« 休暇と更新予定 | トップページ | マレーシアに行って来ました! »

2015/01/20

ローラー・アシュレイ ファブリック

セールは終盤にさしかかり、私がお休みをいただく関係上、
連日、駆け込みのオーダーをたくさん頂きありがとうございます。

今回の休暇はプライベートなお休みですから、静かに日本を脱出するつもりでいましたが、
海外赴任の息子の住まいマレーシアのKL(クアラールンプール)に行ってきます。
寒い日本から暑い国への洋服のイメージがしずらく、
真夏の空想だけで、まだ準備をしていません。(;´д`)トホホ…

次回の画像撮影もようやく終え、帰国後まもなく新商品をご紹介できそうです。
春にむけてのカテーン地やファブリックも沢山買付けています。
私の好きなローラー・アシュレイ
リバティが小花なら、アシュレイは大輪の花
ローラーアシュレイジャパンの本社は神宮前にありますが、私は昨夏のバーゲンで2着
アシュレイのワンピースをここで購入しました。

イギリスウェールズ南部の町マーサー・ティドビルで1925年9月に生まれたローラーは
当時技師であったバーナード・アシュレイと結婚して
自身のデザインによるカラフルな布地を用いた衣料品・家庭用品によって、
世界中に名前が知られるブランドを築きました。

20世紀半ばのローラー・アシュレイの布は、二人の子供と家庭愛に包まれて、
生き生きとした花の柄を多くデザインしています。





Dscn64582_2

Dscn64792





ローラ・アシュレイの全盛時代の柄で、現在は作られていない未使用のファブリック。

布好きの方、また春の模様替えをされる方は必見です。



« 休暇と更新予定 | トップページ | マレーシアに行って来ました! »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ