« すみれ柄のサラダset | トップページ | プランタン 春 »

2015/03/14

美の象徴・薔薇

15日予定しておりました大江戸骨董市は腰の具合が完治しておりませんので、
大事をとりまして、出店を見合わせることにしました。
またの出店時にはご来場よろしくお願いします。

サイトショップの方は週明けに更新の予定ですので、宜しくお願いします。

いつの時代でも美の象徴だった薔薇
ホウロウアイテムの中にも、バラのモチーフが描かれいるものが沢山あります。
しかし、古い時代のホウロウのアイテムは状態がいい物が殆ど残っていない現状です。
買い付けで見つけても、実際手に取ってみれば、
穴があいていたり、サビで腐食が進んでいたり、納得するものが非常に少ないです。

次回ご紹介の薔薇のブレンド缶、中はヘムに変色もありますが、
外観は素晴らしいコンディションです。




Dscn7524

Dscn7528




ヨーロッパ文明の歴史の中で、バラは人間の暮らしと深くかかわってきました。

バラに魅了された人々が大勢います。

今年も国際バラとガーデングショウがわが家から近い西武プリンスドーム

5月12日から開催されます。

京都大原のペニシアさんのライフスタイルと庭もご紹介されますよ!

それでは、皆様も素敵な週末をお過ごしくださいませ。







« すみれ柄のサラダset | トップページ | プランタン 春 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ