« 暑中見舞 | トップページ | ティーボウルの歴史 »

2014/08/07

お盆のころ

このところ、台風の影響をうけ、日本列島は西や北海道は大雨、
関東は猛暑と、天気予報が気になります。

お盆を前にして、この週末はそろそろ帰省客の移動がはじまります。
お客様も今から、交通網を心配されています。
のろのろと日本列島を迷わす台風、静かに通りすぎて行って欲しいです。

関東は35度から、館林は40度近い猛暑日となっています。
私の小学生のころは、こんな夏ではなかったような気がします。
勿論エアコンなんてありませんでしたから、外から帰ったら、扇風機にあたるくらいです。

朝は首にカードを下げて、近くの神社でラジオ体操
年長さんにハンコを押してもらい、家に帰るころには、はや朝食の準備ができていて、
干物の焼いたにおいや庭で取れた南瓜や茄子が食卓に並んでおりました。

パンやトーストやヨーグルトは外人さんが食べる朝食と思っていましたからね!
まだまだ、日本は敗戦後の貧しい時代だったように思います。
だって、忘れもしないチョコレートを食べたのが小学1、2年のころ。
近所の叔母さんがカナダのトロントに住んでいて、お土産にいただいたの!
なんてにがいお菓子と思いましたよ。

そんな時代だったけれど、夜は涼しい風が縁側から吹き、お風呂上りの浴衣に
家族が、川のように寝転んで、父や母が昔の話をしてくれるのです。
怖い話に身を寄せて。。。
その内、みんなうとうとと寝てしまう。

楽しかったなあ!!

Dscn3429



庭にはホオズキがたくさん植えてあった。

袋に入った赤い実は、ホオズキ人形や口で音を鳴らして遊んだ。

そんな幼い頃の夏休みを思い出しているわたしです。




« 暑中見舞 | トップページ | ティーボウルの歴史 »

antique」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ