« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015/04/29

新商品のご紹介

もうすぐ風薫る5月、爽やかなお天気が続いているこの頃です。
ベランダの鉢植えの薔薇の花も次から次へと咲いています。
本日新商品アップしました。

すでにGWのお休みになっている方もおられると思いますが、
そうなると8連休ですか。
連休も若かりし頃は嬉しかったのですが、今ではそうでもありません。
行楽地はどこも人、人、人で疲れるのですもの(@Д@;
GWもおおむねお天気は良好との予想ですから、
皆さんも小旅行や日帰りのお出かけになる方も多いと思いますが、
お手すきの時に、ご覧になってくださいませ。




P1010289_2





イギリスも美しい薔薇の季節を迎えます。

5月のカンタベリーの街並です。

どこの風景も絵葉書のようでした。



2015/04/27

アーティストの作品(猫)

今週も近日中に新商品アップします。

只今準備中ですが、今回はフランスはナポレオン三世時代の黒木のコーナラックをはじめ
インテリア的にも価値ある調度品をたっぷりとご紹介します。
TOPページのフォトモーションの画像でも一部をご紹介しておりますので参考にして下さい。

そして、今回G.Wや母の日に先がけて、
フランスのアーティストさんによる「猫」の作品3点を特別にご紹介します。
それぞれの作品には名前がつけられていて、すべてハンドメイドの一点物のアクセサリーとなります。

NO.1 星の樹

Dscn8758


NO.2 ネコの時間

Dscn8755

NO.3 夢の中のブローチ

Dscn8744





愛嬌たっぷりな可愛い猫ちゃん。。。

猫好きの方には、たまらないアイテムです。

お楽しみに♪



2015/04/24

ハナミズキ

爽やかな陽気が続いています。

今回アップのホースブラスには、沢山のご注文ありがとうございます。

購入したイギリス中北部のアンティークショップ、6月の買い付けで立ち寄る予定でいます。

まだ、窓辺にhangされているかわかりませんが、ありましたら買い付けて来ますね!

わが町では桜に次いでハナミズキの花がたくさん植えてあります。

マンションの敷地内には、ピンクや白の花が満開です。




Dscn8658_2
Dscn86572





あまりに美しいので、

クアラルンプールの育児ママに画像を送りました(o^-^o)

メールの返事に、

「一青窈のハナミズキという曲がきっかけでハナミズキの花が好きになりました。」と

書かれていました。








2015/04/22

ときめき

長く続いた天候不順のお天気もようやく解消されたようで、
今日は久しぶりの日差しが、眩しく感じられます。
毎日通る公園の新緑の青さに、心が洗われ、
日々平穏に暮らしているありがたさに感謝です。

ベランダの窮屈そうな鉢植えの花も、大きなプランタンに植え替えたら、
どうでしょう!
花も葉っぱも生き生きとしております。
人間だっておなじこと、チマチマしないてモチベションを高めなければと思います。

そんな私も5月下旬から、今年もまた買い付けの旅に出ます。
今回の買い付けは長丁場になりそうです。
そんなわけで、5月のGOLDEN WEEKも休まず、それなりにお仕事をしますので
皆さまもお休みの間にちょこっとお付合いをお願いします。

昨日4月21日に京セラドーム大阪でポール・マッカートニーのジャパンツアー
【OUT THERE JAPAN TOUR 2015】がスタートしました。
ビートルズといえばリヴァプール
6月の旅で2泊します。

余裕があればビートルズのゆかりの地を訪ねます。

私の中学生時代、アメリカのアイオワ州のペンフレンドからの便りが
唯一、世界につながる道しるべでした。
大農場の娘さんだった彼女は、私に未知の世界を手紙で教えてくれた。
そして、当時大人気だったビートルズの写真や新聞の切り抜きを同封してくれて、
片田舎での私の青春そのものでした。
その頃、入退院をくり返していた母、寂しい日々でしたから、
ペンフレンドの手紙に、いつもときめいていました。

次の買い付けではどんなアンティークが見つかるのかしら
今からドキドキときめいています。




P10203893






6月のベルギーブルージュにて

自転車に乗って、教会の前を横切るシスターの姿がユニーク!









2015/04/19

ホースブラス

一週間が早いですね。

今週も素敵な商品をご紹介しますので、もう少しお待ちくださいね!

TOPページのフォトモーション(スライドショー)でも、更新の一部を掲載していますので、

参考にしてください。


さて、ホースブラスをイギリスの中北部の町のアンティークショップの
窓辺にハングしてあるのを見つけました。
知らない方も多いと思いますので、ちょっとお話します。


ホースブラスとはハーネス(馬を馬車につなぐための用具)に付ける、真鍮製の飾りの事。
元々は実用品でしたが、徐々にスティタスを示すシンボルとしてデザイン性が高まり、
1900年頃にはインテリアとしても用いられるようになりました 。
古くはローマ時代からあり、イギリスでは競馬の誕生とほぼ同時期から存在していたそうです。
19世紀半ばには、重量級の荷馬車の飾りとして重宝され流行しました。
自動車の急速な普及により、重量馬は減少して、ホースブラスもだんだん作られなくなりましたが、
パレード時などの馬の装飾には今でも欠かせない存在です。

さて、このホースブラス、邪気を払う魔除けとして使用されていたとの説もあり、
イギリスでは幸せをもたらすアイテムとして熱狂的なコレクターも存在します。
その魅力は、イギリス人が競馬好きな事も大きく影響していますが、
なんと言ってもデザインが豊富なことでしょう。
年代や製法の違いでそのデザインは異なりますが、
すべて鋳型に真鍮を流し込んで作られます。
今回ご紹介するホースブラスは薔薇、孔雀、馬、鳥と言った大変珍しいデザインです。




Dscn8477



ずっしりとした真鍮の重量感と、イギリス独自のモチーフ、馬への愛情

そんなものがこの一枚にいっぱい詰まっているような気がします。



2015/04/13

花冷え

4月とは思えない寒さに震えています。

昨日とは一変して、今日は冷たい雨の一日でした。

不順な天候は明日も、明後日も続くとの予報ですから、

皆さんも体調管理に十分気をつけてくださいね。

本日、新商品アップしました。

今回も宜しくお願いします。

さて、昨年の今頃は買い付けで一人渡英していました。

英国の4月は日本に比べて、とても寒いイメージを持っていますが、昨年は暖かく

毎日さわやかなお天気に恵まれ、一斉に咲いた花々と新緑がまぶしかった。




P1070044


早く本来の天候に戻り、春を満喫したいですね。

今週も元気でスタートしましょう!





2015/04/12

プチリフォーム終了

わが家のプチリフォームは昨日終了しました。

期間中は寒い寒い一週間で、4月とは思えない雪のチラつく日もあり、心配しましたが、

職人さんは暑いよりかはましと言ってくださって、毎日早朝から頑張ってくれました。

丁寧なお仕事をされる職人さん親子は、息子さんは身長が190cmもあり、

狭い空間での作業は大変だったと思います。

お蔭さまで、老後を見据えて施工した、お風呂、洗面所、トイレは満足いくものになりました。

機能性を重視して、あまりアンティーク思考にはしておりませんが、

数年前にイギリスのエンジェルマーケットの道ばたで売っていた真鋳のタオルハンガー

いつか、リフォームするときに、使おうと取っておいたのを、リフォーム会社の社長さんが

白いガラス板を切って棚を作ってくれた。

雰囲気的に良い感じになりました。

reform after

 

Dscn83502_3

Dscn83532




一週お休みしていました更新も近日中にアップします。

詳細はTOPページでお知らせいたしますので、

今回も宜しくお願いします。



2015/04/08

パピエマシェ

とても冷たいみぞれから雪になった午前中、気温はさらに下がり続け、

真冬並み以上の寒い日になりました。

週明けの20度以上の暖かさが、まるで嘘のようです。

散り始めた桜、4月に雪なんて、5年ぶりだそうだけれど、そんなことあったっけ( Д) ゚ ゚

この先、あまり期待できないお天気、菜種梅雨って言うのかしら!

惜しむ桜の花も雪帽子

長く続かない晴れ間ですが、少しずつ商品撮影をしていきたいと思っています。


パピエマシェってご存知ですか!

漆のような独特な風合いをもつ、フランスはナポレオンⅢ世時代のパピエマシェは
絵柄からもジャポニズムの影響が色濃い時代のものとわかります。

19世紀末~20世紀初頭の頃のイギリスの古いパピエマシェは、
時間の中で熟成されたような、深くこくのある表情をしています。
塗り物を模した黒木の中に、艶やかに浮かび上がる花の姿が美しく、
飛び交う蝶や鳥たちさえも誘惑されてしまいそうです。



Photo




イギリスの上品な老夫婦から買付けたパピエマシェのお品三点
ペンケース・レターラック・TRINKET BOXはどれも状態がよく美しいです。
マーガレット柄が揃って売りに出されるのも、コレクターさんならでは。

貴重品箱に至っては2個の鍵付きの完品です。

このような希少なお品は私達の手でいつまでも守っていかなければと思います。



2015/04/07

マレー料理



寒の戻りで今週は寒い花冷えとなります。

わが家はプチリフォーム中で、更新の準備をする環境ではありませんので、

新商品アップは来週の予定です。

その間、できるだけブログは更新したいと思っています。

+ + +

一昨日マレーシアから帰国された義母さんと、話がはずみ、つい長話となりました。

話の中の一節、あいかわら突然降るシャワー

ある日の午後、息子の車で移動中に、ワイパーが効かないほどのすごいにわか雨があり、

前方の視界ゼロ状態の中、

息子は前の車のバックライトを頼りに走行して、そのみごとな運転に驚いたと。。。

そんな話を聞きながら、1月に行った時のKLのシャワーのことを思い出した。

マレー料理の有名なレストランBijan(ビジャン)に行った時も、突然のゲリラ雨だった。

バナナの木に囲まれ、風が吹き抜ける店内はカンポン(村)の小さな家のイメージ

ナフキンやライトなど随所にバティックを使い、マレーシアの美に触れられるのも魅力です。




Dscn6620_2


マレー料理は辛いイメージがあり、ちょっと苦手と思っていた私ですが、

ここのマレー料理は素材にこだわった伝統的な味で評判ですので、

日本人の口にもよく合います。

羊肉をスパイスと煮込んだコルマ・カンビンも美味しいです。

色々とシェアして注文しましたが、最後はドリアンを使ったユニークなケーキもお奨めです。


PhotoDscn6622_2




凄いシャワーがブリキの屋根を叩き、不気味な音をたてていたが、

室内のエスニックモダンなインテリアに大満足。

まもなく雨は止み、いくぶん涼しくなりKLの空は青空に。




2015/04/03

プチ リフォーム

春の嵐

桜吹雪の一日となりました。

来週、わが家のプチ リフォームが始まります。

60歳代になった今、これからのことを考えると、
健康な間に老後のことを考えてのリフォームです。
お風呂のタブは低めに、洗面台は腰の負担をなくすための高さに、
トイレには補助手すりをつけます。

それでも、リフォームとなると、少しでも明るく、おしゃれな空間にしたくて、
ここ、2、3ヶ月はショールームに行ったり、施行業者との打ち合わせをしてきました。
おかしなもので、最初の思惑から最終的には実用性を考えて大きく変わりました。
お風呂の壁も、パープルピンクのレース柄が、
光線の具合で「クモの巣」のように見えるのでは。。。と思ったりして
結局のところシンプルな色になりました。
冒険をしたい気持ちもありますが、やはり飽きのこない色目がいいのかなあ!

マンションのリフォームは共同住宅なので、勝手に思うままにできない部分もあって、
現状維持の状態で、あまり変化はないと思います。

reform before

1504before2_3


サニタニーのこの場所が、もう少しアンティークぽくなるかもしれません。
リフォームと言っても業者さん任せなので、音がうるさいだけで、
私は忙しくはないのですが、

お天気もぐずつき、商品撮影もできませんので、

来週は更新はお休みさせていただきます。


2015/04/02

桜満開

まだまだは満開です。

散りゆくもありますが、みごとな幕引きにありがとう。。。です。




Dvc00027

Dvc00026





東大和南公園の今日の

もう、最高です。





« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ