« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014/08/31

旅のかけら in HIROSHIMA

久しぶりのブログです。

お休みをいただき、広島、大阪、滋賀に行ってきました。

広島は30数年ぶりで平和公園の原爆ドーム、平和記念資料館など見てまいりました。
30年前に夫の転勤で住んでいたころは、何度か平和公園に行っていたのですが、
次男がお腹にいて、母が胎児に悪いと言って、資料館には入らずじまいで、今日に至っていました。

5年生の孫娘は小4の時、課外授業で資料館見学に行ったそうですが、
あまりの残酷さに、強いショックを受けたようで、中には泣き出す子もいたそうです。



P10706032_2



私は戦争を知らない団塊の世代ですが、わりと冷静に受け止めることができました。
平和記念資料館は9月から改修工事に入り全館は見学できなくなります。
いい機会に広島を訪問することができて、よかったです。

宿泊したホテルの27階の部屋からは広島の市街地と瀬戸内海が一望できて、
33階のレストランでチャイナブルーワインで乾杯して、夫と30年前の広島の回顧です。



P10706172_2
1408in_hiroshima_2



何もなかったような平穏な広島市街ですが、一週間前は雷と豪雨
一瞬にして多くの犠牲者が出た大規模災害、その日はこの平和公園の道路も
泥水の川となったとのことです。
幸い息子の住まいはこのホテルから近く、被害はありませんでした。
始業式の日、孫の帰宅を待ち、息子の8人乗りの乗用車で、
大規模災害地安佐南区八木3丁目にも行ってきました。

テレビの報道のままで、災害から一週間目でしたが、その日も時おり強い雨が降り、
救助活動が中断されておりました。
実際の惨事を目のあたりにして、言葉を失うほどの光景で、現状が把握できません。
沢山の災害車両や自衛隊や警察官や報道の車で、皆さん疲労困憊で車の中で寝ている人もいました。


P10706332



可部線の線路は泥や土、大きな石で埋まり、不通になっています。
車の残骸もあちこちで見られます。
長靴、タオル、リック姿でないと、とてもこの辺の道路を歩くことは顰蹙(ひんしゅく)ものと
思い被災地を後にしましたが、犠牲になられた方のご冥福を祈って来ました。
この時期に広島を訪れたことは、運命的なことでもあります。

「ノー・モア・ヒロシマ」

2014/08/24

お知らせ

誠に勝手ながら25日~30日まで、遅い夏期休暇をいただきます。

メールのお返事及び発送業務は休暇あけとなります。

ご不便おかけしますが、どうぞ宜しくお願いします。

尚、次回の更新は9月初めの予定です。

140824


2014/08/22

ショーウインドーは秋色に

西日本は今日も雨、二次災害が心配される広島です。
さらに多くの犠牲者が出て、言葉を失います。
亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。



東京は8月も下旬と言うのに、残暑が厳しく、特に今日は真夏の暑さ
こんな暑さの中でも、やはり東京は人が多いです。
表参道には、まだまだ日傘にショートパンツやノースリーブの若い人が目立つのに、
ショーウインドーは早くも秋色に染まっていた。


005


冷房がガンガン効いたお店から、一歩外にでるとクラクラするほどだ!
原宿の有名なKIDDY LANDの前を通ると、先日生まれた孫のことが気になり、
心のままに店内に方向転換。

60年の歴史があるKIDDY LANDはいつ行っても楽しめる。
B1F~4Fまでキャラクターがいっぱい!
まず4FのRilakkuma Store&Hello Kitty Shopでラトル・ガラガラを買い、
ベビーものが充実しているB1FのSnoopyTown Shopへ。。。

002


ここでは、はじめて履く新生児の靴下が7cmとあまりにも可愛かったのでお買い上げ!

お値段も三足で千円とお買い得価格。

003



早くもバババカを発揮して、お恥ずかしいですが、
ここで、長居すると、あれもこれもと欲しくなるので、ひとまわりして店を出た。

原宿に来たら、必ず寄る神宮前のローラーアシュレイジャパン
二ヶ月前にバーゲンで欲しかったワンピースが、さらに20%OFFになっていて、
試着したらぴったしサイズに、思わず買ってしまった。
これで、この夏のお買い物も最後かなあ。。。なんて思っています。



2014/08/21

残暑厳しく また災害多く心痛む

8月も下旬になりましたが、関東は猛暑で、先日帰国した息子が成田を降り立ち
最初に感じたのはこの暑さ、耐え難い暑さのようです。
数時間の滞在でしたが、辛いものが多いマレーシアの食事
夫がソーメンを作り、私はお寿司やおはぎを買いに走りましたι(´Д`υ)アセアセ
都内のホテルに戻った彼からメールが入って。。。

「今日はありがとう。美味しい和食で充電できました。
マレーシア暮らしの自分でさえ東京は暑いので、体にはくれぐれも気をつけてください」

優しい息子に、今度はいつ会えるのかしらと思いつつ、
我が家の住まいの2倍の新居に駐在中に行かなくては。。と思いを馳せています。

そうかと思えば、広島の土砂災害に多くの被害が出て、心が痛みます。
転勤で広島の安佐南区に住んでいる長男一家
すぐに電話しました。

幸い彼の住まいは広島駅に近く、平たんな土地らしく被害はありませんでしたが、
被災地とはあまり離れていないようです。
私も30数年前に転勤で広島に住んだことがあり、
隣の方が「安佐」に住宅を建てて引越しされ、一度お家に招かれたことがありますが、
どうしておられるのでしょう?心配です。


近年集中豪雨が多発して、多くの被害が出ています。
いろんな意味で行政や私達の考え方も見直す必要に迫られています。
「自分の身は自分で守る」ことも限界にきており、
地域のコミュニケーションが大切かと思います。




Illust568_thumb130425_blog


2014/08/17

色々と・・ご報告します!

故郷でお盆を過ごされた方々の帰省ラッシュも終わり、
明日からお仕事ご苦労さま。

今朝は窓から吹く風がとても冷たく、思わず重ね着をしました。
はや暑い夏も終わり、秋の訪れかと思ってしまいますが、
まだまだ残暑は厳しいです。

本日新商品アップしました。
紹介数は少なめですが、リーズナブルな価格でご紹介していますので、
ご覧になってくださいませ。

私事ですが、本日孫が無事生まれました。
元気な男の子で、母子ともに元気です。
小さな命に「ありがとう」の一言です。


4月の買い付けから、あれよあれよと時は流れ、
そろそろ次の買付けにも行かなくてはならず、航空便やホテルを調べておりますが、
やはり秋は旅行シーズン、どこもお手頃なホテルは満室となっています。
次回は久しぶりにフランスへの買い付けを予定しています。


140817




これからどのように展開して行くのか、自分でも予想できませんが、

また、皆様によいお知らせができればと思っています。




2014/08/16

夏の時間

夏の時間が過ぎて行く。

お盆を過ぎ、どこかしら初秋の気配も感じられます。

わたくしも、何とかバテないで元気で過ごしています。

それというのも、もうすぐ三人目の孫が生まれるので、気が張っているからだと思います。

7月初めに海外に単身赴任した次男も、週明けには出張のため一時帰国します。

成田到着後、数時間の滞在となりますが、直わが家に寄ってくれます。

新居の様子や仕事のこと、積る話が楽しみです。

帰国中に無事、赤ちゃんが生まれてくれることを望んでいますが、

母子ともに元気であれば、それだけで充分です。



140816





そんなわけで、8月下旬は、関西に飛びますので、

一週間ほどお休みをいただく予定です。

それまでは、少なめの更新となりますが、TopページのInformationでご案内させていただきますので

宜しくお願いします。




2014/08/12

バラのエピソード

バラが地球上に現れたのは3500万年以上前といわれています。
紀元前1500年頃に王朝ができあがったバビロニアでは、宮殿の庭に薔薇が栽培され、
香料や薬用の原料として利用されたとか。
その後ギリシヤ文明の繁栄、古代ローマ帝国やサラセン帝国の降盛、
十字軍の遠征などを経て、バラはヨーロッパへ。
中世の暗黒時代を生きのび、ルネッサンス期になって、再びバラは注目を集め、
世界に広がっていきました。(文献参照)

*

Cimg0622ヨーロッパの文明の歴史のなかで、
薔薇は人間の暮らしと深くかかわってきました。
バラに魅了された人々が大勢います。

寝室をバラ一色にしたマリー・アントワネット
ベルサイユ宮殿には王妃の間が復元されていますが、
彼女は一度もバラの寝室で休むことなく、断頭台に。

ローズオイルの芳香を愛したクレオパトラ
当時バラは贅沢の象徴だったようで、恋人
アントニウスを迎えるときには、大量のバラを床に敷き詰めたとか。

中でも世界中のバラを集めたナポレオン王妃で、
現代バラの生みの親ともいわれている
ジョセフィーヌはパリの郊外のマルメゾン宮殿にバラ園を作り、
世界中からバラを集めて育て、品種改良し、
次々に新作を作り出していったのです。

イギリス、オランダ、ドイツの品種など、その数は200種以上とか。
さらに、『バラ図譜』のルドゥテや植物学者トゥーリーなど、
バラを愛する芸術家たちに活躍の場を提供しました。


*

Rose

ポタニカルアートの巨匠、ピェール・ジョゼフ・ルドゥテの大作『バラ図譜』は
約170種のバラが描かれています。
これはすべてジョセフィーヌが育てたバラです。
彼がバラを描くことができたのはジョセフィーヌのおかげですが、
『バラ図譜』が出版されたのは彼女の死後のことでした。

その後もルドゥテはバラを描き続け、上流社会の女性からは
「花のラファエロ」と呼ばれたそうです。


*

Dscn3678_2_7
花をモチーフにしたアンティークの中で、
やっぱりバラは人気NO.1

花の女王といわれるだけに、その気品さある優雅なイメージはどんなに形を変えても、見る人をやさしく包み込んでくれます。

次回更新のお品にもバラをモチーフにした
素晴らしいビーズバッグがあります。

これまでも、この先も
暮らしを彩るロマンティックなやさしいバラを愛し続けたいですね!









*

2014/08/11

フォトグラフィー 薔薇

台風11号は日本列島に多くの被害を残し、通り過ぎて行きました。
自然災害とは言え、台風の影響により被害を受けられた地域の皆さんに
心からお見舞い申し上げます。

台風の直撃を受け、特に被害が集中した四国の高知のお客様からのお便り

「雨、風が本当に凄かったです(>_<)
あんなに怖いと思ったのは初めての体験でした!
被害も凄いです(@_@)
商店街の道路が川になってました…。
知り合いの所も何ヵ所も床上浸水になっていました。
昨日は一睡もできなかったので今日は偏頭痛になり、まだ頭がぼっ~としています^_^; 」


自然の大きな脅威に成すすべもなく、人間がちっぽけなものに見えてきます。

そんな中、愛媛県のNさんから素敵な薔薇の写真が送られてきました。
関東も予想外に風雨が強く、一時は外に出るのが危ない状態でしたから、
添付画像を見て本当に気持ちが癒されました。



Cimg0620

Cimg0621

 



“台風接近にともない大雨が降ってます。
穂を出し始めたパンパグラスが連日の雨でうつむいて、
傘をさしたい気分です。

画像はお庭でポール、スミザーさんが撮ってくれた写真です。
写真を見ながら、
秋の薔薇に思いをはせています。”

注:ポール、スミザーさんはイギリスの有名なガーデンデザイナー(園芸家)

彼女は自宅のプライベートガーデンで四季折々の花の暮らしを楽しんでおられます。
そして、来日されたポール、スミザーさんに庭のお手入れとアドバイスをしてもらっています。
ポールさんのフォトグラフィー(写真術)はプロ級で、ガーデニング誌ビズ[BISES]
の写真と変わらない美しさがあります。


次回はバラのエピソードをお話します。・・・・つづく







2014/08/09

ティーボウルの歴史

四国、中国地方を縦断する台風11号、週末、帰省客の交通網に影響が出ています。

くれぐれも身辺に気をつけて行動してくださいね。

出張で上京していた息子も一泊して、予定の午後の新幹線をキャンセル、

早々と今朝早く次の出張先に向かいましたが、向かう先は台風直撃の香川県(゚д゚lll)アブナッ !

岡山に到着したものの、瀬戸大橋は通行止めとのこと。

今日は岡山のホテルに泊まることにしました。


+ + +

Dscn3608_2今回更新のティーボウルには沢山のご注文ありがとうございました。

めったに出てこないティーボウルだけに、
やはりお客様には魅力の逸品だったようです。

秋には、フランス、イギリスに買付けに行く予定でいます。
また出会いがあることを祈って、
次のご縁をお待ちくださるようにお願いします。

写真のティーボウルは中国、日本のデザインを模倣した東洋風のデザインが多かった初期の頃のもので、色絵の流行に合わせ、花柄など英国オリジナルデザインも登場していきました。(ニューホール/18世紀)



*~*~*

2

この絵画を見ると、描かれている人物たちのティーボウルを持つ手に注目。

左手を茶碗に添える習慣がないことがわかります。

机の上には胃を守るためのバター付きのパンものっています。

(英国ティーカップの歴史)の文献参照

Photo 

お茶を受け皿に移し、ポーズをとる老婦人

受け皿にお茶を移す習慣は18世紀半ばには衰退しましたが、

英国の田舎では20世紀初頭まで、この習慣が残っていたと記載されています。

(英国ティーカップの歴史)の文献参照

ティーカップの形や柄で、イギリスの歴史の見方も変わります。

どこの家庭にも一客はあるティーカップ

歴史をよみとることも楽しいですよ。


2014/08/07

お盆のころ

このところ、台風の影響をうけ、日本列島は西や北海道は大雨、
関東は猛暑と、天気予報が気になります。

お盆を前にして、この週末はそろそろ帰省客の移動がはじまります。
お客様も今から、交通網を心配されています。
のろのろと日本列島を迷わす台風、静かに通りすぎて行って欲しいです。

関東は35度から、館林は40度近い猛暑日となっています。
私の小学生のころは、こんな夏ではなかったような気がします。
勿論エアコンなんてありませんでしたから、外から帰ったら、扇風機にあたるくらいです。

朝は首にカードを下げて、近くの神社でラジオ体操
年長さんにハンコを押してもらい、家に帰るころには、はや朝食の準備ができていて、
干物の焼いたにおいや庭で取れた南瓜や茄子が食卓に並んでおりました。

パンやトーストやヨーグルトは外人さんが食べる朝食と思っていましたからね!
まだまだ、日本は敗戦後の貧しい時代だったように思います。
だって、忘れもしないチョコレートを食べたのが小学1、2年のころ。
近所の叔母さんがカナダのトロントに住んでいて、お土産にいただいたの!
なんてにがいお菓子と思いましたよ。

そんな時代だったけれど、夜は涼しい風が縁側から吹き、お風呂上りの浴衣に
家族が、川のように寝転んで、父や母が昔の話をしてくれるのです。
怖い話に身を寄せて。。。
その内、みんなうとうとと寝てしまう。

楽しかったなあ!!

Dscn3429



庭にはホオズキがたくさん植えてあった。

袋に入った赤い実は、ホオズキ人形や口で音を鳴らして遊んだ。

そんな幼い頃の夏休みを思い出しているわたしです。




2014/08/04

暑中見舞

暑中お見舞い申し上げます

四国地方は大雨とのことで、心配していますが、
関東は連日35度以上の猛暑が続いています。

昨日の日曜日は国際フォーラムの野外での骨董市に出店しました。
農家のおばさんが、かぶる大きなつばのある帽子に、UVの手袋、サングラスの完全防御
ブースは大きな木の下で、時々爽やかな風も通る具合で、何とか9時~5時の間、持ちこたえました。
飲んだドリンクは3本、じんわりと出る汗が気になりながらも、楽しかったのが意外でした。

右隣は北欧へ買付けに行かれている若い女性
左隣は前回のロンドン在住の「みくりアンティークス」さん
もうすぐ、ロンドンに帰国されるとのことです。
彼女のブログに掲載したいと当店の写真を沢山撮っておられました。

短い夏の、出会いと別れです。

これから10月下旬まではイベントの出店はありません。
9月下旬から、フランス、イギリスへ買付けに行く予定でおります。
それまでは、ネットショップに専念しますので、宜しくお願いします。





Dscn3427_2




一息ついて、また次ぎのことを考える日々ですが、そんなことがあればこそ、

好きと一緒に、生きている意味が実感されていることに感謝です。

暑い中でも、アンティークのある暮らし

眺めて、使って、ふとここちよい瞬間を大切にしたいですね。





« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ