« 魅惑のジュエリー | トップページ | 今週のnew items »

2014/05/04

WALLACE COOLLCTION

ウォレス・コレクションはロンドンの中心、大型総合デパートセルフリッジの近くにあり、
1897年に国に遺贈されたリチャード・ウォレス卿の美術コレクションが多数所蔵されています。

ロンドン在住の友人に教えられ、一緒にいきましたが、閉館時間一時間前だったので、一部しか見られず、
帰国日、フライトの時間までの間、一人で全館くまなく鑑賞してきました。
素晴らしいコレクションで、天使が描かれた調度品、
数えきれないほどのジュエリーケースに圧倒されました。



P1070072

外門のレンガの塀はこのような写真が飾られています。

P1070076

美術コレクションはヨーロッパの絵画や陶器、武具まで至ります。
目の保養と、アンティークの勉強になりました。
ここで,「jean-Honore’Fragonard,TheSwing,1767」の絵画の実物を発見。
実はその絵画の模写画、以前当店でご紹介したことがあったから驚いた!!

 
P1070079

P1070081_3

P1070082_2 

地下にはガラス張りの明るいレストランもあります。
小腹がすいた私は、軽いランチを頂きました。

P1070086

P1070087_2


アボカドソースのトーストステーキ、とってもGOODだった!

ウォレス・コレクション美術館は入場料は無料です。

全部見終わるには、1、2時間もあれば十分です。

アンティークファンにはお奨めの美術館です。


« 魅惑のジュエリー | トップページ | 今週のnew items »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ