« 3月の予定 | トップページ | 孫とぎっくり腰 »

2015/03/04

和菓子にみる春

寒かったり、少し暖かくなったり、花粉が飛び始めたりの毎日です。
本日少なめですが、新商品アップしました。


道行く人や車内ではマスクのオンパレード。
あの方々、花粉症?それとも予備軍?

まだ発症していない私は、気温が急上昇した風の強い日は、ちょっと不安ですが、
マスクはしておりません。
マスクをしてもなるときはなる、過剰な反応をせずわが道を行くです。

桃の節句「雛祭り」も終わり、桜のシーズンのはじまりです。
昨日は手巻き寿司に桜餅、道明寺、和菓子を買ってぱくつきました
召し上がる前に、生唾をごくり、
美味しいお茶を入れて敬意を表して一口、二口ほうばるのが上品な食べ方かもしれません。

海外には美味しいケーキやお菓子もあるけれども、上品な和菓子は匠の技で、
古来からの日本の美意識の源です。

椿の花、たんぽぽ、草木が芽吹く季節感がまるで芸術作品のよう!

Dscn73692_2

これからの季節は、一瞬一瞬が日本の春の喜びの日々です。

きらびやかであり、寂しさもあり、風情もあり、

何もかもが、新しく生まれ変わるような気がします。



« 3月の予定 | トップページ | 孫とぎっくり腰 »

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ