« 花冷え | トップページ | ときめき »

2015/04/19

ホースブラス

一週間が早いですね。

今週も素敵な商品をご紹介しますので、もう少しお待ちくださいね!

TOPページのフォトモーション(スライドショー)でも、更新の一部を掲載していますので、

参考にしてください。


さて、ホースブラスをイギリスの中北部の町のアンティークショップの
窓辺にハングしてあるのを見つけました。
知らない方も多いと思いますので、ちょっとお話します。


ホースブラスとはハーネス(馬を馬車につなぐための用具)に付ける、真鍮製の飾りの事。
元々は実用品でしたが、徐々にスティタスを示すシンボルとしてデザイン性が高まり、
1900年頃にはインテリアとしても用いられるようになりました 。
古くはローマ時代からあり、イギリスでは競馬の誕生とほぼ同時期から存在していたそうです。
19世紀半ばには、重量級の荷馬車の飾りとして重宝され流行しました。
自動車の急速な普及により、重量馬は減少して、ホースブラスもだんだん作られなくなりましたが、
パレード時などの馬の装飾には今でも欠かせない存在です。

さて、このホースブラス、邪気を払う魔除けとして使用されていたとの説もあり、
イギリスでは幸せをもたらすアイテムとして熱狂的なコレクターも存在します。
その魅力は、イギリス人が競馬好きな事も大きく影響していますが、
なんと言ってもデザインが豊富なことでしょう。
年代や製法の違いでそのデザインは異なりますが、
すべて鋳型に真鍮を流し込んで作られます。
今回ご紹介するホースブラスは薔薇、孔雀、馬、鳥と言った大変珍しいデザインです。




Dscn8477



ずっしりとした真鍮の重量感と、イギリス独自のモチーフ、馬への愛情

そんなものがこの一枚にいっぱい詰まっているような気がします。



« 花冷え | トップページ | ときめき »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ