« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014/12/31

ご挨拶

今年も沢山のご愛顧に心から感謝しています。

ありがとうございました。

2015年が、良き年でありますように、皆様のご多幸とご健康をお祈り申し上げます。

来年もどうぞよろしくお願いします。




今年は母が身まかり、新年のご挨拶と新春セールのお知らせを

控えさせていただきました。

来年も恒例の新春セールが1月5日からスタートします。

通常セールは半期に一度しかしませんが、

開店以来毎年新春セールだけは年の初めに行っています。

毎年楽しみにしているお客様もおられます。

1月5日までには、詳細をメルマガ及び、TOPページのinformationでお知らせしますので

宜しくお願いします。

皆様も楽しいお正月をお過ごしください。






2014/12/30

お正月支度

年の瀬も押しせまり、お正月の準備で忙しいのはどこも同じ。

我が家は今年は年始の来客がなく、夫と二人で正月を迎えます。

それでも、お節は縁起ものとして、買ったり、作ったりします。

特にお煮しめや栗きんとんや紅白なますなどの野菜類は、

手作りの方が美味しいので、31日にコトコトとキッチンに立ちます。

大晦日の日にお節を何品か作ることが、何だか一年の締めくくりのようで、

“今年も健康で過ごせた感謝の気持ちが、自分の中で湧いてきます”

夫は数年前から、数人の仲間と菜園をしています。

12月に入り、立派な白菜や大根が沢山収穫できて、

食べきれなく、近所におすそ分けしていますが、それでもまだ畑にはあるようです。

年末のスーパーでは急に野菜が高騰していて驚きます。

収穫が多ければ、粗末に扱われる野菜、ここまで大きくなるには、手間や時間もかかっています。

また、どんなものでも愛情をかけて作らなければ美味しい野菜は生まれません。

私は、どちらかと言うと、夫の道楽程度に思っていました。

しかし、泥を拭い台所に立つ夫の姿を見るたびに、自分の考えが間違っていたことに気づきました。

先日、お正月用に収穫して来た今年最後の大根に、こんな艶かしい大根がありました。

私が気がつくまで、しばらく黙って飾っておいたようです・・・




Dscn61682_6
P10802042





2本の足を組んだなまめかしいポーズ、まさに大根の芸術作品です。

大根の女神さまが私達にくれた贈りものだと思っています。

どんなふうにいただこうかなあ!なんて悩んでおりますが、

元日のお節にいただきます。



2014/12/27

時間のキス

今年最後の更新では、たくさんのご来店ご注文ありがとうございます。

リボンとブーケ柄のビスケットジャーには、注文が重なり、
先着順で、久々に苦渋の選択をしました。
皆さんの欲しい気持ちが手に取るようにわかるほど、胃が痛くなる思いです。
日本人好みの素敵な柄でしたものね!

今回の買い付けでは、状態の良いビスケットジャーの出会いがあり、
これから、ビスケットジャーは5個ほどご紹介しますので、
又のご縁をお待ちくださるようにお願いします。

さて、時間が過ぎるのは早く、2014年も年末になり、帰省ラッシューもはじまりました。
今思えば、私的にも色々なことがあり、自然災害が多発した年でもあります。

時を刻む音

イギリスの北部のアンティークモール
5つの建物にありとあらゆるアンティークが置いてありました。
その部屋の1つ、アンティークの古時計コーナーがあり、
小さな音が時を刻んでおりました。




P1070872




そんな買い付けの風景を思い出しながら、テレビの「海外街歩き」を見ていたら、
ロンドンはポートベローのアンティーク屋の軒先で修理をしていた初老のおじさん。

“アンティークのすりキズやヒビは直らないけれど、
それは、「時間のキス」と呼ぶことにしているよ”

「時間のキス」か?なるほど

叔父さん、粋な言葉を使うね!なんて思いました。

2014年も最後の時を静かに迎えようとしています。





2014/12/25

★゜・。。・゜゜・。Merry Chistmas。・゜☆゜・。。・゜゜

Merry Chistmas

今年最後の新商品アップしました。

お忙しい年末ですが、ご覧になってくださいませ。

また、年内は休まず営業しますので、宜しくお願いします。

ロンドンから届いたChistmas Greetings

英国のビッグベンが素敵ですね!



Xmas_card_england_2





Antique shop 8trees


2014/12/23

エナメル薔薇のスプーン

買い付けの始まりはロマン(物語)のはじまりでもあります。

今回の旅はどんな出会いが待っているのだろう!・・・と思うと

想像の翼は夢や空想をかきたてる。

このエナメルスプーンの出会いも、そんな夢物語からはじまったのです。
1910年~20年ごろ
NHKのイギリス上流社会が舞台の話題作「ダウントン・アビー」と重なります。
ドラマは英国ヨークシャーの田舎の架空の邸宅が舞台ですが、
このスプーンもヨークシャーのアンティークフェアで買い求めました。

スターリングシルバー(純金)に、エナメルの薔薇が描かれています。
エナメルは、エマーユとも呼ばれ、酸化化合物を含んださまざまな色彩のガラスの粉末
金・銀・銅の金属片に焼き付けて表現する技法で、日本の七宝と同様なものです。
こうしたエナメルの技法は、遠く古代エジプトやメソポタミアまでさかのぼり、
紀元前1600年頃古代エジプトでガラスを作るときに発見されたものといわれています。
中世やルネッサンス、そして19世紀に流行がみられ、さまざまな種類のエナメルが作られています。

イギリスのBBC放送では日本の「何でも鑑定団」のようなアンティーク番組があります。
滞在中、ホテルでこの番組を見るのも楽しみの1つです。
そして、オークション番組も時々あります。
数年前、エナメル絵付けのスプーンセットが競売にかけられ、
凄いお値段がつけられたのを、覚えていたので、ガラスケースに入ったスプーンを見ながら、相当迷いました。
値段交渉がうまく行かず、結局あきらめることにしたのですが、はやり頭の中は
スプーンのことで一杯。
また、戻り、売れていないことを確認して再び商談に入り、お互いの希望価格の中間で
話がまとまり、購入に至りました。

夫が「それほど、欲しいのなら、自宅用に買ったらわ!」・・・と後押ししてくれたのが
決断の理由でした。




Dscn60582



しかし、珍しい、貴重なお品ほど、皆さんにご紹介するのが、私のモットーですから

まずは、ご紹介することにしました。

手描きの薔薇のエマーユ、これぞアンティークの極意といえるお品だと思います。

今年最後の更新でご紹介します。




2014/12/21

まごまごしている間に大きくなりました!

師走の忙しい中、たくさんのご来店、ご注文ありがとうございました。

お客様から、「お忙しいのにいつもと変わらず、更新されている姿勢に励まされ、
元気をもらっています。」と、こちらも反対に励まされています。

一月も、色々予定がありますので、年内はもう一回更新の予定をしていますが、
時間もあまりありませんので、少なめのアップとなります。
忙しい年末ですが、しばし手を休め楽しんでいただければ幸いです。

+++

8月に生まれた孫(ゆづる)は寝返りをして、英語の絵本に興味津々。
はやくも英才教育?
来春にはマレーシアKLの息子の住まいに行きます。
日常会話は英語圏となるので、ことばが芽生えたころは日本語と英語の生活になるでしょう!




1418698121564_2




ママによると、
“・・・最近は寝返りの練習と0歳児向けの絵本に夢中です(^-^)
きむらゆういち作「いないいないばあのあそび」を私が読むと喜びます。 ”

こんなメールのやりとりは日常茶飯であって、私の子育ての時は考えられないことでした。
海外在住の息子との会話も週末にスカイプ(Skype)で話しています。
まるで、隣で話しているようで、文明進化に驚きです。

来年はメカに挑戦でっす!(*´д`*)ハァハァ 

早くも息切れ状態ですが・・・。





2014/12/19

Boutiques de brocante

12月寒波到来で、寒い日が続いています。

新商品を更新しました。

今回はフランス、イギリスから届いた小物中心のセレクトとなります。
クリスマスと言えばプレゼントに毎年悩みます。
私もその一人で、小学生の二人の孫娘のクリスマスプレゼント。
最近は二人のリクエストに応じて、送ってやったりしていますが、
小学生に人気のゲームやソフト、さっぱりわかりません。
物が豊富な現在っ子
三年生の次女は今だ、欲しいものが決まっていません。
悩むのは大人ばかりではないようです。

セレクトしたフランスのブロカントショップ「ロブジェ・キ・パルル」
久々の来訪ですが、10年前と店構えは少しも変わっていません。
お店もだんだんアンティーク化しております。

私がフランスを拠点に買い付けをしていた頃は、日本人もこのお店を知っている人は少なく、
それが、大ヒットした映画「アメリー」の美術担当の人が常連さんだとかで、
映画の小道具をこのお店で調達したことで有名になり、
またたく間に日本のアンティーク雑誌に掲載されるようになり、訪れる度に日本人と出会います。




P1070694




ギョームとドミニックのふたりのムッシューがオーナーで、頻繁にフランス国内をまわり
趣味のいいアンティークを集めているが、
確かこのショップのオーナーはベルナールさん!

彼は不在だったが、どうしたのかなあ?リタイアされたのかしら?
フランス語が全く駄目なので、聞くこともできなかった!残念。。






2014/12/16

別れは出会いのはじめ

母の忌明けも無事すまし、東京に戻って来ましたが、帰省中に甥一家の風邪をもらい

昨日は熱、お腹をこわし寝ていました。

林檎のすりおろしを食べただけで、空腹状態なのに、よく寝られるものですね!

ゆっくりと休んだので、今日は回復に向かっています。

兄嫁が母の形見にと、衣装ケースいっぱい詰まった小物類、殆ど未使用のものでした。

その他、着物。。。。など

母はお洒落だったので、良いものをたくさん持っていたが、

我が家も物であふれているので、真珠のネックレス、時計、本べっ甲のブローチ、スカーフだけを貰って来ました。

小学校の女校長をしていた兄嫁はパソコンも慣れたもので、母の短歌集をイラスト付きで

冊子にしてくれていた。

その中の滋賀歌壇 入選作品にこんな短歌があった。


鉢植えのトマトの甘さよろこびて帰郷せし娘はいくつかほほばる(平成11年10月13日)

1412
その歌を詠んで再び涙するわたしです。

同居していた兄が、このようなことを話していた。

日頃、一緒にいると、母の存在もあたりまえの事のように感じていたが、

いなくなってしまうと、母のことが無性に思い出され、毎日夢に出てくると。。。。

【別れとは、出会いのはじまり】であるのだと。

母はあたたかい家族に囲まれて、幸せな生涯でした。




                         

2014/12/12

休業日のお知らせ

この週末の13,14日は母の49日の法事で帰省します。

勝手ながら、サイトはお休みさせていただきます。

オーダーメール及びメールのお返事は15日になりますので

宜しくお願いします。

早いもので、忌明けと思えば、随分と昔のことのようにも感じます。

この間、仕事に気が紛れ、静かに供養ができました。

週末は、日本列島は再び寒波になり、寒くなる予報です。

皆さまも、お気をつけて良き週末をお過ごしくださいませ。



Dscn4606



2014/12/09

寒いですね!

このところの寒さが、身にこたえています。

今年の冬は寒波到来で、寒い冬になりそうですね!(´Д⊂グスン

日曜日の大江戸骨董市、この寒さじゃ人出なんて、期待できないと思いながら、

帽子にマフラー、手袋にホカロンの完全武装に、ミニサイズのブランケット2枚持って、早朝から出かけた。

ブランケットは一枚は椅子の下に敷き、一枚はひざ掛け用

この時期の屋外のイベントは経験したことがないので、いささか敬遠ぎみ。

しかし幸運にも私のブースは有楽町の駅に一番近いブース。

午前中はさすが人出もまばらだったけれどもお日様が燦燦とふりそそぎ、いい気持ち。

お昼ごろから人が増えだし、観光客を含め、私のブースは人垣ができて、

ランチを食べる暇もないくらいでした。

香港、ベトナムの観光客の方も色々と買ってくださった。

私も日本の印象をよくするために、また東京の骨董市アピールに、随分お値引きいたしました。

思えば、香港やベトナムでは西洋アンティークの骨董市は少なく、

ヨーロッパに買付けに来ているバイヤーさんも見かけません。

それに比べて、西に東にアンティークを求めて奔走している私は、まるで【こまねずみ】

あちこちで探してきたお品、本日アップいたしました。

どうぞ、ご覧になってくださいね。

皆さまも寒さにめげず元気に今年最後の締めくくりをしましょう。




P1070747




2014/12/05

逸品 PICK UP

寒い日が続いています。

私は、荷物搬入後、バタバタと忙しくしております。

たくさんの買付け荷物を前に、全部開梱するのには、一週間はかかります。

今週の日曜日7日は国際フォーラムの大江戸骨董市に出店しますので、

その準備も前回と同じ物を持っていくわけではないので、それなりに大変です。

買付けたお品は一つとして同じものはありませんので、開梱したお品から順次ご紹介いたします。

写真撮影が終わったお品を少しピックアップします。

今回は美しいビスケットジャーとのご縁があり、たくさん購入しております。

幸運を呼ぶツバメ柄、可愛いサクランボ柄のガラスビスケットジャー

どれも手描きです。


Dscn5673

Dscn5695


絵画がお好きなお客さまの為に、花の油絵もあります。

Dscn5589_4

Dscn5607


フランスでは久々に名品を買い付け、その美しさに魅了されています。

リモージュ、セーブル窯派の美しいシェーブのC&S、すべて手描きです。

Dscn5644

Dscn5656




どれも一点物の古き良き時代のアンティークです。

他にも色々と私が選んだ珍しいアイテムありますので、もう少しお待ちくださいね!






2014/12/03

荷物搬入 リポート

2日、冬型の寒い一日、日本海側や北海道は吹雪いたようですが、

東京は雲一つない快晴で、冠雪の富士山もきれいに見えました。

5時半起き、すべての作業が終わったのは夕方6時頃でした。

帰路の首都高からの大都会東京の風景、手振れしながら携帯からの撮影です。

数十年前は未来都市の高層ビルのイメージが現実に!




Dvc00015


人気のスカイツリーですが、やっぱり元祖はこちら東京タワー



Dvc00017

高速道路の両端のイチョウ並木がこがね色に色づいて美しい!

Dvc00022


いつも通る新宿界隈の目立つ建物

Dvc00025

中央道に入れば、冠雪の富士山(ピンボケですが・・・)

Dvc00028


我が家の部屋は荷物山積で、大変なことになっています。

暫くは、窓は開かずの部屋に。トホホ…



Dscn5521

Dscn5522

Dscn5524_2



開梱はこれからですが、皆さんにご紹介するのもまもなくです。

お楽しみに。




2014/12/01

師走

12月、今年もカウントダウンの日々となりました。

明日2日は買い付け品搬入のため、メールのお返事が遅くなります。

ご不便おかけしますが、宜しくお願いします。

午後4時、近くの都立公園の雨上がりの風景です。


Dvc00014

~゜。°。°


« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ