« クアラルンプールwelcome | トップページ | クアラルンプールは車社会 »

2015/02/01

2月初日

2月はじめ、春の訪れはまだ先のようで、今日も寒い一日となりました。

さて皆様もニュースでご存知ですが、日本の優秀なジャーナリストが残念な結果になってしまいました。
人間として強い憤りをおぼえます。
私も先日、海外勤務の息子の赴任地マレーシアに行ってきました。
あの国も国教はイスラム教で、いくつかのモスクを訪れましたが、
ガイドをしてくださった方たちは穏健な人ばかりで、
今度のようなひどい出来事に皆さん、困惑しておられるはずです。
また、陸続きの国は殆ど多民族が共存して暮らしているのに対して、
日本は単一民族で、どちらかと言うと警戒心がありません。
私は仕事柄、海外に行くことが多く、いつも危険と隣あわせの意識は以前から持っていましたが、
これからはもっと身辺に気をつけなければと思います。

只今、今年最初の新商品をアップしました。
どうぞ、ご覧になってくださいませ。

2月中に、ご注文いただいたお客様には、ささやかながらマレーシアのお土産を同梱いたします。

①ボー・ティー(王室御用達のキャメロン・ハイランド産の紅茶「BOH」)
 
         自家農園で茶葉の栽培から手がけ、希少価値の高い紅茶です。

②ビーズのカラフルなブレスレット(ボルネオのハンドメイド雑貨、エスニックスタイル)

③ハンドメイド人形のキーホルダー(バティックを着た人形が愛嬌たっぷりのキーホルダー)



Dscn6665





3点ともお値段はほぼ同じで、こちらで選ばせていただきます。

プレゼントは画像以外に多めに買ってきておりますが、

在庫がなくなり次第終了させていただきます。

よろしくお願いします。



« クアラルンプールwelcome | トップページ | クアラルンプールは車社会 »

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ