« 仏・英の買い付けより帰国 | トップページ | ロワール地方の蚤の市 »

2014/10/15

フランスのアンティークフェア

帰国後、時間があまり経っていないのに、早くも英国のシッピング会社から連絡があり、
倉庫の担当者さん達が協力して、梱包を済ませてくれたおかげで、
何とか無事Essen Expressの集荷に間に合い、11月下旬には何百というアンティークが到着する予定です。
すべての商品は税関用に写真を撮ってありますので、また、折々ご紹介いたします。

イル・ド・フランス地方の国立定期市シャトゥー
年2回開催される大きなアンティークマーケットです。
数年前に一度行ったことがありますが、久々で、最寄駅周辺が工事をしていたので、
少し迷いましたが、セーヌ川沿いに広がる町シャトゥー・クロアシーに到着しました。
19世紀末には印象派の画家が集い、多くの名作を生み出したこの町。
映画「アメリ」にも登場したルノワールの「舟遊びの昼食」も、この町の音楽レストランを舞台に描かれたものとして有名です。

駅からフェア会場まで、遊園地で走っているようなミニ・トレインが30分ごとに運行されているようですが、
お天気もいいので、セーヌ川沿いを歩きました。
このマーケットは少々お値段は高いですが、上質なアンティークやブロカントが沢山あります。
私はここで、19世紀に大流行したリモージュBOXやC&Sやエンジェルアイテムをゲットしました。


P1070731

                                  ※画像の後方の木々の緑の丸いボールは鳥の巣です。







シャトゥーの市のもう1つの楽しみは、バカンス気分を盛り上げる屋外のランチ。
マーケットの中のヴォルテール大通りは美味しいものの宝庫。
フォアグラからソーセージまで、目移りしていまうほどです。

美味しいブルゴーニュワインの専門店もあり、店主は本を読みながら客待ちしてま~す。
牡蠣にレモンを絞り、お喋りをするマダム達。
私は無難なモッツァレラチーズとアボガド&トマトのサラダとビールをオーダー。


1410152_2



+ +

モッツァレラのおいしい食べ方を一つ紹介します。
輪切りにしたトマトにバジルの組み合わせの「カプレーゼ」というサラダがおすすめです。
「モッツァレラの味噌漬け」や「かつお節とネギと醤油」「わさび醤油」などの和風の調味料とも相性がいいです。
モッツァレラはクセがないチーズなのでどんなものにでも合いますが、
やっぱりトマトとの相性が最高ですね。

ディーラー800人による沢山のスタンドがありますので、歩き疲れた時は、
フランスのグルメを満喫するのもいいですね!








« 仏・英の買い付けより帰国 | トップページ | ロワール地方の蚤の市 »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ