« 冬の時間(カルメル山の聖母との出会い) | トップページ | Valentine Day »

2015/02/12

KLでアフタヌーンティー

1932年当時の雰囲気を残しながらも洗練された空間のザー・マジェスティック・ホテル
(The Majestic Hotel Kuala Lumpur)は20年の時を経て2012年に再オープン。
ホテル一帯が歴史的建造物保存地区で、周辺は落ち着いた趣です。


Dscn6634_2


スパの前のスインミングプール


Dscn6637

このホテルのアフタヌーンティーはとても人気で、いつも混んでおります。

オーキッドコンサバトリーでのアフタヌーンティーは予約制

Dscn6635
Dscn6657


素晴らしいインテリアとワンランク上のクラシカルな雰囲気のティールーム

そして、スタッフはホスピタリティーでアットホーム。

Dscn6661


三段のケーキスタンドのサンドイッチやケーキ、スコーン、ムースは本場イギリスの

英国式ティータイムと変わらない味に顔も微笑む。

熱々のオードブルも出てきました(o^-^o)

Dscn6663



紅茶はキャメロン・ハイランド産茶葉100%のBOH(ボー)

ボー・ティーは風味豊かで品のある味わい、

注いだ時の見事な紅色と香り、苦みの少なさが特徴です。

P1080313_2


どこの国に行ってもアフタヌーンティーはあります。

その土地で栽培された茶葉から採れた紅茶が一番、美味しいし、

思い出に残る味になると思います。

旅の経験はその時しかできないことが多いです。

至福の時間に感謝です。



« 冬の時間(カルメル山の聖母との出会い) | トップページ | Valentine Day »

my life」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ