« 別れは出会いのはじめ | トップページ | まごまごしている間に大きくなりました! »

2014/12/19

Boutiques de brocante

12月寒波到来で、寒い日が続いています。

新商品を更新しました。

今回はフランス、イギリスから届いた小物中心のセレクトとなります。
クリスマスと言えばプレゼントに毎年悩みます。
私もその一人で、小学生の二人の孫娘のクリスマスプレゼント。
最近は二人のリクエストに応じて、送ってやったりしていますが、
小学生に人気のゲームやソフト、さっぱりわかりません。
物が豊富な現在っ子
三年生の次女は今だ、欲しいものが決まっていません。
悩むのは大人ばかりではないようです。

セレクトしたフランスのブロカントショップ「ロブジェ・キ・パルル」
久々の来訪ですが、10年前と店構えは少しも変わっていません。
お店もだんだんアンティーク化しております。

私がフランスを拠点に買い付けをしていた頃は、日本人もこのお店を知っている人は少なく、
それが、大ヒットした映画「アメリー」の美術担当の人が常連さんだとかで、
映画の小道具をこのお店で調達したことで有名になり、
またたく間に日本のアンティーク雑誌に掲載されるようになり、訪れる度に日本人と出会います。




P1070694




ギョームとドミニックのふたりのムッシューがオーナーで、頻繁にフランス国内をまわり
趣味のいいアンティークを集めているが、
確かこのショップのオーナーはベルナールさん!

彼は不在だったが、どうしたのかなあ?リタイアされたのかしら?
フランス語が全く駄目なので、聞くこともできなかった!残念。。






« 別れは出会いのはじめ | トップページ | まごまごしている間に大きくなりました! »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ