« 忘れない3・11 | トップページ | 小さな訪問者 »

2014/03/12

今日を生きる

新商品更新しました。
どうぞ、ご覧になってください。


東日本大震災の追悼式をテレビで見ていましたが、被災された方々の心の内を思うと、
涙がとまりませんでした。
自然を、人を恨むことなく、ただこれまでの感謝の気持ちを伝えておられる姿は立派ですね。

私達家族は転勤で1年半あまり盛岡で過ごしたことがあります。
震災の日から数日たってから、
息子達が通学した小学校が特別避難校に指定されたことを知りました。
歴史的にも有名な場所で、近くに美しい北上川が流れていました。
震災後まもなく、買付けで南フランスに行った時、現地のガイド役をしてくださった女性は
福島・南相馬の出身で、両親、兄弟姉妹が散り散りばらばらに離れて住んでいると
涙ながらに語っていたのが、ついこの間のようです。

私は三年間、何をしていたのでしょうか。
募金活動も寄付もしましたが、もやもやとした気持ちを拭い去ることはできません。
今なお仮設住宅に住んでいる人、そしてふるさとに戻れない人たちが大勢います。
見えない現実と未来への不安で、押しつぶされそうな心
先延ばしの行政の復興なんて、待てない人もいるのです。
沖縄に行った時、車がめったに通らない場所に立派な道路が造られていました。
何故?皆さんもおわかりでしょう!

嘆いてなんかいられません
自分に負けてはいけません
健康なら、何だってできます。

私達一人一人の力で、東北を元気にして行きましょう。
そして、1日も早い復興を祈りましょう。



Img_1347_2


※2011年6月 南仏 エクス・アン・プロヴァンスの街角のマリアさま

« 忘れない3・11 | トップページ | 小さな訪問者 »

my life」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ