« Le Bol 4個のボウルたち | トップページ | Birthday »

2014/11/17

オムレツはオムレツ

昨日の有楽町での国際色豊かな骨董市、大勢の人で賑わいました。
アンティーク好きの色々な方と、お話することは楽しいことですし、
外気に触れて気晴らしにもなりました。
当店の名刺30枚ほど持っていきましたが、あっと言う間になくなりましたm(__)m

先週は不定期な更新でしたが、沢山のご来店誠にありがとございます。
次回は、家具、照明など、少し大きめのモノをご紹介する予定でおりますので、
準備に少々お時間がかかりますが、楽しみにお待ちくださいませ。




さて、モン・サン・ミッシェルの名物のオムレツ

巨大オムレツを運んで来た彼女

すでに行かれた方は、その味がおわかりかと思いますが、お世辞にも美味しいとは言えません。

卵を泡立ててふっくら膨らんだオムレツの中は味もないクリーム?


Dscn4578

Dscn4579




味もそっけもないオムレツに、日本人ならケチャップか醤油をかけたいところ。

島に渡ってくる巡礼者のために、ボリュームのある食事を!と

マダム・ブラールが作ったのが始まりとか。

修道院の狭い参道にある元祖ブラールのお店のオムレツもこんな味?

モン・サン・ミッシェル訪問の記念に、という人のみどうぞ。






« Le Bol 4個のボウルたち | トップページ | Birthday »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ