« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014/03/30

羽田~初フライト

3月の終わりの日曜日は雨
咲き始めた桜も、ちょっぴり寂しそう!

ご注文いただきましたお品の発送はすべて終えました。
ご協力ありがとうございます。

出発も近づきましたが、まだまだ準備はこれからです。
携帯の機種を替えたので、アラーム設定など、覚えるのも大変。
海外での買付けのPURCHASE ORDERなどすべて英語で書かなくてはと思うと気が重く、
フェア先によって乗車する駅も違い、大きな駅ほど鉄道の時間表を前もって調べておかないと、
日本の鉄道とは違い、曜日、特に日曜日は工事などで運休の場合もあります。

一人旅は何回行っても楽のようで、そうでないような不安材料がいっぱいですが、
もう行くしかないです。


今日、羽田→ロンドン便が初就航されました。
テレビのニュースでも報道されましたが、これからは成田と羽田の国際便ターミナルとなります。
JALの座席も新機種に替わり、エコノミークラスも10cmも広くなりました。
羽田からの初フライト、少しでも快適な空の旅になればと願っています。

満開の桜の花を見ないまま旅立ちますが、日本食もしっかり食べて、「ごちそうさま」

Dscn2730_2

Dvc00019




それでは、素敵な出会いを期待して Good Luck  



2014/03/27

アンティーク私考

3月も、何とか頑張って68点のお品を更新しました。
毎日、たくさんの方にご来店いただいて心より感謝しています。
ひとまず3月の新商品のご紹介は最後になりますが、また4月中旬以降には、
素敵なアンティークをご紹介したいと思っています。


ネットショップを始めた10年前は、一度に80点の商品をご紹介していたのですから、
今から考えると、信じられないようなことです。
時の流れは、アンティークブームから次第に断捨離ムードに。
しかし、どんなことでも、頂点を極めれば、後は下向するしかありません。
アンティークはもともとブームなんかに左右されるものであってはいけないのです。

私がまだバイヤーとしては初心者の頃、ロンドンのアンティークショップで、
一人の婦人と会いました。その女性は渋いシックなお皿を手にして、数枚購入しました。
私には、購入するほどの魅力を感じなかったプレート。
お店のオーナーさんはこの婦人のために、
色々地方をまわって、そのお皿のシリーズを探してあげているようです。
婦人はマーケットが開かれる曜日に日参しているらしく、そのお店の常連さんでした。

日本に帰国してから、その婦人のことが気になりはじめ、色々空想しました。
きっと、あのお宅には、シックなモスグリーンのプレートがキャビネットか壁のシェルフに
ずらっと飾られているのでしょう!白い壁と相まって。
あくまで想像にすぎない自分の世界ですが、それはそれで、本当に楽しい時間です。

最近は100円ショップも実用的な物が沢山ありますが、これも、いずれは断捨離に。
断捨離とは、モノへの執着を捨てることが最大のコンセプトですが、
執着心があり、捨てられない物があってもいいのではありませんか。

10年、20年と使っているキッチンまわりの古いものたち。
不便と感じたことは一度もありません。
同じ物がないと思えば、むしろ愛着が深まるばかり。

生きている限り使い続けたいですね。

140327blog3

2014/03/24

春の珍味


春うらら あたたかくなって来ましたね!
この陽気で、ずいぶんと桜の蕾がふくらみ、開花が待ち遠しいです。

今週も24日~26日まで、毎日数点ずつですがご紹介していきますので、
宜しくお願いします。


春野菜も、そろそろ店頭に並ぶようになりました。
たらの芽、竹の子、みょうが、ふき、どれも料理によって、味わい深く美味しいですね!
たらの芽は天ぷらにするのが一番おいしいのかなぁ?

築地の「山庄商店」で珍しい野菜買いました。沖縄のベビーコーン
実だけのコーンは食べたことがあるのですが、皮付きひげ付きは初めて

店主の奥さんは、トースターで、皮のまま10分~15分程度焼けば大丈夫と言っていたけれど。。。
夫がネットで検索して、アルミ箔に包んで焼いたため、一向に焦げ目がつきません。
それで、じかに焼いてみたら、香ばしい香りと味
コーンの周りの薄ひげがまた珍味。。。こちらも食べられますので捨てないでね エッ....?



Dscn0868

Dscn0869


春野菜は期間が短いですから、機会を逃さず味わいましょう!

それでは、今週も元気で過ごしましょう。


2014/03/22

歌舞伎座

築地市場を後にして、10分程度歩いて、「築地本願寺」に参拝しました。
都内の代表的な寺院で、古代インド様式の釈藍が有名です。

ちょうど春分の日を中心とした一週間、彼岸(お浄土)のことを思いながら聞法する法要が
行われていて、食事の後で、お経を聞きながら眠くなって。。。コクリ。。。コックリと睡魔が襲う。
ましてや夫も私の実家も浄土真宗、お浄土のご先祖さまお許しを!

また、ちょうど1年前に新しくなった「歌舞伎座」にも立ち寄り、
もし「幕見席」の当日チケットが買えれば、一幕を観劇してと思っていたのですが、
あいにくその日の演目は、人気の坂東玉三郎と中村七之助の「二人藤娘」ににんふじむすめ

早くも夜の部を並んで待っている人がいるほどで、チケットがあるはずもありません。



P1060915_2
P1060916_2

新しくなった「歌舞伎座」のタワー5階には屋上庭園やカブキザギャラリーもあります。

新歌舞伎座の屋根瓦が一望できる場所があり、庭園内に置かれた旧瓦を眺めながら時代の流れを感じました。



14march_2

最後のお目当ては、地下一階のショップ兼お土産コーナーで

名物の「豆大福」が買えて大満足(*^_^*)


140319



自宅の近くの喫茶店で人目を気にしながらコーヒーと一緒に一個食べ、
夕食後、また一個食べて、これじゃ痩せられませんわ!

買付けに行けば、粗食となり、今から食い溜めとはいかがなものかと?

2014/03/21

築地市場~歌舞伎座へ(築地市場編)

北海道と東北は荒れた寒い「春分の日」となりましたが、
皆さんはこの連休いかがお過ごしでしょうか。

先日、ご近所の方々と「築地市場」~1年前に再開場した「歌舞伎座」へ行ってきました。
築地市場は場内、場外とありますが、場内の競りは、いづれ豊洲の方に移転します。
市場の中を歩くと、にぎやかな魚がし横丁に出て、一般の来場者も利用できます。
但し、閉店時間は13時30分ごろと早いです。

人気の寿司屋さんには行列ができて、一時間待つのは普通です。
私は、「あまちゃん」に影響されて「うに丼」を食べたかったのですが、皆と同じ「海鮮丼」に舌鼓。
なかなか築地まで食べに来ることはないので、張りこみました。
大きな海老2匹、マグロ、ウニ、いくら、。。。丼鉢にいっぱいのっていて、新鮮なこと。
しあわせ~。(○゚ε゚○)



14march


市場内の見学を終えたら、築地場外市場へ。
こちらは小売りが中心ですから、路地に鮮魚、乾物、練り物、精肉、野菜、果物。。。
を扱う店や食事処など400軒がひしめいています。
お店のおばちゃんに聞くと、半分は外国人ツアー客で、本当にいろんな国の言葉が飛び交っていましたよ!!

テリー伊藤氏のお兄さんが経営している「卵焼き」丸武も人気店で、一皿100円の焼きたての卵焼き、
もう1つお奨めは、「築地さのきや」のまぐろ焼き(たいやき)
屋台気分でごちそうさま。。。

市場には、こんなチーズ専門店もありました。
鏡餅の大きさのチーズに驚く。


14march_4


お土産もついつい買い込みました ハイハイ
そして、「山庄商店」で見つけた超珍しい「白いちご」。。別名初恋の香り
さすが1パック1,000円!一個300円超、食べられません(ノ_-。)

それで、一緒に行った85歳の知人に(どう)ってすすめたら、
「私はまだまだ20年は生きるので、後の楽しみに残しておくわ!」って言われました。 アチャー ゴメンナサイ



Photo

その代わりに店主おすすめの「山うど」一本500円を買いました。
夕食にいただきましたが、さすが、お値段だけの特別な味にノックアウト。

P1060903_2


店主も「ウド」のようないい顔してますね<(_ _)>

場外は新鮮なねたを安く味わえる寿司屋さんや丼のお店も多く、
24時間営業しているお店もあります。

ではでは、このつづき。。。また明日にでも

2014/03/17

3月後半の更新についてのお知らせ

ようやく春らしくなり、花屋さんの店頭には、色とりどりの花が並び始めました。
気持ちもはなやぎ、全部買いたい気持ちになります。

春一番が吹き、桜が開花した地域もありますが、これから桜前線は北上して3月末には、関東も開花するようです。
今まで寒かった分だけ、暖かい太陽をいっぱい受け、外出も苦になりません。
おそらく桜が満開になる少し前の4月1日から、イギリスを拠点に買付けに出かけます。
今回は10日間と、いつもより短い買付けですが、初めて行くフェアが多く、少し緊張しています。

一人旅の買い付けで、事前の情報収集などの諸準備も必要ですので
これから3月後半の更新は26日頃まで、月曜日~金曜日までほぼ毎日、少しずつ
更新していくことにしました。
新商品のアップは毎日21:00(午後9時)頃になり、随時受付となります。
その都度のメルマガでのお知らせはありませんので、ぜひTOPページで確認してくださるようにお願いします。

早速、本日17日から新商品をアップします。
色々と素敵なお品をご紹介しますので、どうぞご理解のほど、宜しくお願いします。
尚、3月最終アップ日まで、お取り置きも可能です。
まとめての発送をご希望されるお客様はご注文時にお申し出くださいませ。



Hana672new_items_2


2014/03/15

小さな訪問者

お礼が遅くなりましたが、今回もご来店、ご注文ありがとうございます。
3月も中旬を迎えましたが、まだまだ関東は春は足ふみ状態です。

今日、横浜に住んでいる甥夫婦が遊びにきました。
生まれた時は小さな、小さな赤ん坊が、もう8ヶ月になり、可愛い盛りです。
テーブルの下が気に入ったのか、ずっとそこで、遊んでいました。
くせ毛のカールが女の子みたいで、甥の小さい時にそっくりです。

ふっくらした顔がモンチッチみたい。                

可愛くて、ほっぺを触りまくり。。。

赤ちゃんの笑顔は天使のようで、いやされますね!


Dscn0465_2_2


わたしは、4月1日から買付けに海外に出かけます。
また、近づきましたら詳細をお知らせします。

それまでは、しっかりお仕事しますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

2014/03/12

今日を生きる

新商品更新しました。
どうぞ、ご覧になってください。


東日本大震災の追悼式をテレビで見ていましたが、被災された方々の心の内を思うと、
涙がとまりませんでした。
自然を、人を恨むことなく、ただこれまでの感謝の気持ちを伝えておられる姿は立派ですね。

私達家族は転勤で1年半あまり盛岡で過ごしたことがあります。
震災の日から数日たってから、
息子達が通学した小学校が特別避難校に指定されたことを知りました。
歴史的にも有名な場所で、近くに美しい北上川が流れていました。
震災後まもなく、買付けで南フランスに行った時、現地のガイド役をしてくださった女性は
福島・南相馬の出身で、両親、兄弟姉妹が散り散りばらばらに離れて住んでいると
涙ながらに語っていたのが、ついこの間のようです。

私は三年間、何をしていたのでしょうか。
募金活動も寄付もしましたが、もやもやとした気持ちを拭い去ることはできません。
今なお仮設住宅に住んでいる人、そしてふるさとに戻れない人たちが大勢います。
見えない現実と未来への不安で、押しつぶされそうな心
先延ばしの行政の復興なんて、待てない人もいるのです。
沖縄に行った時、車がめったに通らない場所に立派な道路が造られていました。
何故?皆さんもおわかりでしょう!

嘆いてなんかいられません
自分に負けてはいけません
健康なら、何だってできます。

私達一人一人の力で、東北を元気にして行きましょう。
そして、1日も早い復興を祈りましょう。



Img_1347_2


※2011年6月 南仏 エクス・アン・プロヴァンスの街角のマリアさま

2014/03/10

忘れない3・11

あれから三年

震災でなくなられた方のご冥福をお祈りすると共に、
被災地の一日も早い復興を願い、私達にできることをして、東北を元気にしましょう。

あっという間の3年、長かった3年間、ずっとずっと祈りつづけます。

この日の出来事を決して忘れないように。

P1010284_3_4


※英国国教会・ カンタベリー大聖堂にて

  世界中の人々が祈りを捧げています。

2014/03/07

お礼

今回も沢山のご来店ありがとうございます。
オーダーメールが9時ジャストにたくさん頂いたのは嬉しいのですが、どれも天使のマーブルレリーフ。。。
1つのお品にこれほどご注文が集中したことは最近ではありません。
カフェボウルが全盛の頃は、こんなことは珍しくはなかったのですが、今思えば夢のようないい時代でした(・∀・)ニヤニヤ
ご注文いただいたお客様には、お断りのメールを差し上げるのが心苦しかったのですが、
ご理解いただき、励ましのメールも頂戴しました。

私の探してくるアンティークはどれも、他のショップで置いていない一点物が多く、
それがまた8treesの特徴でもあると思っています。
沢山のお客様からご注文を頂いたことは、そのお品に魅力があるからであって、
メールに書き添えられたメッセージを読むと。。。「こころ惹かれるお品ですネ・・」

10年以上もこの仕事をしていると、色々なことがありまして、作業以上にストレスを感じることもありましたが、
それも近年は慣れてそれほど感じなくなりました。
ただ、アンティーク屋としての「もやもや感」はいつもあります。
しかし、最近これから先の目指す何かが見えて来ました。

4月にはまたヨーロッパに買付けに行く予定でいます。
自分のめざす目的を確かめるための旅になると思います。


P1000721_2_2

フランスのアンティークマーケットで物色中のわたくしです。(手前)

この冬、寒くて家にこもっていたので、もっちり、むっちり。。。(ノ∀`) アチャー

このジーパン、パンパンではけそうもありません。  どうしましょう?

それでは皆さま

今後ともご愛顧賜りますようにお願いします。


2014/03/06

寒い3月

3月になりましたが、寒い日が続いています。
近所の早咲きの桜は、今にも咲きそうに大きな蕾をつけて、
春の訪れを待っていますが、今日の寒さで足ふみ状態です。
三寒四温を繰り返しながら、少しずつ暖かくなっていくのでしょうね。

今日は一時間早起きしたのに、時間だけが過ぎてゆき、あせりの境地で、PCに向かっていたので、
歯医者さんの予約も忘れるところでした。
出かけたものの、この寒さ、北風がピューピュー
体感温度は真冬並み!

本当にこのままでは桜の開花時期も危ぶまれます。
早く~あたたかくなぁれ。。。

本日新商品アップしました。
今回は今夜9時からのオーダーの受付となります。

プレビュー時間がいつもより少なくて申し訳ありませんが、
どうぞ宜しくお願いします。o(_ _)oペコッ

1211403top_2  




2014/03/04

お雛さま

例年になく寒い、桃の節句「ひな祭り」

うちの孫娘も大きく育ち、3年生と5年生になります。

昨日、「雛あられ」や「雛祭りの和菓子」を宅急便で送ってやりました。

我が家は、「チラシ寿司」を作りささやかな雛祭りです。

いちおう、ひねたお嬢がいますものね(苦笑)

春、夏、秋、冬の季節感が薄れていく中で、昔からの行事や節句は、どれも意味あるものだと思います。




P1020982


三寒四温がつづき、暖かくなっていくのでしょうが、この寒さ

桜の開花はいつ頃になるのでしょうね!

桜の咲く頃は、また海外に買付けに行く予定をしています。

なにやかやで、忙しい3月になりそうなので、新商品のご紹介は不定期となります。

どんな場合でも、前もってTOPページでお知らせしますので、

お時間がある時にHPをご覧になってくださいませ。



2014/03/01

3月の星座

ポカポカ陽気の昨日から一変して、気温は急降下、冷たい雨の3月のスタートとなりました。
更新ではたくさんのアクセスありがとうございます。

今年は関東は、いつまでも寒く、まだまだ冬の装いから薄着にはなれません。
一雨ごとに、暖かくなるのでしょうが、当分はブルーの日が続きそうです。

数日前の26日、開館20周年を迎えた多摩六都科学館に行ってきました。
たぶん関東では一番大きなプラネタリウムかも知れません。
生解説で冬の星座、宇宙の歴史を知ると、日々宇宙は分裂、破壊を繰り返して今日に至っていること。
毎日変化している地球も広い宇宙の1つの惑星にすぎないこと。

3月11日で3年を迎える東日本大震災のことを思うと、
未来に起こりえる自然災害に関しても予知しておかなければいけないような気がします。

解説によると当日の18時11分ごろ、
昨年11月7日からInternational Space Stationに滞在している
若田宇宙飛行士が乗っているISSが西の空から見えると言うのです。

確かに、わが家でも西から東へはっきりと早い速度で進む宇宙船が確認できました。
その若田光一さんが、まもなく日本人として初めて3月9日にISS第39次コマンダー(船長)に就任されます。

嬉しいニュースと共に冬の空は本当に美しいです。

 


Starchart_14033_3

3月の星座です。

澄んだ晴れた日に空を眺めてみてください。

ブルーな気持ちが少しは晴れますよ。


« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ