« フランス リモージュ手描きティーC&S 2客set | トップページ | 今週もマイ ペースで更新します~* »

2015/02/06

アンティークショップは何処へ

昨年の10月、イギリスに買付けに行く度によく出会う女性のディラーさん。

アジア系の顔立ちなのですが、どこの国の人かわかりません。

尋ねてみたらマレーシアのクアラルンプールとのこと。

それで、息子がKLに赴任していると話したら、別れ際、追いかけて来て名刺を渡された。

今回の旅で、気になりながらも、クアラルンプールと言っても広すぎて見当がつきません。

名刺のアドレスをもとに、息子が調べたら、ヒンドゥー教の聖地「バトゥ洞窟」の近くにお店があるらしい。

洞窟に行く道すがら、車窓から「ANTIQUES」と書かれた看板を発見。

帰りに行ってみることにした。




P1080233






「バドゥ洞窟」は約300段の急勾配の階段を上がりきると、高い30メートルほどの洞窟の中に寺院などがある。

階段の入り口には黄金色の大きな仏像が建立されているが、

まあ、この階段シニアの私にはきつく、心臓がパクパク、しかも獰猛な猿が多く、

高い柱の上から、ココナッツの実を頭めがけて投げてくる。

まともに当ったら死活もの。

おまけに飲み物や食べ物を奪い、簡単に蓋をあける始末。

こんなところには、可愛い孫は絶対つれて行けない(≧ヘ≦)キーッ!!




P10802313





帰路、看板のアンティークショップに行ったら、やっぱり知人のショップだったが、

電気がついているのに、鍵がかかっていて誰もいない!

店の1階にいた数人の男性に聞いたら、今日このお店は移転日(引越し)で、

たぶん彼女は、近くにいるはず。。。というのだけれど

私達も次ぎの目的地に行かなければならず、その場を後にした。

次に英国で会った時には、この日のことを話さなければなんて思っています。







« フランス リモージュ手描きティーC&S 2客set | トップページ | 今週もマイ ペースで更新します~* »

trip」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フランス リモージュ手描きティーC&S 2客set | トップページ | 今週もマイ ペースで更新します~* »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ