« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/29

冬支度

はや師走、今年もあと1ヶ月、早いものですね。

比較的あたたかかった11月、来週から寒波到来とか、

そろそろ、本気になって冬支度しなくちゃ・・・!

紅葉した落ち葉がじゅうたんのように広がり、大きなキャンパスの中の絵のようだ。

ここロンドンでは、落ち葉を型取った舗道がつづく。

人々はこの時期、どんな思いでこの道を歩くのでしょう?


P10800764





昨日無事、通関審査を終え、いよいよ2日には荷物を搬入することになりました。

皆様にご紹介できる日も間近かと思います。

P10800304

バックスタンプがとても古い時代のウィローパターンの数々

棚ごと、全部買付けてきました。

画像以外にもジャグ、超レアなブリキ缶も買付けていますよ。

日本でもコレクターが多いウィローパターンですが、このタイプは珍しいと思います。

私は、まだまだ作業が続きます。

スペース確保のため、明日から片付けと大掃除です。(;´д`)トホホ…





2014/11/26

買付けはケ・セラ・セラ

フランスの旅たよりから、途絶えていた買い付け日記
気になりながらも、目先の雑用に追われ、
思うように事が運ばないのが世の常


フランスからイギリスへとしばし話は飛びますが・・・
イギリスのリンカンシャーの大きなアンティークフェア、
このフェアに初めて足を運んだのは、ヨークの町の近くでホームステイしていた頃、
とてつもないお店のブースに圧倒され、どこを一人で廻ったのか覚えていません。

一年に2回は訪れるこのフェアも、もうすっかり勝手がわかり
まだ、薄暗い早朝から車で会場に向かうが、どんよりとした空模様に、
「よっしゃ」と意欲は満々だけれど、嫌な予感がする。





P1070933_2



フェア会場に着いた頃は

こんな風景に笑顔がこぼれたけれども、その内、雨風は強くなるばかり、

傘などさしても役にたたず、結局終日雨の一日となった。

P1070934_2



日本から買付けに来た知人のディラー仲間たちも、「こんな日は珍しいネ」と
挨拶代わりになってしまった。
その日は建物の中のINSIDE STALLS Epic Centreにへばりつくはめになった。

シッピング会社のスタッフの情報では、みんなが建物のスタンドに集まるものだから
お値段が高くなっているとのこと。
なるほど、そう言えばそう!
いつも購入するお店のオーナーも今日は売れると見込んだのか、値引きはしない。
ちゃっかりしているイギリス人。
Gentlemanが銭取るマンになっちゃった(´д`)ヤレヤレ

お天気だったら外を駈けずり廻っている私ですが、この風雨じゃね。。。
イギリスの買付けは中盤、これから先のことを考えて、無理をしないことにした。

建物の中は、いつもは通り過ぎるお店も、いいお品が沢山あり、特にジュエリーは
じっくりと吟味できたので、いい買い付けができました。(*^_^*)
翌日は晴天なり、
どんな悪天候でもケ.セラ.セラです。



P1070859




注:ケ・セラ・セラはスペイン語で「なるようになるさ」の意味
  アメリカ映画『知りすぎていた男』(1956年)の主題歌




2014/11/24

今週の予定

巷では三連休、比較的穏やかなお天気でしたね!

さて、英国、フランスでの買付け品の船便が予定より1日遅れで、明日東京港に到着します。

順調な航海にひとまず、ほっとしておりますが、これからが大変で、

税関審査や諸々の手続きや作業を終え、我が家に搬入できるのは来週になります。

そんなわけで、今週はアンティーク&ヴィンティージのジュエリーをご紹介します。

チェコガラスアイテムもお蔭様で完売状態で、次はクリスマス、お正月の装いに

大活躍するアクセサリーです。

当店のジュエリーはデザインが素晴らしく、大人の可愛いアクセサリーとして好評を得ております。

その上、お手頃価格も魅力の1つです。

今週中には更新しますので、よろしくお願いします。

港に着く大きなパレットの中には、色々お宝が詰まっています。

フェアでは数年に1回見つかるかどうかのドールハウスも探して来ております。




P10800202





大きな木製のドールハウスで、この中がまた凄いのですw(゚o゚)w

各部屋には、ピアノにベット、バス、キッチン。。。

窓には可愛いカーテンまでかかっています。

キューピー人形からハードプラスチック人形も配置されております。

私は正直言って、まわりの人にあまり見せたくなかったので、いそいそと、スタッフに

中のものを取り出してもらい、丁寧に箱に詰めてもらいました。

どんな調度品が入っていたのか、おぼろげで、

一番早く見たいし、気がかりなのがこのドールハウスなのです。



2014/11/20

coming soon item

11月も下旬になりますと、何かと気忙しくなって来ました。

連休前には、更新したいと思っています。


久しぶりに、利便性の高い、家具を紹介します。

オールドパイン材のチェスト
Dscn5191


オーク材のドロワーズチェスト

Dscn5221

フランス製 ペイントチェスト

Dscn52412


エンジェルのウォールブラケット

Dscn5319

Dscn5323


1909年刊行  MODES AND MANNERS

Dscn5351


乙女の石膏像

Dscn5208



アップ前に、少しでも参考にしていただければ嬉しいです。



2014/11/19

Birthday

誕生日を迎えました!

 

家族から贈られたお花

オレンジ色は明るく元気な私の色

いくつになっても、人から愛される女性でありたいものです!




Dscn53492_2

Dscn5328



生花に添えられたポストカードには、スージー・クーパーのティーカップが写っていた。

「パトリシアローズ」のC&S、私も同じの持っています。

これも、不思議なご縁ですね。





         
141119_2




8月に生まれた孫もこんなに大きくなりました。

この子が大きくなるまで、元気でいなくちゃ。。。( ´,_ゝ`)ハイハイ  


 

2014/11/17

オムレツはオムレツ

昨日の有楽町での国際色豊かな骨董市、大勢の人で賑わいました。
アンティーク好きの色々な方と、お話することは楽しいことですし、
外気に触れて気晴らしにもなりました。
当店の名刺30枚ほど持っていきましたが、あっと言う間になくなりましたm(__)m

先週は不定期な更新でしたが、沢山のご来店誠にありがとございます。
次回は、家具、照明など、少し大きめのモノをご紹介する予定でおりますので、
準備に少々お時間がかかりますが、楽しみにお待ちくださいませ。




さて、モン・サン・ミッシェルの名物のオムレツ

巨大オムレツを運んで来た彼女

すでに行かれた方は、その味がおわかりかと思いますが、お世辞にも美味しいとは言えません。

卵を泡立ててふっくら膨らんだオムレツの中は味もないクリーム?


Dscn4578

Dscn4579




味もそっけもないオムレツに、日本人ならケチャップか醤油をかけたいところ。

島に渡ってくる巡礼者のために、ボリュームのある食事を!と

マダム・ブラールが作ったのが始まりとか。

修道院の狭い参道にある元祖ブラールのお店のオムレツもこんな味?

モン・サン・ミッシェル訪問の記念に、という人のみどうぞ。






2014/11/13

Le Bol 4個のボウルたち

あったかい飲み物は心も体も元気になります。

大学生の頃、インドにかぶれた長男が、ラクダで灼熱の砂漠を軽装備で渡ったため、

高熱が出て、傍を通ったジープに助けられ、3日間点滴で意識が朦朧(もうろう)

気が付いた時、カフェオレボウルにあったかいチャイを宿の主に飲ませてもらった味が

忘れられないと言っていたっけ!

カフェオレボウルのなつかしいエピソードです。

次回は状態のいい、カフェオレボウルをご紹介します。

幻となったなつかしいモロッコ柄、人気の薔薇柄など4点ご紹介します。

すでに、イギリスのマーケットでは姿を消しつつあります。


Cafe_boul




このサイズのボウルは今後のご紹介は少ないと思いますので、

お探しの方には是非お奨めします。



2014/11/12

モン・サン・ミッシェル 光と影~

グレーの砂地に浮かぶ島。
中世、ここに修道院が築かれて以来、巡礼の地として栄えて来ました。
島はもともと陸続きで、森の中にそびえる山だったそうです。
ところがある時津波がこの森を飲み込み、山は陸と切り離され、島となってしまったという。
この付近一帯は、潮の干満の差が激しいことでも知られ、
満潮時には驚く速さで潮が満ち、
以前は島全体が水に囲まれたこともあり、修道院を訪れようとした
数多くの巡礼者が命を落としているが、今はそのようなことはありません。

モン・サン・ミッシェルは少し離れた遠くから見るのが、一番美しいと私は思いました。

岩塩を含むノルマンディー地方の土地は酪農が盛んで、
フランスで一番人気のあるカマンベール・チーズはこの地方の特産でもあり、
ミルクがたくさん出そうな牛さんがたくさん放牧されていました。
牛はカルシュムたっぷりの岩塩を好むからです。



P10707682

P10707722




見るからに堅固なその外観は、修道院というよりは、むしろ城か砦を思わせる。

実際、百年戦争中は英仏海峡に浮かぶ要塞に、

またナポレオン1世の治世には牢獄として使われていたとのことです。

P10707732


私が訪れた日は暖かく、お天気も大きく崩れることがありませんでしたが、

一日の間、晴れ、曇り、雨。。。お天気が変わるのがモン・サン・ミッシェルです。

その都度、修道院の様相も変わり、これもまた魅力の1つでもあり、

多くの観光客を魅了する要因かと思います。


2014/11/10

今週の新商品のお知らせ

ご紹介したいお品が沢山ありますが、買い付けから発送まで一人でしているものですから限界があります。

私もシニア、今のところ大きな病気もしていませんし、長時間の飛行機も何のその。
おまけに海外大好き、海外に行けば体調を壊す人が多い中、不調なところも治り、
すこぶる元気印になります。
そんなわけで、続けさせていただいていますが、
アンティーク業界もだんだん高齢化し、引退、廃業をする人も多くなっています。
イギリスのディーラーたちは70歳になっても80歳になっても元気な人は頑張っています。
年をとっても化石になっても続けているような人たちを見て感心します。

アンティークを通して人と人との一期一会を楽しみ、人の輪を大切にしていく事が私の
ライフワークなのです。
長くお仕事を続けて行くことは、年齢や体調に会わせ無理しないこと。
これは、誰のためでもない自分自身のためなのです。

お客様のメールのやり取りのなかで、いつも最後にいたわりの言葉が添えられています。
一語一句に励まされ、また感謝しながら、少しでもアンティークの橋渡しのお手伝いができればと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前書きが長くなりましたが、今週は不定期ですが、数点ずつ、できる限りアップして行きます。
新商品アップは午後9時前後になります。
アップ後は随時オーダー受付となりますので宜しくお願いします。

その都度のメルマガ「8trees News」でのお知らせはしませんので、
必ずTOPページのinformationnをチェックしてくださるようにお願いします。

次回はフランスよりいち早くクリスマスの為に持ち帰りましたキャンドルスタンド4点ご紹介します。



Dscn5045

2014/11/09

買付け品 pickup

oldチェコガラスアイテムには沢山のご注文ありがとうございました。
今年のクリスマスが、楽しいクリスマスになりますように、ぜひ今から飾ってくださいね。


10月の買付け品の荷物は只今航海中ですが、
まもなくシンガポールを経由して日本に向かいます。

美しい宝物のようなアンティークも、買い付け中は戦場のようで、
買ってはインボイスを書き、またアンティーク探しに奔走する日々です。
周りの人から見れば、趣味と実益のいい仕事なんて思われこともあるけれども、
まあ、アンティーク屋は好きだけではできないし、何でしょうね?

数年前、若いサラリーマンの男性から、電話がかかって来て、
「ぼく、脱サラしてアンティークの仕事をしたいのだけれど・・・」
「買い付けってどんなの?」

私はせっかく就職した会社を辞めてどうするの。
アンティーク屋では生活はできないよ。
今の仕事を頑張りなさい・・・とガーンと言ってやりました。
彼って、この仕事、誰でもできる単純な仕事って思っていたようだけれど、
単純な仕事ほど人一倍努力とセンスがいるってことわかっていないらしい?

私だってこの10数年、失敗の連続で、だまされたのか?
自分の失態なのか、よくわからないけれど、今でも模索状態です。
マーケットで売っている店主だって、いい人ばかりではないが信用するしかない。

昨年の買い付けだったかなあ?
高額だった純銀のポット、よく見ると小さな穴が開いていた。
やられた!
店主に文句言ったって「No problem」って言われるのがオチ
悔しくて悔しくて、この思い誰にぶつけたらいいの?
バケツを蹴っ飛ばしたい気持ちでした。(≧ヘ≦)
そのポット、黒くなって我が家のキャビネットに寝ています。

そんなこともあるけれども、やっぱり可愛いものや気に入ったモノが見つかった時は
嬉しいです。
買付けたお品はまだ手元に届いていませんが、楽しみにしているお客様も多いので、
一部をピックアップしてみました。

カフェオレボウル(一部です

Photo

バスケット(一部です)

Photo_2

コッパー&ブラス

Photo_3

ヴィクトリアミラー(逸品です)

Photo_4

オールドノリタケのドレスサートレイset

P1070921

(可愛い絵柄ばかりその他多数あります)


P1070926


プランタンpot
(オータムアジサイもそのまま日本へ・・・到着後はいかに変色?)


P1070957



撮影現場はこの通り決して綺麗な場所ではございません。

買い付け品は500点はあります。
時々、ピックアップいたしますので、今後の参考にしてください。





2014/11/07

旅は人との接点なり

北風が吹くと、一層冬の訪れを感じ、足早に家が恋しくなるこの頃です。

昨日は息子の高校時代のクラス会の食事会があり、一年ぶりの再会になりました。
思えばもう20年近く続いていることになります。
私は、殆ど皆勤賞で、もう何回も幹事を引き受けていますが、皆さん60歳以上になり、
親の介護や、自分自身の体調面で、年々出席される方も少なくなり、寂しくなりました。

今回は参加者全員が不思議と海外に興味を持ち、驚くほど海外に出かけている方が多く、
話が盛り上がりました。
私は買い付けがらみで、海外に行くことが多いので、その中でも特別な存在かもしれません。
2名の方はご主人が財務省や外務省でお仕事をされていたので、
アメリカ、イギリス、フランスの大使館にも勤務されたようで、
特にイギリスのマナーについてはとても詳しく、私も勉強になりました。

それも、10月のフランス滞在中に、二人の方がフランスに旅されていたのには驚きでした。
そんな旅の話の中で、モン・サン・ミッシェルのことが話題になり、
パリから遠いこともあり、案外行っていない人が多いことを知りました。
私も例外ではなく、一年に4回も渡仏していた年もあったのに、モン・サン・ミッシェルには
今回初めて訪れたのですもの。

モン・サン・ミッシェルはフランスのノルマンディー地方にありますが、
パリから700キロ、長いけれどもその行程がとても興味深く楽しいのです。
チーズとリンゴ酒の里「シードル街道」沿いにあるブーヴロン・アン・オージュ
「フランスの美しい村」にも登録されている小さな村です。
またドーヴィルは高級リゾート地・・・



Dscn4577




フランス40年以上在住の政府公認の日本人ガイドさんから聞いたおはなし

近いうちにお話しますね。




2014/11/05

チェコガラスのUPは最後です

11月も足早に過ぎていきそうです。

朝夕はすっかり晩秋の空気、ひんやりとして寒くなりました。

oldチェコガラスアイテムには沢山のご注文ありがとうございます。

今年の更新を楽しみに一年間待ってくださったお客様もおられました。

ありがたいことですね!

これじゃ、来年も買い付けなくちゃ・・・と思いますが、

作り手のおばちゃんの腱鞘炎も治って来年も作っていただけるかしら?

他にも年内にご紹介したいお品が山積しておりますので、

ひとまずネットショップでの販売は次回(今週中アップの予定)で終了いたします。

私が選んだ素敵なアイテムばかりです。

まだ、お持ちでない方、気に入ったツリーをお探しの方は、是非この機会にどうぞ。




Dscn4888trees




チェコのおばちゃまのお奨めです。

大粒のピンクオパールとダイヤカットのペーストチェコガラスを散りばめたゴジャスなツリーです。

ピンク色の古いオパールグラスは、とても希少で、ツリーに使うほど残ってはいないようです。

それでは新商品アップまで、もう少しお待ちくださいませ。


2014/11/03

oldチェコガラスツリーアイテム更新

三連休は関東は穏やかな日和となりました。

これからは、日々紅葉もすすみ、美しい日本の美を楽しめる時節になります。

10月は皆様には色々とご不便をおかけしましたが、
11月中には10月に買い付けました素敵な商品がたくさん到着します。
11月はできるだけ、多くのアンティークをご紹介する予定でおりますので
今後とも宜しくお願いします。

本日、新商品アップしました。
即日一斉オーダーとなりますが、皆様もよくご存知の香水瓶やチェコガラスアイテムですから
よく吟味されて、ご注文願えれば嬉しいです。




Dscn4812

2014/11/01

11月のプレゼント

秋晴れが続いた先週とは違い、ちょっぴり冷たい涙雨
悲しんでばかりもいられません。

お客様から「時薬」という言葉があります・・・とお悔やみのメールに添えられていました。
そうですね!
父が66歳で病気で他界したときも「私も一緒に逝きたい」と言っていた母が一年過ぎれば
すっかり、その言葉さえ忘れ、30年も長生きしたのですから。
人の心も寿命もわかりません。

さて、ハロウィンも終わり、クリスマス商品が店頭に並びはじめました。
10月のカレンダーを見て、唖然
買い付けやら、身内のことで、10日ほどしか自宅におりません。
10月中にoldチェコガラスを販売してしまう予定が、11月になりましたが、
まだまだ時間はありますので、これから先行してご紹介して行きますので、
よろしくお願いします。

11月にオーダー頂いたお客様には、プレゼントとして梱包の隙間にX’mas cardを入れておきます。
こちらは10月のイギリスで買い求めましたチャリティーのカードです。
大きなクリスマスカードですので、小さなBOXに同梱できない場合は、
他のお品に代用させていただきますので、宜しくお願いします。






Dscn48862_2




« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ