« 今週の新商品のお知らせ | トップページ | Le Bol 4個のボウルたち »

2014/11/12

モン・サン・ミッシェル 光と影~

グレーの砂地に浮かぶ島。
中世、ここに修道院が築かれて以来、巡礼の地として栄えて来ました。
島はもともと陸続きで、森の中にそびえる山だったそうです。
ところがある時津波がこの森を飲み込み、山は陸と切り離され、島となってしまったという。
この付近一帯は、潮の干満の差が激しいことでも知られ、
満潮時には驚く速さで潮が満ち、
以前は島全体が水に囲まれたこともあり、修道院を訪れようとした
数多くの巡礼者が命を落としているが、今はそのようなことはありません。

モン・サン・ミッシェルは少し離れた遠くから見るのが、一番美しいと私は思いました。

岩塩を含むノルマンディー地方の土地は酪農が盛んで、
フランスで一番人気のあるカマンベール・チーズはこの地方の特産でもあり、
ミルクがたくさん出そうな牛さんがたくさん放牧されていました。
牛はカルシュムたっぷりの岩塩を好むからです。



P10707682

P10707722




見るからに堅固なその外観は、修道院というよりは、むしろ城か砦を思わせる。

実際、百年戦争中は英仏海峡に浮かぶ要塞に、

またナポレオン1世の治世には牢獄として使われていたとのことです。

P10707732


私が訪れた日は暖かく、お天気も大きく崩れることがありませんでしたが、

一日の間、晴れ、曇り、雨。。。お天気が変わるのがモン・サン・ミッシェルです。

その都度、修道院の様相も変わり、これもまた魅力の1つでもあり、

多くの観光客を魅了する要因かと思います。


« 今週の新商品のお知らせ | トップページ | Le Bol 4個のボウルたち »

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ