« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014/05/28

いよいよイベントへ。。。

週末からイベントの準備を梱包、発送の合間に少しずつしてきましたが、
ようやく、準備が完了して、明日イベント会場へ展示品を搬入します。

何しろすべての商品には価格表示をしなくてはならず、その数、何百点にものぼります。
蒸し暑さも手伝って、おまけに主人は腰を痛め役立たず、何とか明日新宿までの車の運転はできそうですが、
私が台車に載せて頑張るしかありません。

小さなブースですが、ガラス&陶器アイテム、テーブルクロス、コサージュ、フォトフレームなど。。。
衣装箱7個、その他トランク3個などなど、ディスプレイの什器を含めたら車に載るか心配です。
アンティーク、ヴィンティージ、コスチュームジュエリーもお手頃なお値段で充実していると思います。

東京含め、関東圏の方はご来場をしていただくことができますが、日頃ご愛顧いただいている遠い地域の方はそうも行かず、
今日もお客さまから「イベントお近くならおじゃましたいですが、残念です(>_<)」とメール頂いています。
また「アンティークフェア頑張ってください。。。」と励ましのお手紙も頂いております。
遠くで見守ってくださるお客様のためにも精一杯のおもてなしをしたいです。


幸運にもイベント開催中はお天気に恵まれて晴れの予報です。
薔薇も盛りは過ぎましたが、まだまだ美しい花を咲かせています。
気温も高いようですので、暑さ対策をしっかりしてご来場くださいませ。

P1020325



イベント期間中は会場内の撮影は禁止になっております。
明日の搬入日、当店のディスプレイの様子、ちょこっと撮影できましたら撮ってきますね!
イベント期間中はメールのお返事が少々遅れますこと、ご承知くださいませ。

4月に買付けたお品が6月上旬には日本に到着するとイギリスのシッピング会社から連絡を受けています。
サイトショップでご紹介できるのもまもなくです。

ブログも時々しか書けませんが、覗いてくださいねm(_ _)m

2014/05/24

イベントのお知らせ

毎日たくさんのご来店ありがとうございます。

TOPページでもお知らせしていますように、フェア会場内の案内図です。
当店8treesは「エイト・ツリーズ」の名前で出店しています。
C出入り口の近くのここが当店のブースです。
ご来場いただきましたお客様は、まずこちらに直行してくださいね GO!

小さなブースですが、コーナープレースで見やすい場所です。
イギリス、フランスで買付けたお品を実際手にとって、
その魅力を堪能していただければ嬉しいです。

こちらの会場は、都庁前という立地条件に加え、すぐ傍には緑豊かな新宿中央公園もあります。
またおしゃれなグルメ、ショッピングモールもたくさんあります。

梅雨入り前の爽やかな5月の気持ちよい風を感じながら、近郊の方は是非お出かけください。
皆様と言葉を交わすことを楽しみにしています。



26th_place_antique_fair2



2014/05/22

達人のセンスを学んで!

5月最後の新商品をアップしました。

イベント出店のため、暫くは更新はありませんが、
また6月には買付けた商品が届きますので、宜しくお願いします。

先日、外出先の書店で立ち読みしていたら、
雅姫さんの涼しげなインテリアのティストが掲載されていました。
はじめてパリでお会いした時から、あれこれ10年近く経ち、
鮮麗されたスタイルに大人の女性を感じました。

その1ページに雅姫さんが大好きなmasakiスタイル
実験用のガラスビーカーに花を1輪挿す。。。小さな花づかい
雅姫さんの花ワールドには、暮らしのヒントがいっぱい。

帰宅してPCを開いたら、お客様から素敵なお写真が届いていました。
タイミング良すぎ。。?って思ったくらいです。

昨年の夏に買っていただいた花の刺繍のテーブルクロスを出窓のカーテンに。。
同じお花を試験管に入れて飾っていただいています。



140519_2_3   

手刺繍のお花と、生花が同じ?
ちょっとしたアイデアでこんなにもステキになるなんて!

    ‘Tさんありがとう’ 感謝の言葉を添えて *

2014/05/20

アンティークな暮らし

連日初夏のようなお天気が続いています。
気持ちの良いお天気は心も体も喜んでいます。

6年ぶりのアンティークフェア出店で、ちょっと緊張気味の店主ですが、
ご来場いただいたお客様と、少しでも楽しい時間を共用できればと思っています。

さて、暑くなるとインテリアも清涼感があるアイテムに衣替え!!
我が家もガラスものをメインに使い始めました。

1910年~1930年のロゴマーク入りのガラスジャーに
爽やかな香りのポプリを入れてみました。

Photo


ベランダの新緑も日に日に芽吹き、

フォールディングチェアに座りながら、ちょっとさまになるミニガーデンを眺めています。

花摘みはできないにしても、こんな風景にはバスケットもよく似合います。



Photo_2 Photo_4


ありのままの我が家の風景です。

アンティークは日常の生活の中で、使われ、楽しめなければ意味がありません。

古いお品は、それを引き出すいくつもの箱を持っていると思います。

近日中に新商品アップします。

2014/05/18

La Chapelle

まだ5月なのに、初夏のような陽気が続いているこの頃ですが、
今年の夏は猛暑?それとも冷夏?
先のことが気になるところです。

今回も沢山のご来店ありがとうございます。
いよいよイベントの出店も近づいてきましたが、
来週は少しでも更新する予定でおりますので、また宜しくお願いします。



買付けの楽しみの1つはロンドンの最後の夜に友人と食事をすることです。
地方のフェアでは満足な食事をする暇もなく、ファー
ストフードを食べる時間があればいいくらいで、 時間がもったいなくて、「これはやばい。。」と感じる時間まで忘れている事もしばしば。
時計をみれば、すでに午後3時を過ぎており、もう少し我慢すれば夕食の時間。
これがまた中途半端な時間であまり体にはよくありません。

そんなこんなで、ホテルは夕食が付いていないのが普通で、疲れた体で外食するのも苦痛な話だ。 食欲より早く横になりたいのが本音~。
ゆっくりとバスタブに入り、ベットに横になれば、そのまま爆睡
グーグーフゥゥ~
綺麗な商品を紹介しているわりには、結構だらしない一面です(;´д`)トホホ…


さてタイトルのLa Chapelleはフランス語で教会という意味です。
今回のレストランはもと教会だった建物

P1070002

エントランスはこのようなクラシカルなオシャレな入り口です。


P1070003

高い天井と空間は、やはりチャペルそのもの。

格調高いように見えますが、お値段はリーズナブルで、スタッフの応対もいい感じです。

勿論お味もGOOD

La_chaplle

金、土、日曜日の夜はかなり込み合いますので、予約しておけば安心かと思います。
場所は車で行ったので、定かではありませんが、Covent Gardenの近くだったような気がします。
買付けも、楽なことばかりではなく、アクシデントもありますが、
それでも楽しいことを思い浮かべながら旅をつづけています。


2014/05/15

旅のカケラ(平和な時)


新商品アップしました

ごゆっくりとご覧になってくださいませ。


季節はめぐりめぐり、また初夏に向かっています。
梅雨のない北海道とイギリスは自然が多く、とてもよく似ていると思います。

ホテルから最寄の地下鉄に行く途中にプライベートなお庭があり、
レンガ造りの垣根に大きなライラックの木があり、紫色の花をつけていた。


P1070064_2


そこを通り抜けるとハンド・パークに隣接するケンジントン・ガーデンズがすぐ傍に見える。
ロンドンに滞在する間は、この広大な敷地の一部を散歩するのが楽しみの1つです。
この時ばかりは、買付けのことも忘れ、自然と向き合いのんびりと過ごします。

ベンチに座り、スナック菓子を食べていると、リスが近づいて来た。
人なつこいリスちゃんは投げたチップを食べています。



P1070058_2


ボートに乗れる池や、馬場などもあり、
水辺には鳥たちが、あたたかいお天とさまの下でお昼寝。

よくご覧になって!

2羽の鳥・・・体にコバルトブルーの羽もよう
こんなところも見逃さない私って、センスがあるのかなあ?

P1070049_2



こんな平和な場所があるかと思えば、ウクライナのように戦争状態の国、
あるいはナイジェリアのように15世紀以来300年間つづいた悪夢の再来か。。

どこにいても思うこと。世界の平和って?。。。
動物たちよ、鳥たちよ。。。教えておくれ!


2014/05/12

Mother's day

4月の渡英の時、ロイヤルファミリー、ウィリアム王子夫妻はジョージ王子を連れてニュージランドを訪問されていました。
そのニュースをイギリスの新聞は大きくトップページに掲載。
まるまる太ったジョージ王子。

キャサリン妃が出産後の翌日、その喜びを。。
「すべての親が感じるのと同じようにとても特別なときです」と語られています。

イギリスでは「母の日」って特別な日はありませんが、
感謝をこめて花を贈る習慣はあります。


P1070021_2


今年も我が家では二人の息子から母の日のプレゼントが届きました。
息子のお嫁さんたちがリクエストに応えて選んでくれたお品

パジャマとUVのシルクのスカーフ
どちらもとても気に入っています。


Dscn1630_2_3  



おめでたのお嫁さん、大きなお腹でデパートまで買いに行ってくれたと思うと、
ちょっと泣けてきますね!
まもなく彼女も母となる喜びを感じることでしょう。

いつの世代でも「生んでくれてありがとう」と言える人になりたいものです。


2014/05/10

更新についてのお知らせ

寒暖の差はあるものの、過ごしやすい爽やかな陽気が続いている5月中旬です。
4月下旬から、祝日、休日を除くほぼ毎日、数点ずつ新商品をアップして来ましたが、
数点アップでも、毎日時間の束縛を感じ、ゆとりの時間が持てなくなって来ています。
また、5月末からのアンティークフェア出店の準備もそろそろしなくてはならず、
DMのご案内の発送や値札付けに忙しくなります。

お客様に満足していただけるお品をご紹介するには、余裕も持って商品撮影をして、
尚且つ、商品のコメントもできるだけ詳細に記載することが、
ネット販売の心得と思っております。

そのような事情から、来週5月中旬の更新から、従来の週1ペースでまとめての新商品のご紹介をさせていただきます。
しかし、また余裕ができましたら、この限りではありませんので、
勝手を申しますが、宜しくお願いします。

明日は「母の日」感謝を込めてカーネーションの花を贈りました。

S_illust94_thumb140511


2014/05/08

新商品プレビュー

今日の新商品のご紹介ですが、昼間は留守しますので、
詳細画像の作業が完了した商品だけアップします。
あとは9日アップとなりますので
宜しくお願いします。


木彫りのBOXや子犬を抱いた少女像、ミニ手織り機、可愛い柄のトワルドジュイの布もあります。
一つとして同じお品はございませんので、出会いを楽しみながらご覧になってください。




140508new_items


2014/05/07

今週のnew items

皆様はGWいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は、のんびりとしただけで、GW中に予定していた整理整頓、何もてづかずに終わってしまいました。
目の前の緊急性がせまって来ないと、行動に移せない性格がわざわいしています。(^^ゞヤレヤレ

さて、今週も数点ずつですが、金曜日まで新商品アップしていきますので、
ご覧になってくださいねm(_ _)m

140507new_items



わたしなりに選んで買付けた珍しいお品です。

それでは、今日も元気に過ごしましょう。


2014/05/04

WALLACE COOLLCTION

ウォレス・コレクションはロンドンの中心、大型総合デパートセルフリッジの近くにあり、
1897年に国に遺贈されたリチャード・ウォレス卿の美術コレクションが多数所蔵されています。

ロンドン在住の友人に教えられ、一緒にいきましたが、閉館時間一時間前だったので、一部しか見られず、
帰国日、フライトの時間までの間、一人で全館くまなく鑑賞してきました。
素晴らしいコレクションで、天使が描かれた調度品、
数えきれないほどのジュエリーケースに圧倒されました。



P1070072

外門のレンガの塀はこのような写真が飾られています。

P1070076

美術コレクションはヨーロッパの絵画や陶器、武具まで至ります。
目の保養と、アンティークの勉強になりました。
ここで,「jean-Honore’Fragonard,TheSwing,1767」の絵画の実物を発見。
実はその絵画の模写画、以前当店でご紹介したことがあったから驚いた!!

 
P1070079

P1070081_3

P1070082_2 

地下にはガラス張りの明るいレストランもあります。
小腹がすいた私は、軽いランチを頂きました。

P1070086

P1070087_2


アボカドソースのトーストステーキ、とってもGOODだった!

ウォレス・コレクション美術館は入場料は無料です。

全部見終わるには、1、2時間もあれば十分です。

アンティークファンにはお奨めの美術館です。


2014/05/02

魅惑のジュエリー

昨日は私用で原宿へ

明治神宮から表参道の道路はメーデーの行進が続くが、シュプレヒコールが元気がない。
平日でもあり、参加者は区別の自治会のシニアばかり、
軽トラックに乗った張子の大きな地球儀だけが、やたらと目立っていた。

25度と初夏の陽気で汗ばむほど。
さすが、流行の先端原宿、若い女性の素肌がまぶしい;´・ω・)アセアセ

5月2日ご紹介のお品です。
アクセサリーが殆どですが、お手頃価格が嬉しいです。




140502new_items


これからの季節は素肌が目立つ時期、さわやかなジュエリーで

お洒落を楽しみましょう!


2014/05/01

風薫る五月

桜が散ったのも束の間、風薫る5月になりました。

5月1日ご紹介の新商品です。



140501new_items



たくさんの可愛い天使が描かれたフランスの陶器トレイ、
手彩色のホース(馬)ボタン、おどけた天使が戯れるイタリー製のペパー&ソルトset
旅に出た人が、トランクにしのばせて、持ち歩いたとされる純銀の小さなフォトスタンド。

どれも1つ1つにロマンやストリーがあり、それを感じ取ることも、
また古いもの達への感謝です。




« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ