« フランスのアンティークフェア | トップページ | 久々の更新です »

2014/10/16

ロワール地方の蚤の市

美しい古城が数多く残るロワール川流域に広がるロワール地方。
ロワール川の右岸にある中心都市オルレアン
英仏百年戦争のさなかの15世紀、ドンレミという小さな村の羊飼いの少女、ジャンヌ・ダルク。
神のお告げを聞いて立ち上がったジャンヌは、この町でフランス軍を奇跡的な大勝利に導いた。
救国の少女ジャンヌは17歳、1429年4月29日~5月9日までこの町に滞在していました。
ロワール地方の古城には不定期に小さな蚤の市が、開催されています。
日本人など一人もいなくて、結構古い時代のアンティークやブロカント(古道具)が見つかります。
私はこれからフランスからユーロスターでイギリスに渡るので、大きな物は買えません。
珍しくて、かさばらないものだけ買い付けました。
その中の1つ、「ラヴィエ」フランス語で(小さな花)と言う意味です。

1870年代のパン皿ですが、絵柄がシックでフランスらしく、
アクセサリーのトレイなどに人気です。
窯元や柄違いで数枚探すことができましたが、その後の買い付けでは一枚も見つけることはできませんでした。



Dscn45642




まだまだフランスの旅の話も続きますが、
次回の更新について気になるお客様もおられると思いますので、
お知らせしておきます。

オールドチェコグラスツリーや珍しいブローチ、第一弾として8点ご紹介します。
円安、ポンド£&ユーロ€高で、また作っておられる方が高齢者のおばちゃまで、
腱鞘炎になり、最近はたくさん作れないと言っておられました。
来年は入手できるかどうかわかりませんので、気に入ったチェコグラスがありましたら、
お求めくださるようにお願いします。




Dscn4643_2
Dscn4672

☆*:*☆*:☆*




« フランスのアンティークフェア | トップページ | 久々の更新です »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ