« smile(笑顔) | トップページ | 桜満開 »

2015/03/31

ホテルウェア ポット

東京はこのところの陽気で、例年より早くの満開をむかえています。

今週いっぱいが見ごろですが、お天気が心配です。

近日中に新商品アップの予定ですが、ゆっくりペースの作業ですので、

もう少しお待ちくださいませ。

 

さて、今年もそろそろ買付けの時期となり、色々と行き先を模索しています。
旅の楽しさは、宿泊するホテルによってかなり左右されます。
クチコミも重要なポイントですが、泊まってみないとわからないことも多いです。

一般に夕食はついていないのが普通ですから、朝食(breakefast)はホテルのランクによって
かなりの違いがありますが、楽しみの1つでもあります。
朝食付きのホテルでは、必ずコーヒー、紅茶はあります。
セルフサービスのところもあれば、スタッフがポットを持ってテーブルまで運んでくれるところもあります。
わたしは、後者の場合が多いですが、ホテルのランクによって、ポットの質が違うことに気がつきます。
たとえば中級クラスのホテルは軽いステンレスやお手入れがし易いニッケルシルバーなど
シンプルな形のポットが支流になります。
5っ星、高級ホテルになりますと、ポットも上質になります。
さすが、スターリングシルバー(純銀製)になりますと、スペシャルルームの朝食となりますが、
その他は正装したスタッフがテーブル席に運んでくれます。
ポットの形はそれぞれですが、シルバープレートのEPNS製が使われています。

ホテルで使われる食器や什器は、そのホテルのステータスにかかわる大切な備品ですから、
丁寧に扱われて、中にはホテルのマーク入りの特注品もあります。
そんなポットを横目に見ながら、軽さ使いやすさで譲っていただきたいと思うポットもありますが、
そういう訳にはいきません。

それじゃ、アンティークフェアなどで、ホテルの放出品も見つかるのでは。。。と
いつも見ているのですが、意外とないのです。
そんなことを考えながら一年一年と過ぎ、ようやくホテルウェアのディドストックらしき
コーヒー&ティーポット探してきました。



Dscn7895




重厚な上質のEPNS製です。
豆から挽いた珈琲、紅茶を嗜好される方には是非お奨めしたいですね!

次回更新の予定です。




« smile(笑顔) | トップページ | 桜満開 »

antique」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ