね!




« 暖かな日曜日 | トップページ | バージョンアップ »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ